スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなりパコ!byミラ

この事件は簡潔に書かねば。無理だなぁ。そう、事件です。状況はといえば、長旅の復路。朝出発して、長い長い旅路が始まったところだった。しかし1時間もしないうちに、予想もしていなかった。一時的だろうけど結構強く降るので、一気にやる気が失せてしまった。よし、引き返そう。そんなに急いで帰ることはないさ。と、自分らしくもない素早い判断で、雨宿りに立ち寄ったコンビニから、逆方向に走り出した。

私は、肌(顔)にぴたっと接触するゴーグルが嫌いで、スポーツグラス(のように見えて花粉用メガネの役もこなす優れものだか何だかわからない逸品)を使っている。これが、雨の日にはとぉーっても微妙なのだ。一瞬でレンズが水滴に覆われて、前が見えなくなってしまう。でも、なければないで、雨が目に当たって(結構痛い)まともに前をみていられない。どちらにしろどうしようもないので、いつも痛くないほうを選択するのだけど、この日もやはりそうしていた。もうほんと前が見えなくて、しかも慣れない道。やや山道。安全運転で、さっき下ってきたばかりの坂を今度は上ります。登坂車線があるけど、んなもん使うには及びません。上りでも制限速度程度は出る。走行車線の左寄りを走っていた、その時――

右手後方に気配が、と思った瞬間に、パコっ!

何者かがハンドルの端をヒットした。と思ったら白い軽自動車だ。雨って、視界や音だけじゃなく、気配も奪うからなぁ。近付いてるのに気付かなかったよ。なんて考えてる暇はありません。でも大変申し訳ないことにわたくしはバランス感覚には自信があるので、その程度でよろけたり、ましてやコケたりしません。

そこから先は理性がないのでよくわかりません。「待てコラー!どーゆー運転しとんじゃーっ!」と、言葉通りではないけど叫びながら追いかけるけど、ゆるい上り坂が続きます。軽と言えどET3では離されずについていくのがやっと。でも市街地に向かう右折待ちでやっとこさ捉まえた。

どーゆーつもりだこのやろ!」とどなりつつ見ると、フツーのおっちゃん。しかし窓越しに何か言い返すと、そのまま右折していってしまう。「逃げんなこらー」とかわめきながらまた追いかけっこ。あまり激しく怒ったせいか、いつのまにか雨も上がっている。そのまま街の中心部へ向かっていき、駅前のロータリー(まさに中心部)を過ぎてすぐのところで、Uターンして路肩に止まった。

やっと観念したかと近寄って、もう一度「どーゆーつもりだコラ!」と不良っぽく言うと、車から降りてきたおっちゃん、「なんじゃ、知らんわ!」と言い残して、床屋さんに入っていきました。うわー何という強気な行動であることよ。逃げも隠れもしないとな。「ナンバー覚えたからな!」とその背中を見送ると、思考時間ゼロですぐさま次の行動へ。すごい。自分じゃないみたいだ。たぶん別人。そしてここは駅前。つまり、駅前交番までバイクで15秒。

弱い者は、権力をうまく利用して生きるのがよいかと存じますが。というわけで、交番でかくかくしかじかと説明して、口ヒゲの怖そうな(けど喋りは優しそうな)おまわりさんをゲット。もう一人、若めのおまわりさんと3人で一緒に床屋さんに向かう。

権力が相手だと、態度が急変しますねやっぱり。つーか動かぬ証拠もあるし。ヒットしたときに不自然に畳まれたサイドミラーの角度。古いミラのミラーは、電動でも何でもないちゃちい作りなので、ぶつければすぐに角度が変わります(そのかわり簡単には折れたりしない。ベスパのウインカーレンズが割れなかったのももしやこれのおかげか)。

口ヒゲのおまわりさん:「運動神経のいい若い人だったからよかったけどねぇ、これで相手が転倒でもしてたらあなた、大変なことになってたよ?

髪を切りかけのおっちゃん:「…事故にならなくてよかったと、今更ながらにぞっとするわけであります…。ほんと、申し訳ない。

というわけで、「何も壊れなかった物損事故」というかたちで処理されました。なんだよそれ。おっちゃんは「厳重注意」。その後、事故発生地点を正確に記入するため(何せ知らない土地なので、地図を見てもどこだかさっぱりわからなかった)、パトカーに乗って現場まで行くという貴重な体験もできたし、満足。しかしヒゲのお巡りさん、パトカーの無線機の使い方がわからず、もう一人のおまわりさんに教えてもらっているみたいですよ。なんと、つい昨日までスーツを着るような部署にいて、今日付けで駅前交番に配属になったそうだ。制服を着るのも車載無線機をいじるのも十数年ぶりだという。なんとまあ、初日から働かせてしまった。


ところで、その場の話では、「追い抜こうとした際、避け方が不十分であったため接触したが、おっちゃんは接触したことには気付かなかった」ということになっていたが、あれはたぶん、前を走るベスパの存在自体に気付いていなかったと見たね。ただでさえ見落とされやすい二輪車ですが、道にはいろんな人が走っています。気をつけましょう。にしても、ベスパで一番出っ張ったハンドル(の端のウインカー)と、ミラで一番出っ張ったサイドミラーが、ちょうど同じ高さなんだよねえ。
[2003年7月29日]

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。