スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マフラー落ちた

以前から、マフラー付近からカリカリ音がするのが気になっていたのだが、梅雨の晴れ間に久々に乗ったら、カリカリ音が以前よりひどくなっているような気がした。特定の回転数域でチリリリって鳴るの。それこそ乾式クラッチのマシンに乗ってる気分で悪い気はしなかったが、どっか緩んでるとかだと困るので、といいつつもそのまましばらく走り回った後、ちゃんと原因を探ってみようと覗き込んでみた。ブック才フの駐車場でのこと。そしたら。

ET3マフラーステーの溶接部分に亀裂が

覗き込んだと同時に異音の原因を発見。マフラーを車体に固定(正確にはスイングするので可動式だが)しているステーの溶接部分が完全にひび割れていた。もはやマフラーはほとんど宙ぶらりんで、エキパイで支えられているような状態に。前に乗ったときはまだ微妙につながってたから気付かなかった&音が小さかったのか。

この時点ではむしろ異音の原因が判明して安心した。今すぐ落ちそうな感じではないし、とりあえずアルミテープで固定してごまかしつつ、次のマフラーどうするかゆっくり考えようかなーとか、ギリギリまでこのまま走って異音を楽しもうとか、久々のトラブルがむしろ嬉しいような。ただエキパイ折れたりしたら困るので、早いうちにガレトミ行って相談しようと、すぐに向かうことに。ちょうどエンジンオイルも残り少なくなってたから、オイルを買うついでに。

ところが。なんか、走ってたら心なしか排気音が大きくなった気がした。ステーの亀裂発見からものの10分も走った頃には排気音の変化は明らかで、絶対どっかから排気漏れしてるぞ、というのは誰の目(耳)にも疑いようのない状態に。マフラー落ちかけてるという雰囲気ではないのだが。これはマズイぞと、内心ワクワクしつつガレトミへ急ぐ。

そのまま排気音は徐々に大きくなり、更に10分走った頃には、そこらのフュージョンやマジェスティも真っ青のうるささで、フルスロットルをためらうほどに。そのまま夜の交通量の少ない道をスピードを抑えつつ走ってたら、なんかもう、うるさいとかいう次元を超えて以下説明不能。それでさすがにちょっとやばいんじゃ?と、様子を見るため路肩に停めて覗き込んだら。

マフラーが、ない。

直管で走ったらそりゃうるさいがな。あまりに排気音がうるさくなってたせいで、マフラーが落下した音も聞こえなかったようです。さすがに青ざめて、エンジン切ってベスパを押しながら来た道を戻ったら、ほんの50メートルくらい戻ったところの路肩にひっそりと落ちてました、マフラー。んで、ガレトミに電話してとりあえず状況を話し、とにもかくにもこのままではどうにもならんのでそのまま向かうことに。ガレトミまであと10分くらいのところだったのだけど、その10分が長かった。スロットル開けた時のゴバババ音は窓ガラスを粉砕しそうな勢いだし、スロットル戻したときのパンパンパン音はまさに「爆発」音そのままだし。肩身狭いし警察は恐いし。沿線の住人の方々ごめんなさい。信号変わるときは早めにエンジン切って惰性で走って、青になるまでアイドリングストップのエコ運転。ブレーキサーボが付いてる現代のクルマで真似すると事故るので気をつけましょう。

ET3マフラーのエキパイとの接合部がポッキリ

ようやくガレトミに着いてちゃんと見てみたら、マフラーとエキパイの接続部分の、マフラー側がポッキリ逝ってました。溶接部分が取れたとかじゃなく、パイプがポッキリと。ステーの支えがなくなって重さで折れたというより、振動が弱い部分に集中して疲労骨折した感じのようだ。エキパイは無事みたい。エキパイの方が弱いらしいから、マフラー側が折れたというのはちょっと不思議だとか。よっぽどサビが進んで弱くなってたのか、振動の気まぐれか。

でもって、ガレトミには運良くET3ノーマルマフラーの中古が1点だけあった。いずれストリート寄りのレーシングチャンバーでも入れてやろうと思ってたとこだけど、背に腹は代えられないので、その中古のマフラーを取り急ぎ付けてもらうことに。ちなみにガレトミにはこの日ET3のエキパイの在庫はなかった。つまり、エキパイ側が折れてたら完全アウトだったところでした。

新しい中古純正マフラーは、エキパイ側のサビも軽く、非常に状態が良い。私のET3のマフラーは色以外は一見どノーマルだが、実はボアアップした際にインナーパイプ(?)を微妙に加工して抜けが良くなるようライトチューン(?)してあったので(自分で注文したわけじゃないです。すべてガレトミのTさんの判断でやってくれました)、中のパイプだけ移植することに。で、抜いてみて唖然…予想はしてたけど、年単位で掃除もせずにいたので、カーボンが積層して、むしろ加工前のノーマルより抜けが悪そうな状態になっていたという。ついでに掃除までしてくれたTさんに感謝…。

そしてめでたく静かになったベスパだが、走り始めたら世界が一変。回転の伸びが全然違うのよ。うう…掃除サボってたせいでずっと不本意な加速性能のままで走ってたのね…。徐々に鈍っていったら少なくとも私には分かりませんが、こうやって一気に変化するとさすがに違いが分かる。次からはちゃんとマフラーの掃除もします。というかむしろその前にチャンバー入れちゃうかも。いや、でもこんだけ気持ちよく吹け上がってくれるならこのままでもいいかも。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。