スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンバープレートステー

ヤンキーカスタムの定番に、ナンバープレートの位置を低くして角度を付けるというのがある。なんのためにそんなことするのか分からないが(ものすごく角度を付けてオービスに写らなくするというのなら分かるけど…当然違法である)、真似してみた。というのは、なんとなく純正の位置が気に入らなかったのと、正面から一目見て自分の車と分かるような目印が欲しかったから。…同じ車と並ぶことなんて滅多にないけどさ。

ナンバープレートホルダー

某急ハンズでジュラルミン板(予算の関係で5000番)を買って、設計図を渡してカットと穴あけをしてもらい、手で曲げ加工をし、現物合わせでネジ穴の位置を微調整し、黒スプレーで塗装し、白スプレーで文字を塗り、クリアのウレタン塗料で上塗りして完成。文字はステッカーでも良かったけど型紙を当ててスプレーで吹いて部分的にエッジがぼやけてる風にしたかったので(なんとなく“レーシー”(和製英語)じゃん)、わざわざ文字を切り抜いて型紙を作って白スプレーで吹いたのだけど、「T」の右側と「H」ばかりがぼやけてしまい、単に失敗した風になってしまった。そして、型紙を固定するために貼ったセロハンテープを剥がしたら黒色の塗装がパリパリッと綺麗に剥がれてしまったという頭の悪い事件も。知ってはいたけどアルミって本当に塗料の食い付きが悪いわ。面倒なので油性マジックで塗ってごまかした(ぉぃ)。予算の関係でアルミ用スプレーも使わず、アルミ用プライマーすら使ってません。最後にウレタン塗料のクリアを塗っとけば大丈夫だろうと。ツヤ消しクリアを塗ったのだけど、史上まれに見るいい加減なハケ塗りを施したところ、表面がボコボコになり、黒色が剥がれて油性マジックでごまかしたところや、文字を一部手塗りで修正した部分がどうでもよく思える仕上がりになりました。すべて計算通り。至近距離で見るわけじゃないから細かいことはどうでもよい。最初からツヤ消し黒アルマイトのアルミ板が手に入ればこんな苦労せずに済んだのだけど。ちなみに油性ラッカースプレーも油性ペンもウレタン変性アクリル塗料も、上から塗ったウレタン塗料で滲むことはありませんでした。

ちょび髭ナンバープレートホルダー

付けてみたらこんな感じ。ちょび髭みたいでなかなか良いでしょ。あと5mmくらいナンバープレートの位置が高くても良かった気がしているけど面倒なので多分永久に修正しないでしょう。これで、前後左右どの面にもABARTHの文字またはロゴが付いた。

つーかこんなことしたらラジエーターの冷却効率がますます悪くなるじゃないか!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。