スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えたストップランプ6―完結編―/リアタイヤ交換/メーター球交換

前に書いたっけ、書いてなかったっけ。もはやわたくしには把握しきれない混沌となりました。たびたびトラブルを起こしてきたストップランプなので、たびたびチェックするクセがついています。そしてついに、「消えた~6<劇場版予告編>」で書いた現象(点いたり点かなかったり)に、あるパターンがあることを発見する。このときは無駄に嬉しかったなぁ。ああ。どうやら、腰を下ろしている=リアサスが沈んでいる状態だと、正常に点灯する。が、腰を上げている=リアサスが伸びている状態だと、まったく点灯しない。なんだそりゃ。

よっしゃーとばかり、ガレトミに報告しに行く。すると、さすがTさん。「あー…。だいたいわかりました」と。よし、今度こそ治るぞ。ちなみにここまでが前置きです。期待に胸を膨らませて、この日、ベスパをガレトミに預けて出かけた(何度かやっているのだが、修理の日付を決めると、当日ガレトミの前に車両を置き去りにして行って、夜引き取りに来るという方法。即日修理可能な内容であれば、仕事行く前に預けて帰りに引き取ったりできるので便利です、まあまあ)。

で、日中、ガレトミから電話が。なんだなんだと思ったら、「リアタイヤがまるぼーずですけど、どうします?」とのことだった。走行距離からしたらそろそろ換えなきゃいかんだろうとは思ってたけど、走行に支障を感じないしお金もないので、見て見ぬ振りをしていた。ごめん。というわけで、ついでにタイヤも交換してもらうことに。あとそれから、けっこう前から切れっぱなしのメーター球も換えてもらうように頼んであったんだ。

さて、夜。取りに戻ると、完治したベスパがいた。って、見た目にはわからないけど。実はよくわかってないが、スイングアームの可動部付近の配線がどうかなってて、それでリアサスが沈まないと点灯しないなんて事態が起きていたようだ。珍しくなくはないトラブルだそうだ。その部分を補強したりして、もう完璧。長かった。実に長かった。思えばこの1年ちょっとの間、ほとんど正常に機能してないんじゃないかと思えるくらい(実際はそんなことないけど)、トラブルだらけだったストップランプ。致命的な問題じゃないからなおさら、もう煩わされることもないんだと思うと喜びが込み上げてくるのだった。新品のタイヤで気をつけて走る帰り道も、心にユトリが満ち溢れていた。
[2004年5月9日]

※ 新品タイヤは、表面に薄くワックスのようなものが塗ってあるので、装着後少しの間はスリップに注意しましょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。