スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタ車の洗礼?

某自動車道の追越車線をンkm/hで快調に飛ばしていたら、急にガクガクと減速し始めたので、やばいと思って咄嗟に左車線に移り、ちょうど目の前にあった非常用停車スペースに寄せたら、そのままエンジン止まってしまった。というか完全に停止する前にクラッチ切ったときには既に回転数がゼロだった。

再度エンジンをスタートしようとしても、キュルキュルキュルボボボばすんびすんぼすん…ごふ。掛かりません。セルは元気に回るし一瞬掛かりかけるのだけど。雰囲気的にはベスパでエンジンが温まりきってないときにチョーク引かずに掛けようとしたときとか、メインジェットにゴミが詰まって混合気がうまくシリンダーに行かなくなったときに似ている。けどメカのことなんてわからんのでお手上げである。キーをひねって掛かってくれなければもうどうしようもない。何度かやるうちに、インジェクション警告等が点きっぱなしになった。汗。

炎天下でエアコンが付けられないって地獄だね。旧車乗りの人お疲れ様です。で、間髪入れずに保険会社のロードサービスに連絡していたら、いつのまにやら黄色いRV車が後ろに停まってて、濃い顔のおじさんが降り立って窓から覗いてきた。心臓に悪いぜ。これって故障じゃなく停まってたらなんか言われるのかなあ。「ウチ(日本道路公団?)のレッカーも手配できるけど」とか言ってくれて、保険会社連絡してるから大丈夫ですって言ったら、後ろに赤いコーンを置いて去っていきました。コーンは風で飛ばないようにワイヤーでフェンスにつないであって、「動くときにコーンは端に寄せておいてね、後から回収に来るから」だそう。

で、帰るはずだった実家に電話したり、工場に電話して「何が起きたんだろう?どこでどうやって修理しよう?」と相談したり、任意保険で補償される帰りの交通費を上限額いっぱいまでふんだくった上で実際の出費を安く上げることはできないだろうか?とか考えたりしつつ、ローダーの到着時間の連絡を待っていたのだが。

ふと、試しにもう一度セルを回してみたら…。ブオン。普通に掛かった。アイドリングも安定してる。アクセルを踏めば普通に吹け上がる。ォィ。しかしインジェクション警告等は点きっぱなし。ォィ。

安堵というか拍子抜けというかロードサービスどうすんだオイということで、まず工場に電話して、エンジン掛かったんだけど、警告等点きっぱなしなんだけど、走っても大丈夫?と確認し、それからロードサービスキャンセルの旨を連絡し(まさか再度掛けることになるとは思わないものだから担当者の名前覚えてなくて手間取った)、いざ再出発。

恐るおそる走り出し、と言いつつも高速だからノロノロ走るわけにはいかず、加速していったのだが、全然問題ない。そして、1分も経たないうちに、インジェクション警告等が、突然、消えた。おい~~。何なんだ。何だったんだ。そして少し走ってみて実感したのだが、吹け上がりが軽い。思えばその日は朝からなんか出足が重かったんだ。踏みしろと加速の割合がおかしいというか。炎天下でエアコンを全開にしてるせいかと思ってたけど、どうやら違ったらしい。何が起きたのか分からないけど、何かが起きてエンジンがやや不調になり、やがてそれが悪化してエンジンが止まり、そしてなぜかそれが一気に直って元の状態に戻ったようだ。

おかげでその後の予定には30分ほど遅刻したけど、30分ほど遅刻しただけで済んだ。めでたしめでたし。やっぱイタ車はイタ車なのかねえ、ということで。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。