スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背後から白バイ

今日は朝からパトカーをよく見るなぁと思ってたんだけど、重点的な取締りでもやってたのだろうか。あと救急車もすごく何度も見た。それは取締りじゃないと思うけど。

で、天気もいいし、もうちょい遠くまで出かけようと、K街道(1)を走ってました。がんばって走っても、上り坂はこの人やっぱ弱いよね。制限速度50km/hの道を流れに乗って時速60km/hで走っていたそのとき。背後から白バイが現れ、そのまま隣車線をスーッと抜いていきました。たぶん70km/hは出てたんじゃないでしょうか。サイレンも回転灯もオフで、緊急走行ではない雰囲気が100%だったのだけど。白バイって制限速度違うのかね。

それからちょちょっと古本屋を物色して、収穫がなかったのでさっさと帰るべく、来た道を戻り始めた。どうせなら行きとは違うルートでと思って、でかい交差点を左折してK街道(2)に入ったら、国産の原動機付自転車第一種(=50cc)の若い男性が白バイに捕まっていました。いわゆる原チャが一番に捕まるって聞いたけど、なるほどそうなのかねぇ。30km/hという誰も守らない制限速度があるので、オーバーしてればすぐにわかるから、という。たしかに。私の生活圏内において、30km/hの制限を守って走ってる原チャを見かける確率は、フェラーリを見かける確率より低い。ランボルギーニを見かける確率よりは若干高い。のんびり走ってる原チャ諸君、君らは狭い都内で高級外車を乗り回してる奴より希少価値が高い。誇らしく思いたまへ。ただし街道は低速で走行すると却って危ないので気をつけよう。

んなことはいいとして、それから右折して旧K街道(3)を通ってK街道(4)に出て、交通量の増えた道を走ってると、隣車線にまたもや白バイが。途端に周囲一帯が制限速度までペースダウンするから面白い。私はといえば、車線変更して白バイの真後ろにつけた。…観察するため。白バイってかっこいいよねぇ。信号待ちでは必ず左足をつき、発信の前にミラーと目視で安全確認。そして何より、乗車姿勢がものすごーくシャキッ!としている。あの姿だけを見てると、警察官になりたいなーという気持ちになる。まあ、それが白バイだからこそかっこよく見えるんだけど。

その後白バイはUターンしてどっか行ってしまい、全体のペースが上がった。私は少し先を左折して新K街道(5)に入り、K街道(6)と交差するところで右折し、(中略)帰りました。


さてここで問題です。上記(1)~(6)の街道は、それぞれ何街道でしょう。ちなみに、Kは頭文字です。全部違う道です。
[2004年2月12日]

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。