スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨漏り2・必要に迫られてオープン

前日の夜雨が降っているのは知っていた。風が強いのも知っていた。けど特に様子を見たりしなかった。で、翌日の朝早く出かけなきゃいけなくて駐車場に行ってみると…前オーナーの悪友から引き継いだハーフカバー(ガラスから上だけをカバーするという、中途半端だが、バルケッタのようなマキナにはピッタリなアイテム。もちろんバルケッタ用でサイズもピッタリ)が見事にはだけていた。トランクに噛ませてるヒモのおかげで飛んではいなかったが、肝心の幌部分には全く掛かっていなかった。マキナとか書いてるとアホっぽくていいかと思ったけどバカっぽいからやめようか。

雨漏りの跡 まあそれはそれとして急いで準備して乗り込んだら、なんかお尻が冷たい…ていうか濡れてる!!そんなに長時間雨降らなかったと思うけど見事に雨漏りしたらしい。写真はシートが乾いてからもシートの後ろに少し残っていた水溜まりの跡。仕方がないから待ち時間に日の当たる場所でオープンにして運転席を中心に乾かして、移動する間もオープンのままでなるべく日に当てた。幸いカラッと気持ちのいい晴れだったのですぐ乾いた。やれやれ。しかしオープンになるって便利だなぁ、室内が濡れてもフルに日光を当てられるからなぁ。…てかオープンじゃなければ雨漏りなんてしないか普通。と、一人で本気ボケツッコミをしていた。乾かそうと思って慌てて幌開けたときにうっかりリアスクリーンにシワ寄せちゃった。せっかくほとんど消えかかってたのにまた変なクセがついちゃった。今度のは一瞬だからすぐ直ると思うけど。

用事が全部終わってから、前々から交換したいと思っていたシフトノブをどうにかしようと、某トバックスへ行った。というのも、交換しようにも今付いてるノブがどうにも外れなくて、外さないことには中のシャフトがどうなってるのか分からないから互換性のあるノブも探せない、ということで行き詰っていた状態をどうにか打破したかったからだ。「ノブがどのように固定されているか」なんて、カー用品店なら把握してるだろうと思って行ったのだが…

「99%はネジ式で、左に回せば外れますね」と店員さん。「まっすぐ上に引っ張れば抜けるってネットで見たんですけど」と私。とにかくよくわかんないけどメカニックに頼もうってことでピットに入れてあれこれ頑張ってもらった結果。外れたには外れたけど、付いてた純正ノブは最早ノブとしては使用不可能な状態になってしまった。乙。続きはまた次回。

それと前後して、前から気になっていた空気圧をチェック。なーんか、フロントが気持ち足りてないような気がしてたので、無料の空気圧チェッカー付き空気入れ(セルフサービス)を使おうと思ったのだけど、使い方がわからん。そこで店員さんに聞くと、わざわざクルマまで来て、1本試しに入れるところまでやってくれた。親切。…で、フロントを測ってみたら。右側約160kPa。160kPaだぁ!?マニュアルによるとフロントの推奨値は2.4kg/cm3(240kPa弱)だぞ。リアも推奨2.0のところ、160~180しか入ってなかった。いやーびっくり。空気圧って極端に不足しても外見ではほとんどわかんない場合が多いからね。注意せねば。これからはマメにチェックしよう(と言いつつ億劫できっと忘れた頃にしかやらない)。

空気入れ終わった後、駐車場内で走り出した瞬間に「お?硬い」と感じた。感触がぜんぜん違う。路面のゴツゴツを明らかに拾いやすくなった。ようするに、乗り心地は悪化した。すぐに慣れてわかんなくなっちゃったけどね。これで燃費や走行性能も良くなればいいな。ハンドリングに関しては未来の日付の記事に書いたとおり。燃費はいちいち計算してない。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。