スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(自分にとっては)ロングライド

最近全然乗ってなかったのにうっかりイベントに申し込んじゃったために、いきなり120km超を走ることになってしまった。その反省メモ。

組んでからまだ300kmも走ってないチネ夫の実質デビュー戦なので、事前に軽くチェック。チェーンの清掃・オイル塗布(オイリング?言い方が分からん。オイルアップとは言わないよね、グリスアップは聞くけど)は面倒なのでパス。シートクランプの強度に不安がある疑惑で緩めにしか締めてなかったせいか前回20km弱走ったらコンマ5mmくらいサドル高が沈んだかも?という感じがしたのでわずかに締め直し。あとは出発前に空気を入れただけ。

そして走り出す。事前に見積もった距離と所要時間が甘かったようで、3分の1を走った時点で目的地到着のタイムリミットまでマージンがあまりないことが発覚。久々だからのんびり…とも言ってられなくなって頑張って漕いでたら、あろうことか足がつりそうになる。どんだけ運動不足なのかと。強く踏むとつりそうなので、騙し騙し、弱~いトルクでくるくる回す。それでも平地なら30km/h巡航くらいなら楽にできるんだなあ。普段はどれだけ無駄な力を使っているのかと改めて思い知らされる。

そうこうするうちに(正確には順序は逆)、ステム付近からときどきギシギシ音が鳴り始める。昔一時期悩まされ(そのときはステムとボトムブラケットの2つの原因が混在していたらしい)、それからずっと無縁だったのに。あれこれいじりつつ走り、ステムボルトが原因っぽいなというところまでは分かったけど、時間もないし、走るのに特に不都合もないので無視してそのまま走る。

かくして無事目的地に着いたものの、復路は走り切れる自信がない。かといって輪行袋は持ってきてないし、どっかで調達して電車で帰ろうにもその電車賃すら惜しいので、仕方なく気力で走り出す。目的地でもほぼ立ちっぱなし歩きっぱなしだったのも災いして、走り出した時点で脚がヘロヘロ。

しばらくしたら、硬い硬いと思っていたおニューのサドルが、案の定硬くて、お尻が痛くなり始める(レーパンというかインナーとの組み合わせで乗ったのは初めてだけど、普段着のときとだいぶ感覚変わるよね)。そしたら今度は左のペダルというかクリートから踏み込んだときにギュコッと変な音がし始める。で、もうフォームとかめちゃくちゃでまともな乗り方できてないのは分かっていながら無理してがむしゃらに力任せで漕いでたら今度は前科のある左膝が痛み始める。残りわずかなのでそのまま無理を通しちゃったけど。

そして120kmを超えてゴールが目の前に迫ったストレート。最後だから本気で踏むぞーという気はないけど、なんとなく下ハン持って普通に回してたら、こんなにヘロヘロの今にも倒れそうな状態でもやっぱり30km/hちょっとのスピードは楽に出る。つまりいつもは残りのエネルギー全部無駄になってるということだ。

反省。いつもは頑張って漕いでるつもりでただ無駄にエネルギーをロスしている。もう大丈夫と思っていた膝だけど、明らかにスムーズに回せてなくて脚が変な動きしてるよねーという状態で回し続けたらさすがに痛める。以前だったらちょっとハンドル遠いなーと思ってたくらいのポジションだけど手のひらも腕も肩も腰も問題なし。ハンドルポジションはやっぱりどんどん変わってく。荷物が重いといつも肩が死んでたが、リュックの背負い方や種類で肩への負担が全然変わる。やっぱりバックパックは良いものを買わないとダメだ。

自転車側の反省。ステムからの異音はクランプボルトの片方と、ウス引き上げボルトのグリスアップが不十分だったためらしい。なにせそろそろヴィンテージと分類しても差し支えなさそうな(いやネオクラシックくらいか)古いステムである、そのへんは新品以上に気遣いが必要だ。シートポストは、120km走ってやっぱりコンマ5mmくらい沈んでた。もうそんくらいいいんじゃないのとも思うが、イシダで教えてもらった方法を実践して組み直し。全体に塗っていたグリスをいったん落とし、固着防止のグリスはシートチューブの奥の方(クランプ付近より奥)だけに塗って、ポスト側には塗らない。チネ夫の独特な形状のクランプボルトはオリジナルを折っちゃったのでバイク用品で代用しているが、寸法をギリギリのところまで攻めすぎて、シートクランプが十分な締付け力を発揮する前に左右のボルトがナットの中でごっつんこしちゃてるかも疑惑が浮上したので、ネジの長さを0.5mmほど短くした上でトルクレンチで締め直し。

ペダルとクリートからの異音はというと…。ペダルは見た目なんともないなーと思ってクリートを見たら、あろうことかガムが詰まっていた。道端にガムを捨てるやつなんかゴミ未満の存在だしさっさと焼却処分されてしまえばいいと思うが、そんなことにも気づかずにいた自分も相当どうしようもない。というかその場で靴底を確認してみるくらいのこともできないような状態で公道を走るんなんて危険すぎるから今すぐやめてしまえ。

課題が見えたという点では良い一日だったが、かといって何かもっと上を目指しているというわけでもないので、この反省を生かす機会なんてあるのかどうか。で、じゃあこれ何のために書いたのか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。