スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再々・イタ車の洗礼!

洗礼が再々ってのも以下略。

前回から2ヶ月ほど経ち、気候も穏やかになってきた矢先。突然エンジンが吹かなくなって止まってしまう現象は、(理由は分からんけど)暑~い夏の日にしか起きないのではないか、とほとんど確信しきっていたのに。朝、通勤時間帯(より少し遅いかな)の狭い直線道路の途中で、突如エンジンが吹け上がらなくなり、そのまま止まってしまった。路肩に停めると上下線の車がすれ違えない広さなもんだから、後ろの車がつっかえちゃって大迷惑。しょうがないんだけど。

過去の経験から、少し経てばまた掛かるだろうと、時間を置いてはセルを回して、を繰り返したけど、今回はどうにもダメ。キーをONにしたとき、いつもは背後から「キュイイイイイイン」と聞こえる燃料ポンプ(かなあ?)の音が、「クモモモモモモモ」と、なんか力なさげ。そうこうしているうちに友人から電話が。と思ったら目の前にその友人がいて、目の前に迷惑駐車している車の所有者が本当に私であるかどうかを確認するために掛けていた。いやすごい偶然。でもないけど。

結局どうにもならんと判断してロードサービス頼んだのだけど、ガソリンが限りなくゼロに近くて、GSに行こうとしていた途中だったから、もしかしてガス欠?という疑いもあり、少しだけガソリン買って持ってきてもらうことにした。給油警告ランプが点くタイミングもまちまちだし、燃料計も手放しで信用していいかどうか分からんし。で、随分長いこと待たされたのだけど、その間におまわりさんに声掛けられ…。

「随分長く停まってるみたいだけど、なに、どうしたの?故障?ちょっと免許証見せてくれる?それからトランクの中見せてくれる?何か危ないものとか持ってない?いやいや、こんなご時世だからさ…。」
ただ停車しているだけで人を犯罪者みたいに扱うんじゃねえよ!

他にも、「どうした?」って声掛けてくれた一般のドライバーの方もいました。その人のクルマ、左のテールランプの中に大量に水が入っていて、ちゃぷん!って中で揺れてましたが。大丈夫かいな。そんなこんなでローダーが到着したけど、ガソリン入れてみてもやっぱり掛からない。もう工場に運ぶしかないのだけど、やっぱり近隣の工場より主治医に診てもらったほうがいいだろうということで、ちょっと遠いけどユーロ~まで運んでもらうことに。おいおい、仕事はいいのかよ俺。というか追加で掛かるレッカー(正確にはローダー)代が痛い…。

で、工場にクルマを置いて代車の赤いキャロルで帰り仕事に向かい、後ほど工場から電話が。燃料ポンプ交換でン万円というコースも覚悟していたのだけど、「しばらく置いといたらエンジン掛かっちゃった」って。燃圧とかも正常だし、何の問題もなさそうだと。その後も快調。…一体何だったんだ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。