スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピレリ Pゼロ ネロ …タイヤに石

Pirelli P ZERO NERO 195/45R16 84V

ピレリ P ZERO NERO

当初は非常に印象の良かったこのタイヤ。角が丸いせいかワダチ検知能力が低くて乗り心地も良く、太い縦溝のおかげで対ハイドロ性能は高いっぽい(以前別のタイヤでは雨の高速道路で非常に怖い思いをしたけど、これにしてからは良くなった)。音も思ったほどうるさくないし、何より安いのがいい。あと、見た目(パターンやサイドのデザイン)もいい。

パターンに関しては、見た目だけで言えば本当は回転方向が決まってるやつの方が好きだけど、ローテーションすることを考えると、左右を入れ替えできる点で回転方向が決まってない方が実用的。けど、内側外側は決まってる(左右非対称デザインの)方が好き。ホイールから外して組み替えるなんてことまずないからローテーションの上では問題にならないし。ところが、回転方向が決まっていない多くのタイヤは、パターンのデザインの問題で、例えば「右側に装着するとすっきりするけど左側は回転方向に逆らってるようなデザインに見える」、というような問題が起こる。これに対し、例えば、「両方とも右側用じゃん!どうなってんだ?」とクレームを言う人や、「これはね、日本の道路が左側通行で、道路は左に傾斜がついてるから、そんな道路でもまっすぐ走るように、わざとクルマが少し右に向かって走るように考えて作ってあるんだよ」とまことしやかに言う人なんかが出てくる。どっちも右用って…メーカーが「左右兼用です」って言ってるんだから、それは「右用」じゃないだろ。「私の目には右用かのように見える」が正解。あと、国によって左側通行・右側通行は違うのに、出荷先の国によってデザイン変えてるのか、と。それ以前に、横溝のわずかな角度だけでクルマがまっすぐ走らなくなるようじゃ色々恐ろしいだろうに。まあそんなことはどうでもいいけど、私には、ネロは左右どちらに履いても違和感なく収まって見える。

トレッドパターンは、溝が太くてはっきりしていて、その割にオフロードタイヤみたいにゴツゴツに見えないデザインが好きだ。見た目だけで言えば。ネロくらいがまさにちょうどいい。…が、この溝の太さが非常に問題らしい。夏頃、窓を開けて走ってると、タイヤからかすかに「チッチッチッ…」という音が聞こえるので、調べてみたら小石が挟まっていた、ということが非常に頻繁に発生していた。そして今回。タイヤに巨大な石が挟まった。走り出したら、「ゴトゴトゴト…」と、鈍い音と共に規則的な突き上げが来るので、一体どんな重大トラブルが発生したのかと青ざめたものだ。そんくらいでかい石が挟まっていたのだ。これはまあたまたまだけど、ネロの溝の太さは、日本のアスファルトに使われている大きさの小石がちょうど挟まりやすい太さのようなのだ。ウチの駐車場は細かい小石がポロポロ取れるタイプの舗装なのでなおさらだが、そうでなくてもこれは日本の道路を走っている以上必ずついて回る問題だ。最近のアルファは新車時にネロを履いているようだけどどうですか。

まあ、もう少しタイヤが磨耗して、小石が挟まらないくらいの深さになれば解決します。それまでの辛抱だ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。