スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホイールガーリガーリ

ある日の夜、知らない町へ出かけたとき、曲がる場所を間違えて住宅街の袋小路に迷い込んでしまった。そしたら左フロントから一瞬「ゴソ」って音が。後から見たら、ホイールにガリキズが。どうやら、舗装された細い道路と空き地の境界線(夜だとほとんど判別不能だった)に予測不可能なほど唐突にコンクリートの突起があって、それにちょうどこすったらしい。仮にタイヤが通った軌道があとほんの数ミリ右にずれてたらこすらなかっただろうし、数センチ左にずれててもこすらなかっただろうし、15インチのままだったらリムの高さ的にこすらなかった可能性が高いだろうし、リムガードがしっかり出てるタイヤだったらあるいは…。起こるべくして起きた事件だった。

しかし左フロントでは、どっからどう見ても「路駐のときに縁石に寄せすぎてこすりました」としか見えないのがイヤで、速攻で某トバックスへ行き、ホルツのカラータッチの色見本を借り出してホイールと照らし合わせ、20分くらい掛けて一番近い色を探し(色見本はあくまで見本だし、メタリック系は角度によって全然色合いが違って見えるから難しい)、ペンを入手してとりあえず塗っておきました。キズは浅いし、わざわざホイールパテで修正したり、ましてプロに頼んで修理するほどの甲斐性(i. e. カネ)はない。このホイールの「ギザ」と呼ばれる通常より少し黒っぽいシルバーには、普通のシルバーのタッチペンは絶対合いません(試してないけど)。

その後雨が降ったりでホイールがいつもどおり汚れ、最早よほど注意深く見ないと気付かない程度になりました。色選びに時間掛けただけあって結構近い色が入手できたことが大きい。画像はナシ。以上。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。