スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えたストップランプ2

1月2x日

もうほんと、冬は絶対乗れないと思っていた頃に、具体的に想定されていた時期、冬真っ只中である。すっごく寒いけど無理して乗っている。乗るためだけに一着、それ用のちょっといいジャケットでも買おうかと思っていたけど、間に合わせで買った某有名メーカーの安いのが意外と使えて、そのうち冬が終わってしまったのだった。それはそうと、ブレーキランプがちゃんと点いてるか、よく確認しているわたくしです。前も書いたように、バルブが切れてても、50sや100みたいにフットブレーキを踏むとエンジンが止まるということはないのだけど。

で、ないのだけど、またまた、たまたま確認してみた。そしたら点かない。いや、今回の事態はもう少し複雑だ。ブレーキを踏んで、放しても、ランプが消えない。あれれー。ブレーキペダルを横からコツンと蹴ってやったらフッと消えた。と思ったら今度は踏んでも点かない。それの繰り返し。まさに、“点くと消えないし消えると点かない”状態。点かないのは怖いけど、消えないのも意味ないじゃん。それにバルブの寿命が急速にすり減っていく~。というわけでまたショップへ。

「あースイッチがおかしくなってますねー」だそうだ。扱いに問題があったのだろうか。こいつ、ブレーキペダルにわずかでも重さがかかるとランプが点く。前方に注意して足をペダルの上に準備しているだけのつもりでも、既に点いているかもしれないのだ。繊細なやつ。後から聞いたのだけど、ベスパのブレーキランプのスイッチって、ちょっとおもしろいんだね。ふつう、ランプが点くというと、接点がつながって電流が流れて点く、というイメージがあるけど、これの場合は、接点が離れると点く仕組みらしい。ブレーキってストローク量があるから、ちょっと踏んでもぎゅっと踏んでも同じように点くためには、その方が合理的だよな、たしかに。

で、修理はというと、繊細だけに簡単じゃないらしい。ちょっと時間かかるからどっかで暇つぶしてきてーと言われる。というのも先生はSUZUKI ADDRESS V100(強制空冷2サイクル単気筒99cc、低地燃費43.0km/L(60km/h))の整備の途中で、その分もあるのだけど。で、仕方なく某大手古本屋まで歩いたのだが、行ってびっくり、何と『ベスパ! ビバーチェ』(スタジオ タック クリエイティブ発行)の某号が相場の1/3くらいの価格で出ている~。地獄で仏に会うとはこういうことを言うのではない。しかし、買い叩くだけあってさすがに安いなぁ。というわけで、浮かれている間にあっさり(だったかどうかは知らないが)直ってしまいましたと。原因も不明のままだ。
[2003年4月19日]

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。