スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初期モディ3: オーディオ移設・日替りステアリング 零

プントABARTH純正ステアリング
せっかくデザインも秀逸で世間の評判も良い純正ステアリングだが、交換してしまった。だって、どうしてもウッドが良かったんだもん…。

プントにNardiウッドステアリング
プントにウッドステアリングは絶対似合わないと覚悟していたけど、黄色のボディカラーと濃い目の木の色がマッチして、案外これもアリかなーと思えてしまうのは、ウッドステ大好き人間故の色眼鏡だろうか。

最初は本命OBAの32.5cmを装着したが、ステアリングが小さくなりすぎたためか、「軽すぎる」と感じていたプントのパワステを「重い!!」と感じるようになって…まあそれはすぐ慣れるにしても、どうも性格的にこのクルマに32.5cmは合わない、と結論。そこで、ABARTHにはABARTHでしょ、ってことでアバルトのウッドステ35cmを装着。そしたらこれが見事に調和して、まったく違和感がない。さすが…と思ったけど、2日も乗ってたら、「なんかカスタムした気がしない」と物足りなさを感じるようになり…。間を取って33.5cmのNardiに落ち着いた。結局コレかぁ…。

あと、オーディオも下の1DINスペースに移設してもらって、上はナビ等の部屋にした。どう考えてもオーディオは下のほうがいいと思うんだけど、なんでこんな構造?そもそもこんなに離れた位置に2箇所オーディオスペースを持ってるのはなぜ?…オーディオ移設に関しては、アンテナコードがどーしても届かなくて延長したそうだ。下はオーディオ入れる前提になってない?本当にどういう構造だよ。こういうのくらい自分でいぢれるようになった方が楽しみは広がるんだろうが、まあ今はナビのステーを自作する程度で満足している。

プントステアリングボス by SPARCO

ところで、ボスはSPARCOのものに。定番MOMOにプントMk.II用の設定がなく、バルのときお世話になった近隣のお店に聞いたら「適合表にはないけど、たぶんコレでいけると思う…けど現物合わせになるからクルマ持ってきてみて」と言われ、それはつまり他車種用(おそらくプントMk.I用ではないか)で流用できるということだろうが、何せそのお店は価格が高いため却下。で、ネットで検索して、唯一見つけたのがSPARCOのだった。価格は結局高くついた。

ところがコレがヒドイ。まず、画像のように、表面に妙なキズのような線がある。購入店に確認してもらったら、他の在庫にも全く同じ線があったとのこと。金型の成形不良じゃん!それに、エアバッグ配線のために後加工で拡げてあるっぽい配線穴がそれでも小さすぎてエアバッグ配線が通りません…結局取り付けに加工が要る。…まあそれはまだいいとしても、よくないのは、スプラインの切り方が純正ステアリングと微妙~に違うらしく、せっかく純正ステアリングでセンター出てたのに、ボス付けたらステアリングがわずかに右に傾いてしまった…。さすがイタリア製。この点に関しては、30mmのボススペーサーを改造して「カタムキナオール」風に角度調整できるようにしたやつ(バルから流用)を挟むことで解決。ほんのわずかに遠いと感じていたポジションもちょうどよくなった。いやちょっと近すぎる気も…まあいいか。

あとは、エアバッグがなくなっちゃうから、エアバッグキャンセラーというか、ダミー抵抗を付ける必要が出てくるのだが、コレに関してはそこらのカー用品店で売ってる800円くらいの抵抗でOK。オス型メス型あるけど、プントはオス型。挿し込んでテープでぐるぐる巻いただけだけど、今のところエアバッグ警告灯はちゃんと消えてくれてます。ただし安全性は下がるので自己責任で。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。