スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMC CDA 130 取り付け

プントから取り外して放置してたBMCのCDA(カーボンダイナミックエアボックス)。売っちゃおうかと思ってたけど、しっかりクリーニングした状態で保管してたし、せっかくだからと147に付けてみた。

汎用のCDAには130と150があって、これは130(…だったと思う)。メーカーの適合では、排気量1600cc以下は130、1600cc以上は150を選んでね、となっていて、147の2.0TSはもちろん、プントHGTも本来は150の適合車種に入っている。けど、国内ではなぜか159の2.2JTSに130を付けてる例もあるみたいだし、謎。まあ速さを求めるわけじゃないからとりあえず試しに付けてみましょ、という感じで。いいのかなあこんなんで。

作業中の写真はないけど、ノーマルのエアクリを外すのに苦労した。ジャッキアップもせず上からよく見えないまま手探りの作業だったから、ヒューズボックスの下にネジがあるなんて知らなかったんだもん…(破壊した)。ゴムブッシュ挟んでたから完全固定じゃなくグラグラしてたからちょっと引っ掛かってるだけだと思ったんだもん…。最終的にそのネジを利用してエアボックスを固定するわけだが。結局さすがに上からじゃ取り出すのは無理だったのでバンパーは外した。

BMC CDA 130 取り回しには色々な方法があるみたいだが、「なるべくエンジンの熱の影響のないところから吸気した方がいい」という話を聞いたので、正解かどうか分からないけどエンジンから遠ざける方向にヒューズボックスの下にエアボックスを配置し、(雨の日に路面からの水を吸わないように)入り口側のホースを再び上側に持ち上げて、左フェンダーの内側(セレスピード車だとセレオイルのリザーブタンクがあるあたり?)に吸気口を設置。元々純正エアボックスだと吸気口(レゾネーターの入口)がこのへんにあるから、空気の流れ的には純正に倣った感じ。プントのときみたいにグリルから直接吸気だとフィルタ清掃の頻度が上がりそうなのでこうしてみたけど、意味があるのかないのか、良いのか悪いのか、何も分かりません。エアボックスをエンジンの真ん前、遮熱板の上あたりに設置した方が、見た目的にはイイんだけど、やってる人見ませんね。

とりあえず巨大な箱型エアボックスが細身のCDAに置き換わったので、左バンパー内側がスッカスカになった。シンプルなことは良いことだ。元からアンダーカバーが付いてないのでエンジンルームから路面がよく見えます。それ以外の違いは…よく分からん。マフラーの排気音の存在感が圧倒的にでかいので、吸気音が変わったのも意識しなければ分からないし、窓開けないと全く分からない。加速の伸びとか中低速のトルク感も、良くも悪くも変わったんだか変わってないんだか、全く違いが分からん。

いいのかなあこんなんで。本当に。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。