スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィアット プント Mk. II

FIAT PUNTO HGT ABARTH。単なるコンパクトカーであるプントに、バルケッタと同じ1.75リッターエンジンを載せ、専用エアロパーツを纏い、そこらじゅうにこれでもかというほどサソリのマークをあしらったスポーツモデル。いわゆるホットハッチとカテゴライズされるクルマだと思うのだけど、不思議なのはネット上の試乗インプレ記事。

「パワーはないけど運転してて楽しい」と高評価のバルケッタに反して、「排気量でかいだけで盛り上がりに欠けるエンジン」「過剰な演出で走りは普通」と、辛口評価が多い。ずんぐりボディの不利さはあっても、基本的にバルケッタとそんなに変わらないと思うんだけど…みんな「アバルト」の名前に期待しすぎ?もしくは「ホットハッチ」という激戦区にあるとパンチ不足?

街乗りしかしない私に走行性能とかあんまり関係ないし分からないのだけど、バルと比べるとステアリングのクイックさに欠けるような。ロックtoロックは少し大きい(バル2.5→プン2.75くらい)けど、舵角が違うかもしれんから一概には比べられない。ホイールベースの差だろうか。加速はバルより鋭い。けど状態が同じじゃないからそれがギア比の差なのかどうかは分かりません。やたらローギアードだし結構クロ(ー)スしてるような気がするギアは非常に好印象。シフトストロークはバルと同じで若干長い。バルはノブのポジションが高かったから低くすることで解決できたけど、プントはノブの位置が低い。これ以上低くすると運転しにくいし、高くすればストロークがさらに長くなっちゃうし…。そんなことを考えてると、アイポイントの高さも手伝って、これはスポーツしてないな、という結論になり、ネット上の辛口評価とリンクしてくる。以上街乗りしかしない人インプレでした。

「ペダル位置が絶望的」なんて話もあるようだが、右ハンドルのコンパクトとしてはまあ妥当な範囲ではないだろうか。ブレーキペダルも中心よりは右寄りだし、位置自体は違和感ない。まあ確かに気を付けてないとブレーキと一緒にアクセルも踏みそうになるけどね。ついでにクラッチと左の壁の隙間が、足がギリギリ通らない隙間しかないのが難点か。靴がでかすぎ?いやいや普通のスニーカーですけど。フットレスト付けたいところだけど、かような状態なものだから結局足をクラッチペダルの手前に置くしかないので、フットレスト付けたところであまり変わらないような気がして思案中。

電動サンルーフは、開放感はまだまだだけど、手動オープンしか乗ったことのない私からすると便利すぎて涙が出る。ただ、ガラス全開で走ると、60km/h前後でバタバタ音というか、車内が大きなバスドラになりました現象が起きて耳が痛い。これってこの個体だけの現象?ガラスを数㎝閉めれば消えるので問題はないけど。

あと他にも色々あった気がするけど忘れた。まあ適度に味もあって適度に欠点もあって、現代の実用性あってこそ系クルマとしては非常に所有欲満たし度の高いクルマだという結論にしておきます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re

プントにしたの?まさか白いカブリオレ?

Re

残念ながらカブリオじゃないのよ。色も白じゃないよ。以前Kさんのとこにあった激レア仕様の黄色いカブリオ欲しかったんだけど、それは叶わず。全然関係ないけど白いFCカブリオレもいいなーと思ったけど私には似合わなすぎる。あっあとアレおめでとう!
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。