スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラグ&ギヤオイル交換

今タイトル書くとき、まずは「ギアオイル」と書いてみたんだけど、カタカナの据わりがどうもしっくりこねーなあ、ということで「ギヤオイル」にしたら、こちらは一発変換してくれなかった。「儀やオイル」になった。さて、前回交換してから、すっかりさっぱり完璧に忘れていたことがひとつ:ミッションオイル交換。プラグもオイルもまあ3000kmくらいを目安に交換するといいんじゃないかなーなんて聞かされていたが、ここんところしばらくは完全に忘れていた。あまりにも調子良く走るものだから、気にすることがなかったんだよね。

プラグの焼け具合とかはさっぱりわかりません。まあ安い部品なんだし、定期的に交換するのが無難なのでは、という感じです。ちなみにプラグというのは、わたくしが唯一スペアを持ち歩いている(常時積んでいる)パーツであります。電球関係なんかは予備を持っていたいと常々思っておりますが、結局持っておりません。まあ、ライトが点かなくなっても走れるし。という解釈でいいのだろうか。街頭のない地方の夜道を走ってるときにヘッドライト球が切れたら一巻の終わりだと思うけど。

オイルはというと、3000kmっつっても、プラグほど気にしなくていい、なんて言われました。実際走り方やら何やらによってもだいぶ変わってくるだろうし、今回換えたときも、ぜんぜん汚れてないですねーという感じだったようだ。まあお値段もプラグの3倍くらいするし(お店でやってもらう場合)、たまーに思い出したときやればいいだろう。とか言ってると本気で忘れるので、どっかきりのいい距離で定期的に交換するようにやっぱりクセをつけておくのが最良でしょうねぇ。
[2004年2月14日]

この日はプラグとオイルの他にも、ウインカーを見てもらおうと思って来たのであった。書き忘れたけど、先日(↓)グリップを交換するに至ったのは、右ウインカーの接触がずっとおかしいままだったので、これを一種のチャンスととらえ、接触を見てもらうついでに(ついでにしては大仕事だが)グリップも替えてもらおうと思ったのが最初だったのだ。で、計画通り、グリップは交換し、ウインカーも点くようになった。…はずだったんだけど、直後にまた点かなくなってしまったのだ。そこでその原因も見てもらおうと。

知恵の輪は、がちゃがちゃやってみる前に、形状をよく観察する。知恵の輪は手で解くのではなく、目で(頭で)解くものだ。ベスパにおいてもまた然り。なぜウインカーは点かなくなったのだろう。そのときT氏は言った。「ウインカースイッチのネジ、増し締めしたことってありましたっけ?」これがずばり正解だった。スイッチのカバーを外すと、接点のネジが案の定緩んでいた。これを締め直して、完了。さすがTさん。

このネジ、要注意人物らしい。真鍮でできているため、あまり強く締められない(強く締めすぎるとネジ山が壊れてしまう)のだそうだ。かといって、仮に丈夫な素材だったとしても、締めすぎると今度は銅線がぶちっといってしまうので、単にネジを交換すれば済む問題ではないらしい。緩んでくるネジをたまに増し締めするしかないようである。愛嬌があっていいんじゃないでしょうか。ネジ止め剤とか、そういうのはナシですよ。
[2004年2月15日]

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。