スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セラサンマルコ マントラ 塗装

チネ夫に、「Selle San Marco Mantra Racing」を。それも、「RED HOOK CRIT」というイベントのロゴが入った限定バージョン。

RED HOOK CRIT

ていうかRED HOOK CRITって、よく知らないけどピストというかフィクストギアのバイクでやる市街地クリテリウムレースでしょ?その名前を冠したサドルなんて、クロモリヴィンテージフレームにはあまりにも不似合いじゃないか?なんて別に気にしないのだけど、伝統のスーパーコルサの名を捨てて、(当時の感覚での)モダンなカラーリングを採り入れて生まれ変わろうとした(失敗しているように見えるが)プロアドバンテージだけあって、ポップ(か?)なデザインのこのサドルも違和感なく受け入れている。かどうかは知らないけど、まあ、チネリはRED HOOK CRITのスポンサーのようだし、良いでしょう。

けど、とにもかくにも黒いサドルが好きじゃないので、というか黒が好きじゃないので、黒感を少しでも緩和するためにどうにかしたいなーと思い、塗装を敢行。

マントラレーシング 一部塗装 外せるだけの樹脂パーツ(ノーズ裏側のプレート、センター穴に渡されたブリッジのカバー、後部中央のロゴが入った部分から裏側レール付け根までを覆うプレート)を外して、スプレーで赤く塗装。本当はソリッドのレッドで塗るはずだったが、使いかけのスプレーだったため途中で足りなくなってしまい、たまたま持っていたメタリックレッドを重ね塗りしたので、無駄にメタリックしている。前と後ろのパーツはネジ(ヘックスローブT10)で留まってるだけ。中央は接着されてるけど、こじれば簡単に取れる。ちなみにぜんぶ単なる装飾部品なので、グラム単位の軽量化に命を掛けてるような人だったらこれらを外さない理由はない。

マントラレーシング 一部塗装2 上塗りには、贅沢に2液ウレタンクリアを使用。他のものを塗るついでに塗っただけだけど。2液ウレタンって基本的に1日で使い切っちゃわないといけないので、細かなものを塗る場合は、ぜんぶ同時に作業する必要がある。貧乏性なので、ちょっと使って残りはポイ、というのができない。ともかく、ウレタンらしい美しい艶とともに、汗が垂れようがガソリンが垂れようが溶けない強固な塗膜が出来上がった。ノーズ裏側のプレートなんかはサドルを引っ掛けるタイプのスタンドに置いたりしてるとすぐにはげてしまいそうなので、塗るならウレタンだろうと。

マントラレーシング 一部塗装3 横から見ると地味~な変化だけど、後ろから見上げるとワンポイントとしてしっかり機能している。現実にはこんな角度から見る/見られることなんてまずないのだが。それこそサドルを引っ掛けるタイプのスタンドに置いてるときくらいか。メーカーも限定モデルとかでこの部分を塗装したバージョンを出したり、別売りでカラーパーツを発売したり…しないだろうなあ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。