スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシー飛び出す

とある主要道路を走っていたのだけど、そこは緩やかな下り坂で、長~いストレートなわけ。で、交通量も少ないし(渋滞してることが多いけどその時はたまたま)、気持ちよく走ってたのです。そしたら、

路駐のクルマの隙間(細い路地)からタクシーがにょにょにょーっと出てきた。俺、急ブレーキ。ベスパ、後輪ロック。キュオオオォォォ~。

あーもう確実にぶつかったなと一瞬思いましたね。しかし、タクシー君が気付いてカックンと停まってくれたおかげで、私はブレーキを解除して見事な操舵術で(言うだけなら自由である)、タクシーのフロントバンパーすれすれを通過することができたのである。

タクシー君は、私に「スマン」と片手をあげてみせる余裕も見せていた。まったく、私が後輪ロックさせて激しいスリップ音キュオオオォォォを立てたからよかったものの、ABSでもついてた日にゃあ気付くのが遅れて本当にぶつかってたとこだぞ。いや、もしABSがついてたら、そもそもあのタイミングでも余裕で停止or回避できたかもしれん。難しいところだ。
[2005年4月6日]

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。