スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青梅街道の風スポット

やたらと風の強い日だった。いつもなら両手放し運転なんて余裕なのに、この日はそんな、無理に決まってんじゃん、という感じだった。駐車中でさえ、風で倒れやしないか心配だったくらいだから。春ですね。

で、そんな中を颯爽と駆ける帰り道。もーほんとマジでハンドル取られないようにするので精一杯だったくらいなんだけど、結構楽しかったりして。以前ガレトミで、Pに乗ってて横風受けて転倒した人がいるという話も聞いていたし、某第3セクターの単線・単車両ディーゼル機関車の路線では、土手の合間を縫って走る途中、土手が一瞬途切れる場所に「横風注意」なんていう標識が出ていたし、機関車がどうやって横風に注意するのか不思議に思いつつも、風って危険なんだなぁとは知っていたけど。でも危険な目には特に――

遭いました。もんのすっごい強い、横風というより乱気流みたいなのに弄ばれ、本気で転倒しそうになりました。一瞬だったけど、色んな方向から押されに押され、気分的には車体が左右に45度くらいまで傾いた。気分的には。うん、よく持ちこたえたなぁ。場所は、新宿から青梅街道を走って、山手通りと交わる「中野坂上」交差点を過ぎてすぐ、100mくらいのところ。

その後しばらくの間、同じ場所を通る度に風を気にしていたのだけど、あの場所は普通の日でも変に強く乱れた風が吹いてるみたいだ。周囲の地形がちょうどそういうふうになってんだろうな。世の中には「かまいたち」なんてのもあるくらいだから、あり得る。それとも単にネコバスとトトロが交差したのか。風って怖いもんだと知って、より風を思うようになった。昔から風は好きなんだけど。ベスパ、モノコックボディとスイングアーム上のエンジンで重心はそんな高くないのかと思ってたんだけど、やっぱそうでもないかな。ポジション高いし。
[2004年6月2日]

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。