スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

147 ワンオフ ショートシフター(クイックシフト) 製作

147は購入時からシフトレバーがグラグラのグニャグニャで何速に入ってるのか分からねーよ状態(言い過ぎ)だったのだが、試しにシフトノブを上に引っ張ってみると、ロッド全体がガコッと数ミリ持ち上がることが発覚。明らかにピボットボール(って言うのかどうか知らないが)にガタがあるじゃないか。どうもボール部を保持する部品のツメが折れるだかしてしっかり保持できなくなっているらしかった。交換のついでにクイックシフト化。ついでというか、元々やるつもりだったので、良い言い訳になった。

ワンオフショートシフターとノーマル 用意したのは…ってもう加工後の完成品なのだが、147GTA(6速)の中古パーツ。画像左。GTAのシフターは、ベース部と、ピボットを保持する上部とが別パーツになっている。この間に部品を噛ませて底上げし、かつロッド下端、ワイヤーとの接続部に部品を追加することで長さを延長するクイックシフトキットなるものが市販されていたようだが、今回は同じ要領で自作。画像右はTS(5速)から外したものだが、ベースとピボットが一体になっており、これだと加工するのが難しい。しかしこのパーツ、どこかで見た気が。TSのはプント2と共通のような気がする。ちなみにGTAとTSの部品の形状が違うらしいことは画像レベルでは知っていたが、互換の確認とか一切取らずに部品調達から加工まで済ませてしまった。我ながらなかなかの無鉄砲さである。

ピボットより下を延長して溶接 ピボットから下のロッドは一旦切断して間に棒切れとか板切れとかを挟んで延長して溶接。今回は縦も横も延長。プントの時はここの溶接が折れて出先でギア変えられなくなって困ったという地味に大変な事件があったので、今回はかなりガッチリと溶接してもらった。延長する長さもちゃんと計算して決めたんだけど、何ミリだったか忘れちゃった。元がかなりロングストロークだから、ノーマル比40%とか、やりすぎなくらいショートストローク化する設計に。ただシフト操作が極端に重くなるので、やりすぎは良くないですよ。

しかも単に延長するだけじゃなく、ニュートラルの位置が少し前に移動するように微妙に角度を付けている。ノーマルと比べて3速時のシフトノブの位置をほぼ変えないまま、ニュートラルの位置が少し前進し、4速の位置が更に前進するような位置関係にしたかったので。このへんは現物合わせで微調整。たぶんシフトワイヤーの張りでも調整できるんだけど。ベースの穴はロッドの動きと干渉しそうだったので、あらかじめ目分量で拡大してある。

アルミ片でピボットを持ち上げる ピボット部はアルミ角棒とアルミ板で30mmくらい底上げしている。少しでも剛性をと思ってアルミにしたけど、ベースが樹脂だから期待できません。あと画像を見て分かるとおり、シフトワイヤーが通る穴(アウターワイヤーを受けるところ)の大きさが、実はTSとGTAでは全然違うことが、交換作業の途中になって発覚。GTAの方が穴が一回り小さい。シフトワイヤーごとGTA用のに引き直すのは大変だし、ミッション側のリンク形状が違ったらアウトなので、リューターで削って穴の大きさを揃えて、シフトワイヤーはそのまま使用した。とりあえず穴の大きさが逆じゃなくてよかった。

シフトノブの位置はあまり変わらん ピボットがだいぶ底上げされているけど、GTAの方が上側ロッドが元々少し短い(ショートストローク設計?)ようなので、ロッド上端の位置(≒シフトノブの高さ)はそれほど伸びていない。15~20mmくらいかな?シフトノブの高さもノーマルより高くしたかったので、これはカットしたりせずそのまま。カットすると更にショートストロークにすることもできるが、そんなことをしたら右手が異常に鍛えられるかその前に腱鞘炎になるかだろう。

で、プントもだけど、147もやっぱり、このシフトアッセンブリーを交換するには、車両の下側からアクセスしないといけない。車をリフトアップして、センターマフラー(触媒もだったかな)を外して、遮熱板を外すと、遮熱板の上にくっついた状態で縦長の鉄板があって、シフトアッシーはそこに固定されている。しかもこの板にサイドブレーキレバーも一緒にくっついていて、ボルトを外してもシフトとサイドのワイヤーで支えられて宙ぶらりん状態で落ちてこないから、外すのが地味に大変。二人がかりでどうにか交換完了。アルファもさぁ、シフトアッシーくらい素直に車内のフロアにポンと設置しておいてくれれば、センターコンソールを外すだけで交換できるのに。さすがイタリアである。

加工ベースのパーツ入手・ピボットの底上げは自分で。それを持ってユーロ~へ行き、長さを指定してロッドの延長・溶接を依頼。出来上がった頃に再度訪れて、交換作業は部分的に手伝いながらやってもらう、という流れだった。わりと大変だったけど、市販のシフターを買うよりは安価で、ストロークも市販より短くなった…はず。こんなイレギュラーな作業を引き受けてくれるユーロ~に感謝。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。