スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリンスタンドにて

中途半端なところでガソリンがなくなりそうだったので、通りかかったESSOに飛び込んだ。もちろん利用するのは初めてである。で、誘導に従って停めて、財布からESSOの会員カード(全国共通ですね)を出そうとしていたとき。

スタッフのお兄さんが、「失礼しまーす♪」と言って突然メインキーを抜いたかと思うと、サイドボックスを開けようとしたのだった。違いまーす。ガソリンタンクそこじゃないでーす。キーも違いまーす。メインキーとサイドボックスのキーは別でーす。ちょっと勇み足だったね、お兄さん。

ということは、こういうことです。毎日ものすごい数のクルマ・バイクを相手にしているGSの店員さんでも、間違えるのです。まさか、現代のスクーターで、シートの下にガソリンタンクがある(つまり、シートの下にメットインスペースがない)なんてことが、かつ、メインキーとサイドボックスとでキーが違うなんてことが、あるわけがないと思ってるわけです。経験則と観察力から出た勇み足なので、彼を笑うことはできないが、そのくらいベスパの構造がアウト・オブ・デイトなんだなとしみじみ思うことはできる。だって基本設計は1962年からほとんど変わってないもん。

ガソリンタンクの位置

←シートを持ち上げると、ガソリンタンクが。手前(写真下方)にあるのがサイドボックス。

ちなみに、もし私が自分からシートを持ち上げてガソリン注入口の位置を示さなかった場合、このお兄さんのような想像力のない人はどうするかというと、どこをどうしたらいいのか迷って空中で手を泳がせます。どうしたものかと明らかに迷ってるので、今思うと面白いです。私はどちらかと言えばこちら側の人間だ。

ちなみに2、この勇み足、これを書いてる時点でさらにもう1度体験しました。「セルフ」が増えている中、セルフじゃないということはスタッフがてきぱきと作業をこなすことが求められるということだからね。GSの店員というのもなかなか大変だ。
[2004年6月20日]

※ 「このお兄さんは想像力があるけど、このお兄さんとは違って、想像力のない人」という意味。すげー曖昧な日本の私。
[2006年1月18日]

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。