スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアコンユニット交換…のつもりが

ダイアルのクリック感がなくなってしまっているエアコンスイッチ、当初はアッセンブリー交換で対処しようと思い、中古パーツを買ってみたのだが。

エアコンユニットには右ハン・左ハンの区別がある どうせ同じだろと思いテキトーに買ったのだが、車体から取り外したものと比べると、「DX」「SX」の文字が。DXは右ハンドル、SXは左ハンドルを指す(イタリア語のDestroとSinistroだけどXは知らん)。どっちもスイッチの配置は同じだし、一体何が違うの?どうせ中身は一緒なんでしょ?と思い、交換してみたのだが…

147のデュアルゾーンフルオートエアコン やってみてびっくり。交換しても表示も正常だし操作も問題なくできるし、一見今までと同じように動いているように見えるのだが、なんと一点だけ、左ダイアル下部の「MONO」ボタンの動作が違っていた。147はデュアルゾーンエアコンなので、左右独立で温度を設定できるのだが、「MONO」ボタンを押すと、MONOモードになり、左右の設定温度が同じになる。…のだけど、左右の設定温度が違う状態でこの「MONO」ボタンを押したとき、どちらの温度に統合されるか、という点だけが違っていた。左ハンドル車用ユニットの場合は左側の設定温度、右ハン用では右、つまり運転席側がそれぞれ優先される(あと、MONOモードの状態で、運転席側のダイアルを回すと左右一緒に温度が変わり、助手席側のダイアルを回すとMONOモードが解除されて助手席側の温度だけが変わる)。

なんじゃそりゃあ、である。そんな芸が細かい気配りできるのだったら、右ダイアルと左ダイアルのボタン配置まるごと逆にするくらいの芸当してくれてもいいじゃんね(コンプレッサーのON/OFF、オートボタン、MONOボタンが左側、前後のデフォッガー(フルオートエアコンだと窓が曇ることなんてまずない)、外気/内気切替が右側、というのは、たぶん使用頻度を考慮して左ハンドル車用に設計したものだろう…?)。まあ別に大して変わらんしそこまでする必要ないじゃん、というのなら、いっそ完全に同じにしてちゃって、「右ハンドル車の場合は、MONOボタンを押すと助手席の設定温度が優先されますよ、MONOモード中は助手席側ダイヤルで操作してくださいよ、運転席側を回すと解除されちゃいますよ、これは仕様ですよ」と言い張っても、イギリス人は許してくれそうな気がする。一般的な日本人は許さないだろうが、わざわざ好き好んでイタリア車に乗るような日本人は却って喜ぶ可能性もある。

それと、147はメインコンピュータと各部コンピュータが同期して動いており、エアコンユニットもその「各部コンピュータ」の一員なので、これをユニットごと交換してしまうと、IDが変わるんだかなんだか知らないが同期が取れなくなるとかで、メインコンピュータが「余所者が混じってる!」と判断し、エラーを出す。具体的には、オドメーターが点滅を始める(ただし操作は問題なくできる)。メーターは常に視界に入るので、これは何気にうざい。このエラーはエグザミナーをつないで操作してやらないと消えないらしい。

そんなこんなで、ユニットごと交換は諦めて、分解してダイアル部だけ修理することになった、という流れ。あるいは基盤入れ替えで済ますか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。