スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PWスイッチのベタつき対策

147が納車されて真っ先にやったこと。パワーウィンドウスイッチのベタつき落とし。この車種に乗っている人が必ず通る道。何せ納車時はベタベタが極限を通り越して触ることもできなかったから。前オーナーは手放す瞬間までどうやってこの状況に耐えたのだろうか。

納車後のリフレッシュ整備で入庫するときにスイッチだけ外して持ち帰っての作業。

パワーウィンドウスイッチのベタベタ落とし後 落とし方。マジックリン(?)を掛けてしばらく放置して、スポンジで軽くこすっただけ。あっさりと落ちた。このベタつきは程度が進行しているほど簡単に落ちる。少しペタペタするなぁくらいの状態から対策するほうが大変だ。まあ簡単に落ちたのはいいのだが、運転席側は「L←・→R」の文字をイルミで光らせるために、元々白い板を文字部分を除いて黒く塗装している。ので、ベタベタを落とすと黒色塗装の地が見えた状態になる。ところが助手席側は文字がないので最初から黒い樹脂だ。しかもどうやらこっちはベタベタ化が末期までは進行していなかったらしく、表面のソフト塗装のうちベタベタ化した部分だけが落ちて、元のソフト塗装っぽい部分が顔を出したから、つや消し仕上げになってしまった。これでは左右で質感に差がありすぎる。

パワーウィンドウスイッチの塗装後 ので、上からクリア塗装した。ウレタンクリアがもったいなかったのでシャシークリアで。ただクリアを吹いただけだけど左右とも同じ色合いになった。後にウレタンクリアを重ね塗りして失敗することになるのだがまあそれはそれで。

これで安心して(異音が発生している)パワーウィンドウを操作できる。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。