スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車通行帯

某公園近くの、片側一車線なのに甲州街道より広そうな道。

超広い自転車通行帯 久々に通り掛かったら、鬼幅広な自転車通行帯ができていた。やったー!自転車乗り歓喜!…と言いたいところだが、ここまで幅を広く取る必要あんの?朝の通勤時間帯に一昔前の中国みたいにものすごい数の自転車が湧くのか分からないが、これでは自転車での並走を許可しているとしか思えないし、もしくは、対面通行というか双方向に通行可と勘違いされても仕方がない。案の定、堂々と逆走する自転車が多く見られた。まあこれだけ広ければ自転車で逆走されても自動車には何の害もないのだが、自転車同士の正面衝突は必至だ。

自転車通行帯にプリウス それに、こんなに広く塗り分けたら、駐車エリアだと勘違いした黒プリウスが自転車通行帯を塞ぐに決まってるじゃないか。(知らないけど)こんなに面積が広いと塗り分け費用や維持費だって馬鹿にならないだろうし。行政は馬鹿しかなれないのか?

縁石から、自転車1台が安全に通行できるけど並走はできないくらいの幅を自転車専用レーンにして、排水溝というのか路肩のコンクリート部分を除いて青く塗れば、青い帯を引く程度で済むし(あるいはレーンの左右に2本の青い線を引いて中央は塗らないという方法もあり、実際に採用もされている…ここまで幅が広いと左右に青線を引いただけではたぶん認識されない)、路駐が後を絶たない場合は、ポツリポツリとオレンジのポールでも立てて自動車が寄せづらい雰囲気を作ってやれば、レーンを完全に塞いで駐車されちゃう率も減るだろう。これだけ幅員があるんだし、片側に(自転車レーンを空けて)停車中の車両がいても自動車がすれ違えるくらいの幅(つまり約3車線分)は自動車のために残してもいいのではないか。仮に駐車禁止であったとしても、配達などのはたらくくるまもいるのだし、人の乗り降りなどで停車することはあるだろう。現状では、自転車レーンに入らずに停車したら即後ろがつっかえて渋滞になるし、自転車レーンに入って停車したら自転車の通行を妨げるばかりか寄せる際に前方不注意の自転車を巻き込む危険が大きい。

こんなにも無駄に車道を狭めて自動車を虐げることもあるまい。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。