スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モリワイパー

モリワイパー

モリワイパー」by住鉱潤滑剤株式会社。ガラコを塗ったガラスとワイパーのビビりが消えないので(塗る前からだったっけ?わからん)、とりあえず使ってみた。ワイパーゴムに塗ることでビビりを防止するという、個体潤滑剤としてメジャーらしい二硫化モリブデンを主成分とした…ペン。どっからどう見てもペンだ。カチカチと音がするまでよく振って、ペン先を軽く数回押し付けると液が染み出てきて…と、使い方も完全にペンだ。ということで、ペンの要領でよく振って、厚紙の上にペン先を押し付けたら…

いきなりドバーと液が出て、危うくクルマのシート汚すところだった。これ出すぎだよ。10mlしかないのに無駄にこぼしちゃったじゃないか。という出来事はあったものの、塗るのは至って簡単。普通にペンで色を塗る感じ。液の出加減もちょうどよくて非常に塗りやすい。ペン先の幅もワイパーゴムに塗りやすいように考えてある(当たり前か)。説明では5分程度の乾燥時間を取ると書いてあるけど、塗ってすぐに乾くので、まだかまだかと待つこともない。前後のワイパーゴム全部に塗っても10分も掛からないだろう。

で、結果。おおよそビビりは解消された。まだ100%じゃない(拭き始めなど、たまーにビビりが出るときがある)けど、どういう条件下だとどういう理由でビビりが出るのかよく分からん。ワイパーのガタツキも大きいし、他の要因じゃないだろうか。というか、ほとんど気にならんからこれで十分。

雨の日のドライブが非常に快適になりました。基本的に私はワイパーというものがものすごく嫌いなので、普通の人が標準速度でワイパー掛けてる程度の雨だとワイパーは使用せず(たま~に手動で1回だけ掛ける)、普通の人が最大速度でワイパー掛けまくってる程度の雨で間欠ワイパー使う程度です(良い子はマネをしないように)。だからガラコのような液体ワイパーは非常に重宝します。が、プントに塗ったところ、50km/h前後で水滴が動き出し、完全にワイパーなし走行ができるのは60km/hくらいからのよう。これじゃ都内では役に立たん。バルに塗ったときはもっと良い結果が出た気がするのだが。水滴を飛ばしたくて思わずクルマも飛ばしたくなってしまうので非常に危険。

しかしプントのワイパーは動きがおかしい。停止時のワイパー位置が落ちすぎている気がしたので位置調整しようとしたが、スプライン式なので一段階ずらすと今度は上過ぎる。それにガタが大きくて、動作状況によって停止する位置が全然違う。最大速度で動かすと、ブレードがガラス下の樹脂部分に当たって「ガッゴンガッゴン」と音をたてる。これはひどい。普通なの?壊れてるの?間欠くらいしか使わない私には何の問題もないのだが。ということで放置中。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。