スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ iQ

トヨタ iQ

なんか適当な安いレンタカー借りてみんなで出かけようイベントのときに「あいきゅーがいいなぁ」ってつぶやいて車種をiQにしてもらって、乗る機会をゲット。奥○摩の緩いワインディングをほんの少しだけ運転させてもらった。

乗る前に、「狭い」というより「薄い」としか言えないラゲッジスペースに驚愕。そして、運転席のシートを適切な位置に調整すると右の後部座席が「席」と呼ぶことをためらうほど狭くなることに驚愕。つーか絶対脚入らないだろ。助手席シートは前に出しても窮屈に感じない設計とのことで、助手席を前に出せば左の後部座席は人が座れる広さがあるが、脚が長い&胴がもっと長い私が座ると頭が天井に当たるし膝が助手席背面に当たる。これは二人乗りと考えた方が良さそうだ。後部座席を倒せばラゲッジスペースもできるし。そんかし前席は広いね。全幅が1680mmもあるんだから当たり前と言ってしまえばそれまでだが、全く何の不満もない広さだ。

んなことはいいとして、走り出してまず感じたことは、「まっすぐ走らない」。単なる直線なのに、路面状況やら何やらでフラフラしちゃって(前輪が取られるんじゃなく後輪からヨレていくかのような感覚)、頻繁にステアリングを修正しないとまっすぐ走れない。「これ、まっすぐ走らないね」と言ったら、別のドライバーA(ペーパー)は、「ああよかった、私のせいじゃなかったんだ。自分の運転技術が未熟なせいなのかと思ってた」と。また別のドライバーB(初心者)は、「あ、やっぱり!?何か変だなーと思ってたんだよねー」と。巷のインプレでは逆のこと書いてたが、3人が運転して3人ともまっすぐ走らないと感じたのだからまっすぐ走らないに違いない。ト○タレンタカーが整備を怠っていたり、実は事故車で修正が完全でない個体であったという可能性がないとは言えないが(ヘッドライトの角度が片方だけおかしかったので整備不良の可能性は濃いかも)、そうでなければやはりこの超ショートホイールベースとその割に広いトレッドのせいだろう。

足腰はそれほどボヨンボヨンではなく、トレッドが広いからかどうかは知らないけどコーナーは安定して気持ちよく曲がれる。ホイールベースから想像するほどクイックな感じではない。市販車としては異様に小さい(気がする)ステアリングと、そこそこ重めのパワステが非常に好印象で、シフトの「D」→「S」→「B」をマニュアルシフトのように使えば、山道を走るのもわりと楽しい。けどこれでパワステがもう少し軽かったらまっすぐ走らなさすぎて怖いかもしれない。いやきっとそうに違いない。

乗ったのは1,000ccだけど、常に3人乗車という条件だったにもかかわらず動力性能に不満はなかった。というか、当初「ECOドライブモード」をONにしてたら、アイドリング中にエンジン止まるんじゃないかってくらい回転が落ちて「ボボボ…」と不快な振動を発するわ、アクセル踏み込んでも加速しないわでどうしようもなかったのが、ECOモードOFFにしたら一気に改善されたので、余計によく走る印象が強かった。現代のクルマとしては冗談みたいに車体軽いようだし、普通に市街地を走るだけなら1,000ccでまず不満は出ないでしょう。

さて。じゃあ、なんでこの車幅にする必要があったのか?1680mmつったらパッソより広いぞ。室内の前後長をカバーするために横方向は少しでも広くしたいとか、側面からの衝突安全性をとか、理由はあるだろうけど、この超短いホイールベースありきのクルマっていうコンセプトだとしたら、軽自動車とコンパクトカーの中間くらいってことで1590mmくらいのサイズで良かったのでは。狭い市街地を走るんだったら全長の短さより全幅の狭さの方が貢献度が高いはず。室内の幅だって、外見からは想像できないくらい広いけど、そのうち「ここまで(横方向に)広い必要あんの?」と思えてくる。もう少し狭くても誰も文句は言うまい。

じゃあじゃあ、なんで4人乗りにする必要があったのか?この超短いホイールベースありきのクルマっていうコンセプトだとしたら、2人乗りもしくはぜいぜい3人乗りと割り切って作っちゃった方が潔かったのではないか。スマートフォーツーの真似って言われるだろうけど。何かのときに4人乗れたほうが便利だし…とか考えるのは日本人の悪いクセですよ。5人以上乗る機会なんて年間で1~2回あるかないかで普段はほとんど1人かせいぜい2人でしか乗らない人が7人乗りミニバンを買うというユーザーの愚をメーカーがやってどうする。例えば、後部座席は畳んである状態があくまでデフォルトで、「必要時には起こせば座席にもなりますよ?」という売り方だったらだいぶイメージが違ったのに。

もしくは、この全幅と4人乗りに意味があるのであれば、なんで全長3m未満なんていうチョロQみたいな極端なスタイルにする必要があったのか?3.5mくらいにすればあらゆる面で無理のないクルマになったのではないか。だったらパッソでいいじゃん、てことになってしまうが。

ようするに、あらゆる面で中途半端というか優柔不断というか、思い切りに欠ける日本人的なクルマということだ。庶民のための2人乗りのチビ車と割り切ればいいものを、どうせなら室内を広くしようと全幅を広くしてみた。どうせなら(書類上)4人乗れた方が…と、使えない後部座席を付けてみた。どうせなら目新しさに乗じて、価格的にもプレミアム感を出してみた。結果として、一番のアイデンティティである「全長の短さ」の必然性がぼやけてしまった。まあ、これで売れてるのであれば(売れてるかどうか知らないけど)、トヨタ的にはいいんでしょうけど。

ところで、一度Uターンする機会があったけど、最小回転半径のあまりの小ささには思わず声を出して笑ってしまった。ずっとぐるぐる回っていたくなるくらい楽しいぞ、これ。この点だけは、このホイールベースで大正解と思わざるを得ない。Uターンしてばかりの人には絶対おすすめです。

トヨタiQ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。