スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーターロック

『モーターロック』★素人インプレ系。

モーターロック

MOTOR ROCKS RESTRICTED――ななし乃与太郎著、少年画報社発行。コミックです。ヤングキング(少年画報社)に連載されていたらしいが、ただでさえ雑誌を読まない私が、その上あまりメジャーでない(よなぁ)雑誌の一連載マンガを知るわけがない。知ったきっかけは、ベスパ! ビバーチェ…ではない。ヤ○ーオークションで「ベスパ」を検索していたら、たまたま引っかかったのだ(1巻のみで開始価格500円。諸費用合わせたら定価より高くなるのでは…)。その時は気にも留めずに流した。で、次にベスパ! ビバーチェに紹介されているのを見て、はじめて気になったのだ。でも、だからってすぐに注文してまで買おうと思わないし、書店はおろか古本屋でも見かけないし…と思ったら、あった!某古本屋に。しかも1巻~9巻まで(全巻?)。これは運命に違いない。「古本でもいいから(ごめんなさい)買え」というお告げに違いない。というわけで、用心深くまずは1、2巻を読んでみようと、その時財布に入っていたほぼ全額を払って買って帰った(ようするに2冊買うだけのお金しか持っていなかった)。で、数日後に3、4巻を買い、また数日後に…

こうして、際限のない底無し沼に足を突っ込んでしまった(笑)…いや際限はあるなぁ。


■読んでみて

内容は、ベスパを中心とした旧車(四輪も多数出てきます)を、主役にしたり脇役にしたり単なるアクセントにしたり、ストーリーごとに扱いを変えて登場させることによって、単なる旧車オタクマンガっぽさは微塵も感じさせず、でもってマニアも(たぶん)楽しめるであろうという「はなれわざ」的コミックに仕上がっている。それも、単に絵がうまいとか、ストーリーが面白いとか、そういう基本的な才能が備わっているからこそのことでしょう。“ストーリーごとに”と言ったが、そのストーリーというのが、どこの国だかわからないへヴィなアウトサイダー系から、浜松の日常の一コマ系まで、実に節操なく(笑)、何でもアリとばかりにバラエティに富んでいる。これを「モーターロック」という名の下に、「ひとつの」作品ということにしてしまってよいのだろうか???
[2003年2月17日]

写真:ななし乃与太郎「モーターロック②」、少年画報社、1997、P.52

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。