スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイザーがつかない

さて、ある日突然ヘッドライトバイザーがつけたくなった。ショップの人は「あまりおすすめしません」。でもこの思いは一度湧き上がったらもう止まりません。何も考えずに注文するしかない。ということで何も考えずに注文した。1週間ほどで手元に来たのだが、そのままホコリをかぶっていた。なぜなら面倒でなかなか手がつけられない…。

バイザーの付け方

さて、とうとうある晴れた休日、取り付けにかかる。がしかし、もともとベスパ用ではない(汎用の)バイザーなので、そう簡単にはついてくれない。まず、バイザー根元の、わざわざL字型に切り立っている部分をわざわざペンチで平らにする。で、ハンドルバーからヘッドライトを外し、バイザーを挟み込んでヘッドライトをはめ直す。え、挟むだけ?そう、挟むだけ。しかしこれではちょっとしたことで落ちてしまう。そこで登場するのが、耐熱両面テープ。え、両面テープ?そう、両面テープ。こんな原始的な方法で…と思うが、硬化するタイプの接着剤は、衝撃・振動に弱いので、バイクには向いていない。ということで、両面テープで補強した上で挟み込む。これがはじめにショップで聞いた取り付け方法である。

とりあえずその方法でやってみるのだが、何とヘッドライトから出ているツメが邪魔してバイザーが挟めない。でもこのツメがないとヘッドライト自体がヘッドライトカバーから外れやすくなってしまう。仕方なく、ニッパーでバイザーに切れ込みを入れてみる。これで位置は決まった。あとは無理矢理押し込むだけ。え、無理矢理?そう、無理矢理。もともとバイザーを取り付けられるように設計されていないし、取り付けられるように設計されていないところにうまく取り付けられるように専用設計されたバイザーでもないので、ない隙間に叩き込むしかないのだ。が、どうがんばっても入らない。薄い鉄板(アルミ?)一枚を挟むのにこんなに苦労するなんて。だめだ。仕方なくショップへ。いつもこんな感じ。

ショップへ行けば魔法のように解決するかと思えば、そうでもない。結局はドライバーと木槌でコツコツと叩いて入れるだけである。でも、なかなか入らない。何せベスパなので、個体差もあるらしい。あまり無理しすぎると、アルミでできたヘッドライトカバーに亀裂が入ることもあるらしいので、最終的には「なんとなく入ったように見える」状態で我慢することに。まあ、走ってて落ちるなんてことはないだろうし、仮にあったらその時はもうバイザーの自体あきらめるしかないなぁ、みたいな。

さて、これで一件落着。でもなんかしっくり来ない。夕暮れの帰り道、スーパーに寄ったついでにぐいぐいと様子を確かめていたら、「パコっ」と、4分の1くらい外れてしまった。ああ、とは長くは続かないもののようだ。と、日も暮れた道を希望も薄く家に向かう途中、絶望的な事実に気付いてしまった。何と、ヘッドライトがしっかりはまりきっていないために、ライトの照射角がかなり上を向いている。暗いにも程があるというほど暗いライトとはいえ、これではハイビームにしていなくても常に前の車に圧力をかけているみたいじゃないか。

たしかシトロエン2CVは、荷物をたくさん積んでリアサスが沈んだ時のために、ヘッドライトの照射角を微調整できるようになってるって読んだことがあるなー、とか考えながら、あんなに苦労して取り付けたバイザーを、絶望とともに外してしまった。いや絶望は外れていない。どうしてもあきらめきれない。そこで、禁断の接着剤系に手を出すことにした…。

というわけで訪れたホームセンター、某マート。ダメもとで訊いてみる。「振動に強い接着剤ってないですか」「う~ん、ないですねぇ」やっぱり。じゃあ、比較的マシなものはないか、と物色しているときに目に留まったのが――

セメダイン スーパーX」!

弾性(衝撃に強い)、耐水、耐熱、凹凸面OK。完璧だ。今まで「瞬間接着剤」というものにとらわれすぎて気付かなかった。早速使ってみよう。接着剤は、静止状態で時間を長く置いたほうがより強度が期待できる。念には念を、と思い、洗濯バサミ(汗)数個で挟んだまま48時間、放置してみた。長かった。

ヘッドライトバイザー

その後どうでしょうか。あれから4ヶ月、3000キロ走りました。日光にさらされ、風を受け、時には雨に打たれ、そして常に振動を受け続け…ですが、ビクともしません。簡単に言えば、ヘッドライトトリムにぺたっとくっつけただけ。はがれたら即落ちます。でも、この分だと恐らく外れることはないでしょう。外そうと思っても外れないでしょう。趣味が変わったら、トリムリングごと交換するしかない。というわけで、すっごく長くなってしまったけどセメダインの宣伝でした。
[2003年6月11日]

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re

はじめまして!お世話になります。
50Sへの
ヘッドライトのバイザーについて調べておりまして拝見しました...
取付け方法なのですが、どうしても上手くできません...
参考にして木槌で叩きレンズを割る始末です...泣
L字を加工(両面テープ、リムの突起)など要点は理解できますが、恐縮とは存じます
他の加工箇所などあるのでしょうか???
当方の場合、バイザー厚みがどうも難点のように感じます。
東京ベスパにも聞きましたが、私の技術不足かと嘆いております。
誠にお手数かと存じますが、教えて頂けませんか?
では、お待ちしております。
この度は、誠に有り難うございました。
では、宜しくお願い申し上げます。

Re

場末のブログへようこそ。
お返事遅くなりましてすみません。
バイザーですが、個体差も結構あるみたいで全然はまらない場合もあるようです。バイザーを挟みつつヘッドライトの上側を(ツメを合わせて)先にはめたら、ヘッドライトの下側のリムに太いマイナスドライバーなどを当てて、ドライバーの柄をハンマーでコツコツ叩いて地道に押し込んでいくしかないようです。
ただ本文に書きましたように無理に入れすぎるとヘッドライトカバー(ハンドル本体)自体に亀裂が入る場合もあるそうで…。
この方法で無理でしたら、バイザーのL字部分を完全に平らに均した上で、ヘッドライトカバーの内側(ヘッドライトの手前)に直に接着剤で固定するしかないかと思います。ET3の場合はトリムリングが付いているのでトリムリングの内側に接着しました。
エポキシ系接着剤でいけると思いますが、セメダインスーパーX2(速乾タイプ)が便利です。外したくなったらカッターナイフで接着部分を切っていけばわりと簡単に外せますが、普通に乗っていて外れることはまずないと思われます。
説明下手ですみません。
何かお役に立てることがあればまたいつでも聞いてください。
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。