スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイマウントストップランプLED化

147のハイマウントストップランプは、よくあるT10ではなく、T5という小さいバルブ(そのへんで売ってるのは1.2Wみたいだけど指定は2.3Wのようだ)が横に10個も並んでいるという意味不明の構造。LEDが当たり前になってからはハイマウントは細いのが普通だけど、当時ここまで細くて横長のレンズを実現するにはこうするしかなかったのかも。

で、このレンズ、バルブの熱で容赦なく溶けます。さすがのイタリアンクオリティ。それがイヤでLED化。まず最初に、予備的な意味も含めて、あらかじめLED化された中古のハイマウントをユニットごと購入。しかし、中を見ると、正面に向けてSMDが1灯だけのバルブが付いていた。これでは当然リフレクタに全く光が当たらず、点でしか光らない。ポジション球を後からLEDに変更してて、ポジション灯のレンズ面積は広いのに「ポツン」と点でしか光ってないタクシーとかを見るたびに残念な気分になる私としてはこんなもの許せるはずもない。仕方なく、正面と左右でSMD3灯のT5バルブを別途購入。

147ハイマウントストップランプをLEDに 左3個がノーマルのT5バルブ、右3個が正面1灯のみのSMD、真ん中4個が正面左右3灯のSMD。リフレクタに光を当てることがいかに重要かよく分かるでしょう。写真は9V電池で発光してるのでLEDの方が明るいが、実際に車につないで光らせると2.3Wバルブの方がまだ明るい(はず)。

私は、LEDで1個1個がポチポチと光っているのがものすごく嫌いなので(LEDが流行りだした頃のテールランプって、社外品も純正品も、ひたすらLEDを正面に向けてずらっと並べてるのばかりだったでしょ、あれが気持ち悪くて一番嫌い。最近は点ではなく線や面で発光させるのが急激に増えてきたが)、なるべくレンズ全体が均一に光ってほしい。そういう意味ではこれでもまだ満足いかないので、こんどはCOBとかいうやつを埋め込んでみようと計画するのである。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。