スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリン漏れ再び直る/給油秘密兵器/プラグ換

さて、ガソリン漏れは、キャブが原因の場合と、タンク下のパッキン(?)が原因の場合とが考えられる(今回の場合はガソリンコックをオフにしても漏れるから、キャブじゃないだろうなぁということでしたが)そうだが、とにかくタンクを外さなきゃならんそうなので、ちょっとばかし時間がかかる。というわけで、なかなか双方の折り合いがつかず、この日ようやく診てもらうことができた。

とか言って、実は1時間とかあればできてしまう作業なのだけど、この日自分がかなり詰め込み式のスケジュールだったため、その場で見学したりできず、預けておいて仕上がった頃に取りに戻った。なのでどんな状況だったかはわかりません。とりあえず、前回はタンク下のゴムがダメになってて、今回はガソリンコックのゴムがダメになってたとのことです。これで、ガソリンタンクの下にある2箇所の疑惑箇所は両方とも交換済みということになったので、当分は大丈夫であろうということになりました。めでたしめでたし。

さて、今回は、前回よりも漏れが少しばかりひどく、地面にずい分大きなシミを作ったものだが、一番漏れがひどかった期間の燃費は実に12.3km/l!普段の半分以下。長時間駐車しておくと当然その間に漏れる分燃費が落ちるのだが、どうやら一晩で1リッター近く漏れたりしていたようである。あなおそろしや。

燃費といえば、混合給油のベスパは、毎回同じ位置まで給油するのがなかなか難しいので、正確な燃費は割り出し難いのだが、そこに秘密兵器が登場した。というか自作して登場させた。このアイテムは公開しませんが、単に給油の際にタンクの口に取り付け、「ココの線まで給油してくれ」と指定することで毎回の給油量のばらつきを縮小しようという単純極まりないものです。しかしコレが実にワークします。燃費の正確性は向上するし、ガソリン入れすぎてオイルを入れたら溢れた!なんていう事故の心配もなくなるし、我ながらスゴイです。見てくれがイマイチなのが残念だが、その点を改良できれば売り出したいくらいである。

それは置いといて、この日ついでにプラグも換えてもらった。またもや自分でやらずにやってもらっちゃった。どーも急にエンジンの掛かりが悪くなったので、前回の教訓もあることだし、ちょっと早めに換えてみた。プラグの番手、わたしはずっと6番を使っていたようである。ガレトミの客では、ET3は6番と7番が半々だそうなので、おとなしく走らせる部類に入るらしい。本当かよ。確かに、マナーの悪さの割には回さない方だ。いや、マナーが悪いんじゃなくて、マナーの悪い輩に対して容赦しない、と言っておこう。正義の名の下に悪事を働く。いかんよ。
[2004年6月28日]

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。