スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペダル交換

本当の作業日は8月頃だけど。ペダルを交換しました。というか、ノーマルに戻しました。この車両は購入時からスパルコのペダルが付いていたのだけど、これがまた芸術的な装着の仕方をしていて(ネジ穴は新たにあけ直して、フロアと干渉するアクセルペダルの右上はギリギリの位置でカット)、よくもまあこの狭いスペースにうまく配置したもんだ、という感じで関心はしていたのだけど。更に、アクセルペダルはノーマルペダルを外して装着、ブレーキとクラッチはノーマルのアルミペダルの上に重ねて装着することで高さに差をつけ、おそらくフルブレーキング状態でのヒール&トウをやりやすくしてあったという気合の入り方。が…。

スパルコのアルミペダル

元々アクセルとブレーキが近いのでヒール&トウ(というかヒールとトウの中間&トウ)は非常にやりやすく、アクセルペダルの左下の出っ張りは全くもって不要。ぼーっと運転してると、普通にブレーキを踏もうとして一緒にアクセルも微妙に踏んでしまうことがしばしば。それよりも、クラッチペダルの幅がノーマルよりわずかに広いせいで、クラッチを踏んでないときの左足の元々ない置き場所が更に圧迫されてるのがイヤ(フットレストを付けたいけど予算の関係で保留中)。そして何より、アルミペダルは雨の日に滑る!以前、洗車場から出ようとして濡れた靴で走り出したら、半クラッチの状態でペダルから足がズルリと奥に滑って壮絶にエンストしたことも。

というわけで、とりあえずブレーキとクラッチにゴムの滑り止めが付いたノーマルのアルミペダルに戻して、それから考えようと思っていたのだが、如何せんノーマルのブレーキ&クラッチペダルはゴムがない状態だし、アクセルは本体自体ない。ので、中古パーツを物色して購入しました。あんまり安くなかったけど、思い立ったときにやらねば。その結果。大きさで言えばわずかな違いだけど、走ってみると全然違う。隣のペダルまでのクリアランスが広がったので、足回りが広くなったかのような錯覚。スパルコのタイト感もある意味悪くないけど、街乗りには明らかに不向きなので。

あと、アクセルとブレーキの高さの差は、フルブレーキングでヒール&トウなんて死んでもすることのない(するときは死ぬときかも)街乗りに関しては、ノーマルの方が良い。街でヒール&トウすることがあるとすればどう考えてもせいぜいハーフブレーキだもん。というわけでノーマル万歳。

けど、ペダルの角度だけがどうしても気にくわない。確かにヒップポイントの高い「乗用車」ポジションのプントだけど、ペダルが必要以上に寝ていて、「真上から踏み下ろしてください」的なんだよね。斜めから踏み込むと足が奥に滑りそうな感じがする(スパルコが必要以上に滑ったのはそのせいもある)。けどあんまりシートを前に出すとヒザがステアリングコラムに当たるし。なので、ブレーキとクラッチだけ少し角度をつけました。方法は、上側の留めネジだけスペーサー(というか単なるナット)を噛ませて固定するだけ。スペーサーの厚みによってはペダルのネジ穴に加工が必要だけど、6mm程度までならどうにかそのままでOK。実に簡単、そのうえ効果絶大です。シートの高さ調整を目一杯下げて乗ってる標準体型の男性には絶対におすすめします。

ノーマルのアルミペダル

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。