スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vespaという喫茶店

さて、長旅の復路リターンズ。朝出発して、お昼にのーんびり休んだりはしたけど、結構がんばって走り続けた。大幅に寄り道コースをとって、大きな湖に着いた。寒くて寒くて死にそうだったけど、湖のあまりの美しさに見とれ、寒さを忘れて写真を撮った。やがて日が暮れた。また走り続けた。

coffee restaurant Vespa

知らない街を走る楽しさも、夜になると景色が見えなくてさみしいなーと思っていたら、緑色に黄文字で「Vespa」って書いてある、光る看板が。なんだ?と思わず停止して5mくらい戻ってみた。喫茶店だった。入り口には、「coffee restaurant Vespa」の文字と、スクーターをかたどったロゴ。つまり、蜂じゃなくてベスパだ。見る限り普通すぎるくらい普通の喫茶店だ。けど入ってみよう、ちょうど休みどきだし。

中に入ると、中も普通すぎるくらい普通だった(リゾットっぽいのを頼んだが、薄味で、軽食が欲しかった僕にはまさにそれ!的だった)。これは訊くしかない。「なんで“ベスパ”なんですか?」

奥さん曰く、ご主人(この時は不在)がクルマ好きで、昔草レースなんかに入れ込んでたんだかなんだかで?、とにかく4輪2輪問わず好きらしい。なんかもう記憶が曖昧だぞ俺。で、なんだかんだで自動車ではなくVespaの名を店名に採用したと。しかし店の外にはヤマハのマジェスティ。もう今は年寄りになってしまったので操作の楽なビッグスクーターに乗っているんだとか。そして、肝心の「昔ベスパに乗っていたか」という問題の回答はおろか、訊いたかどうかも忘れてしまった。もちろん、ベスパに心底入れ込んでいるわけではなくて、ベスパのネームバリューというかブランド的価値に目をつけて借用したという可能性もある。ベスパとはそういうものらしい、日本では。店名を見て思わず立ち寄ってしまう人がいるのだから。

ところで、年をとったからビッグスクーターに乗り換えたという話は、他でも聞いたことがある。この時点からはだいぶ未来にあたる8月頃、たまたま会った人がバイク乗りだと聞いたので、何に乗ってるんですかと訊くと、スズキのスカイウェイブだという。昔アメリカン系に乗っていたが、年齢とともにクラッチ操作が辛くなってきたので(笑)、つい先日この楽ちんなビッグスクーターに乗り換えたばかりだという。言うほどの年でもないので冗談半分だろうが、でもビッグスクーターというのはやはりそういうもんだ。若いうちからあんなのに乗っちゃあかん。
[2003年9月14日]

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。