スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名義変更

毎度のことながら147の名義変更も自分で。もう3回目だから慣れっこ…と言いたいところだが、数年ぶりになるわけで。書類の書き方とか、覚えてるわけがない。結局毎回調べながらになっちゃうんだよね。

今回いつもと違うことは、並行輸入車のため、型式が「不明」となっていること。知らないと異様な感じがするけど(知らなかったから異様な感じがした)、書類上そうなっているってだけで、日常的に困ることがあるわけではない。任意保険に入る時にオンラインで完結しない(完全通販型自動車保険だと加入できないところが多い)から面倒だけど、別に改造車とかみたいな特殊な扱いになるわけでもなし、保険金額は同等車種の型式(この場合は当然正規輸入の147)と同じ扱いになるから、心配はいらない。

この個体特有の問題として、最初から社外品のタワーバーが装着されていたのだが、何を思ったかタワーバーのベース部分が完全に車台番号を隠す形状になっているのだ。なので、名義変更や車検で番号の確認が必要なときは、いちいちタワーバーの右側のベースを外さなければならない。しかも、右側のベースを外すには、17mmナット3本の他に、15mmのナットをひとつ外す必要が。15mmって…おい。その上若干奥まったところにあるから、ロングソケットとかエクステンションがないと届かない。当初15mmソケットなんて持ってなくて困った。15mmなんて自転車のペダルレンチでしか聞いたことがない数字だ。

これは後日談なのだが、Dラーで車検見積無料キャンペーンやってて、ぜひにって言うからお願いしたら、「タワーバーを外さないと車検に通りません。取り外し工賃8千円」みたいな項目があって笑った。なんで外さないといけないのかの理由は書いてなかったけど、後から聞いたら単に車台番号が見えないかららしい。

実際は…。検査場にて、ナットを途中まで緩めて、隙間にドライバーなんかを突っ込んでベースをほんのちょっとだけ浮かせて、「車台番号ここですー、この隙間から覗き込んでくださいー」ですんなり通った。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。