スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四代目プリウスはカッコイイ! のか

いま国産車のデザインで一番とんがってるのはトヨタだ。これは間違いない。カッコイイかどうかはさておき。CMも(観てないけど)際どい言葉選びをしているとか。大手だからできる余裕なのか、大手だからこそ必要な攻めの姿勢なのか、そのへんは知らん。

で、そんなとんがったデザインの新型プリウスが発表されたとき、ネット()ではネガティブな意見が色々言われていたみたいだけど、たしかに、街中に溢れかえることが確定している車のデザインがこんなにアレしてると、街の景観自体が変わってしまうんじゃないかという気がしないでもない。そのくらいインパクトはあった。別に「新しい」わけではなく、流れ的にはキープコンセプトというか、あくまで発展形に過ぎないのに。

ただ、その姿勢には感嘆するものの、個人的に好きかと言われたら、どこからどう見てもカッコよくは思えなくて。否、細部に目を向ければ特定のパーツや角度では良い部分もあるが、クルマとして全体を見ると完全にバランスが崩壊しているというか。これが一番売れるクルマなのだから、自分の感覚がよほど人様とずれてるんだろうなというか、ずれてる以前に感性に乏しいのは自覚しているが、それは置いといて、何がそう思わせるのか。何が問題なのか。

これを見た瞬間、すべての謎が解けた。

プリウスのプルバックミニカー 期間中に試乗予約をするともらえる!キャンペーンをやってた、プルバックミニカー。超カッコイイ!これのためだけに試乗申込みそうになった(さすがにしない)。忠実に再現されたつり目超絶ブサイク顔はともかくとして、全体のラインというか、まとまり感は、すごく良い。ちょっとデフォルメしただけで、なぜこうも実車と印象が違うのか。

それは、リアタイヤの大きさ。新型プリウスは、バカの一つ覚え的に今どきのクルマの絶対条件となってしまっている感のある「ウェッジシェイプ」を極限まで強調したようなラインで、後方のショルダーライン(?)は見上げるほど高い。しかしながら、燃費世界一という宿命を背負ったエコカーの避けられない点として、タイヤはあまり大きくない。結果として、リアタイヤ上の空間が東京ドーム何個分だよというくらいにだだっ広く、間延びしてしまっている。プリウスは国産車にしては珍しくタイヤハウスのクリアランスが狭い(たぶん空気抵抗低減のためだろう)から、余計にそう見えるのかも。更には、後部座席やラゲッジスペースを稼ぐためか、そのままリア全体が不自然に膨張しているから、なおさらリアタイヤの貧弱さが強調されて、見ていて不安になる。

プルバックミニカーは極端に大きな後輪のおかげで、そのアンバランスさが見事に解消され、むしろ見事に均整が取れて、カッコよく見えるのだ、きっと。本来ウェッジシェイプというのは、こういう後ろ足で強く大地を蹴るような足回り(後輪駆動じゃなきゃだめとは言わないけど)と合わさって初めて仕事をするデザインであって、FFのエコカーとは、空気抵抗の点はさておき、相性が良くない。デザイナー的には、本当ならこういう感じをイメージして線を引いたのではないだろうか。その理想の尻上がりラインと、現実のちんまりタイヤが出会ったことで悪夢が始まったと。荷室の不自然な膨らみだって、デザイナーが引いた線を、「もうちょっと荷室を確保したいな」って勝手にちょっと引き延ばして設計したんじゃないのっていう。デザイナーも本心では「コレジャナイ」と思ってたりして。

これは、DTMとかを走ったアルファ155 V6TIはカッコイイのに、市販の155が極めてカッコワルイのと同じ理屈だ。そう考えると、国産車のデザインもようやく155とかクーペフィアットとかの時代のイタリアンデザインに(20年遅れで)追いついてきたか、と感慨深い。いや実際当時のこともデザインのこともよく知らないんだけどとりあえず偉そうに言わないといけないかなと。

空力のためなのかリアのルーフライン(というか一応分類的にはセダンらしいからトランクか?)を高く保ちつつ、リアスポイラーの下側までガラスにして後方視界を確保したデザイン(初代インサイトとかもそうだったし決してプリウスオリジナルのものではないが)は良いと思うので(実際の後方視界は良くないらしいけど)、どこまでもウェッジシェイプに頼らずに、広いガラスエリアを確保しつつも自然にルーフラインを高く保つようなデザインをいい加減作り出せよと思う。ウェッジシェイプが流行して何十年経つと思ってるのか。

GT300のプリウスGT 2015年のスーパーGT最終戦(GT300クラス)で、チートかよと思うほど圧倒的な速さを見せて優勝したプリウスGT。これは先代プリウスのデザインがモチーフだし全然ウェッジシェイプじゃないけど、なんとまあカッコイイこと。きっと新型プリウスをモチーフに作り直したら、もっともっと超絶カッコイイマシンになるに違いない。GT500クラスの、市販前から古くさくなってしまったNSXなんて裸足で逃げ出すことだろう。「レースカーになってもカッコイイ」ではなく、「レースカーにならないとカッコワルイ」デザインなのが残念なところだ。

……と思ったらオートサロンで既に公開されてた。案の定カッコイイ仕上がり。もうこれLFAで良くないかと思わなくもないが。

レースカーもエコカーも、空力特性が大事という点では共通しているので(レースカーはダウンフォースが大事だから違うか)、自然に「カッコイイ」と思えるラインには、両者に共通したものもあるはず。けど、それでもエコカーに求められる「カッコよさ」って、これじゃないと思うのだ。保守的になれと言っているのでなく、攻める方向が間違っている。そう考えると四代目プリウスは、二代目三代目のデザイン的な流れに、「ウェッジシェイプ」とか「つり目」とか今どき(?)のディテールを強調して乗っけただけの、案外保守的な成り立ちなのかもしれない。

それにしても、二代目以降のプリウスというクルマは、一方ではエコカーの代表として営業車にも使われつつ、一方ではエコカーの代表のくせにローダウンして大径ホイール履いてイルミギラギラみたいなカスタム厨にも愛されつつ、という離れ業をたったひとつのボディシェイプでこなしちゃってるのだから、これはもう神車としか言えないでしょう。世界一足が速い弁護士みたいな。

でも、どうせそれだけ台数出るのだし、大企業で体力あるし、販売チャネルもいっぱいあるのだから、同一プラットフォームで違うバリエーション出せばいいのに。アルヴェルとかノアヴォクァイアのレベルじゃなく、かたや一般層向けの究極のエコカー、かたや燃費は半分だけど(それでも20km/L(カタログ値)!)威圧感重視のワイドフェンダーで20インチでも履けちゃうようなカスタムベースになりうるやつ、あるいはモーターに鞭を入れてスポーツカーも真っ青の加速(それでも20km/L(カタログ値)!)とパドルシフト付きのとかでも。…書いてて絶対売れないのが分かって悲しい。そもそもバリエーション作らなくても売れるならわざわざコスト掛けてバリエーション作るわけないし。

今見ると地味だけど、やっぱり二代目のデザインが一番良かったな。タマゴ型と流線型のバランスが絶妙だった。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

酷いデザインですよね

新型プリウスについては、私も同じく?なデザインだと思います。エコ(地球に優しい)が売りの車のはずなのに、こんなにいかつい挑戦的な顔にしてどうするんでしょうか?

ttp://matome.naver.jp/odai/2135943114219532401
ただでさえプリウス乗りの評判は良くないし、現に事故率も高い車なのに、それを煽る様な顔にする理由が分かりません。デミオやアクセラみたいな強面を意識したのかもしれませんが、こんな人相の悪いプリウスはどう見てもおかしいでしょう。
私も、2代目が一番プリウスらしいと感じます。穏やかですよね。まあ、それでマナーが改善されている訳では全然無いんですが・・・。

ttp://blog.minouche.jp/article/132295601.html
こういう懸念もされているので、個人的にプリウスはいらんです。

再びコメントありがとうございます。
なるべく柔らかく書いたつもりですが、まあ、そうですよね。わざわざ文章に残す程度には関心を持っている車なのですが(←フォロー)。
プリウスの運転マナーが酷いと感じるのは、単に台数が多く出ているから比率的にそうなるだけだ、という意見もありますが、個人的に、路上で暴行事件の被害にあったときの犯人も、無謀な運転でぶつけられそうになった相手も、(詳細省きますが)目が合っただけで「なんだコノヤロ!」と怒鳴りつけてきたオッサンも、みんなプリウスに乗っていました。もうこれは何かあるとしか思えません。
高速で追い越し車線を120km/hくらいでかっ飛んでいく車も、プロボックス…ではなく現実はプリウスが多いですね。

トヨタからしてみれば、そういった気質の人が買う車なのだから、そういう人種に好まれるデザインにしたというだけで、商売上手というか、マーケティング上の当然の結果、なのかもしれません。

プリウスは(バッテリーの製造や廃棄などで?)環境負荷が高いから全然エコじゃないという話も聞きますが、電磁波の問題なんていうのも懸念されているのですね…知りませんでした。個人的には、ハイブリッド車の横にいるときの「キィーン」「ヒィーン」という超高音が苦手です(インバータ音?)。ハイブリッド車に限ったものでもないようですが、それだけでハイブリッド車は要らんと思いました。
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。