スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンパー欠損3

ついに結果が出ました。午後13時以降か、朝9時頃なら電話に出られる、と言っておいたところ、9時ちょうどくらいに電話が来た。実にパンクチュアルな。私も少しは見習うべきだ。

で。社で稟議に掛けたところ、こちらが提示した修理の実費の額までなら出せる、という結論に至ったとのことでした。「までなら」というのは、代車に掛かる費用だとか、このことで支障が出た業務への補償とか、今回の件で受けた精神的苦痛に対する慰謝料とか、そういう追加費用をヤクザ的に請求されてもそれはちょっと困りますよ、という意味で、実費は満額出します、ということだ。つまり、某大手コンビニエンスストアは、駐車場設備の不備を認めたということで、当方の全面的な勝利と相成りました。いや闘ってたわけじゃないんだが。

具体的な金額は伏せときますが、「実費」って??…実は、最初に現場で検証が行われる日より前に、私は自ら「政治的に最も信頼できる修理工場」へ連絡し、ちゃっかり見積もりを出してもらってたのだ。こういうことの為にはいかなる労力も惜しみませんよ私。んで、現場検証の日にうっかり見積書を忘れてきちゃった大馬鹿者の私は、結果的に、政治的に最も信頼できる修理工場から、某大手コンビニエンスストアの担当さんへ直接見積書のFAXを送ってもらったのだ。これが決定的だった。先方は修理代金について調べる必要がなく、その真偽…「ふっかけてんじゃないの?」と疑う余地も全くなかったため、話が非常にスムーズに運び、今回のようなスピード解決に至ったと。

実際には、政治的に最も信頼できるパーツではないパーツを使い、政治的に最も信頼できる修理工場ではない修理工場にお願いすれば、もっと安く上げることはできる。というか、そもそも、歯抜け状態みたいになったバンパーに目をつむって(実際、これくらいなら我慢できなくもない)、全額せしめれば一儲けだが、それはさすがに心が痛むので、政治的に最も信頼できるパーツではないパーツを使い、政治的に最も信頼できる工場ではないけれど個人的に最も信頼できる工場にお願いして、浮いた分の金額は、私が自ら動いた分の人件費・手数料に充てることとした。気分的にも実際的にも、損も儲けもない状態だと私は考えますが。

今回のように駐車場設備で店舗側が責任を認めたのは特異な例だと思う。これが個人経営の商店とかだったら、ケンカするか、民事裁判を起こす以外に道はなかっただろう。どちらにしろハッピーエンドは見えないか、非常に遠いものに思う。なので、あくまで一例として、ここに書いておきます。

本来であれば、どこのコンビニエンスストアチェーンのどこの店舗のどの駐車スペースであるかを明記して、同様の事故が再度起こらないよう注意を呼び掛けるべきかもしれんが、そんなことネットに書いたら当たり屋が行列を作ってしまいそうなので、やめておきます。某大手コンビニエンスストアも某大手コンビニエンスストアで、どうかと思う点がある。「今回の件は、この金額をもって円満解決しました」という書面にサインを求めるでもなく、「確かにその金額を受け取りました」という書面を発行させるでもなく、単に振込をもって終了なのだ。私が弁護士か詐欺師かヤクザだったらどうするつもりなのだ。それに、親切な私は、「当該駐車スペースの舗装をすぐに修繕するか、とりあえず貼り紙で注意を促すなどの対策をしときなさいよ」と嫌味を言っておいたのに、何もやっていないのだ。私は、その駐車スペースと私のクルマの相性が悪いことを既に“知って”いるので、もう一度同じことをしてもう一度修理代金を請求することはかなわないが、例えば私が友人にクルマを貸して、その友人が当該場所で同じトラブルに見舞われたらどうするのか。その友人が、そのことを“知って”いたと証明することは不可能だぞ。もしくは私が違うクルマに乗って、当該場所(以下略)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。