スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッテリー上がり

購入時から付いてるバッテリー。ペンでH20年ン月と書いてあるものだから、どっかで何か見てもらう度に「バッテリー古いから交換した方がいいですよ」としきりに勧められていた。Dラーで勧められるままに出してもらった車検の見積りでは当然交換すべしとしてバッテリー代がきっちり含まれていた。そもそも納車時にも、バッテリーは今のところ大丈夫だけどもしかしたら早めに替えといた方がいいかもしんない、とは言われていた。最近の(?)バッテリーは何の予兆もなく突然死するから、古くなったら予防的に交換しよう、という風潮もあるっぽい。

それがオルタネーター故障で一度バッテリー上がりを体験したわけだから(オルタネーター交換時もバッテリーは充電しただけ)、かなり弱ってるのは間違いないだろう。連休には遠出もするし、その前に交換しようかなあと物色はしていたものの、結局買わないまま、連休の遠出(往復700km超)を無事乗り切った。そのわずか数日後。

朝エンジン掛けようとしたら、セルが「クォン」くらいしか回らなかった。2回めは「ウ」すら言わない。前回乗ったときは何ともなかったのに。やはり急に来るのね。まさに突然死。珍しく数日間乗らなかったのがダメだったか。

ただ、オルタネーター交換して1ヶ月弱、もしかしてもしかするとオルタの初期不良とかいう可能性がゼロではないかも?ということで、念のためジャンプスタート&電圧チェックをしてもらった。結果、オルタは問題ない模様。おそらくバッテリーが寿命なのだろう、仮に充電しても数日乗らないとまたすぐ上がっちゃう状態では、ということだった。

そういえば何だかんだでブースターケーブルを持たないまま今まで生きてきたので、何を思ったのか、せっかく始動してもらったんだし、バッテリーの充電がてらブースターケーブルを買いに行こう、なんて考えてしまった。出掛けるならライトを点けない日中、目的地がカー用品店なら、例え帰りにセルが回らなくてもその場でジャンプスタートしてもらえるし。というわけで回転上げ上げで走り出した。

もしエンストしたら本物の立ち往生だ。自然と半クラが多めになる…と言いたいところだけど全然ふつうに走れた。危機感のない自分。そして20分前後のドライブの末、カー用品店に到着。さすがにまだ充電できてないかなーと思いつつもエンジンを切り、買い物をする。ブースターケーブルなんてどうせ一生で何度も使うことはないだろうし、安物で十分。牽引ロープとかとセットのやつを買っておいた。

で、買い物を終えて駐車場へ戻り、いざエンジン始動。「くお……おん…おん…おんブオン!!」…かろうじて掛かるというのはこういう状態を言うのだろう。これはもうダメだ。次にどこか寄り道してエンジン切ったらもう掛かる気がしない。さっさと帰ろう。

復路にもドラマはなくて、無事帰還。バッテリー買うまでしばし眠っててもらおう。

--
ところで、ブースターケーブルのつなぎ方。「死にプラ・生きプラ・生きマイ・アース」という覚え方を「ボルト&ナット」か何かで見て知っていたが、いざ思い出そうとすると、あれ?死にプラだっけ?生きプラだっけ?死にマイだっけ?生きマイだっけ??と分からなくなって結局ネットで調べる、という現象に困っていた。そこで、

「に」を抜いて、「死プラ生きプラ、生きマイアース」と覚えることにした。七七調になるし。「シプラ」という語呂さえ思い出せれば、もう大丈夫。シプラ。

…まあ、ブースターケーブルのパッケージにつなぎ方書いてあるんだけどさ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。