スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春になったのでベスパの整備を/スタンドブーツ交換3

ちょっと前に乗ったらグリップシフトが途中から鬼のように固くなってしまった。原因は分かっている。バーエンドのウィンカーが固定されている内側パイプと、シフト操作で回転する外側パイプの摺動が悪くなって、内側パイプ(本来はヘッドライト裏側にあるストッパーで固定されているので回転しない)が一緒にろうとするためだ。それでローに入れる度に渾身の力で回してどうにか走っていたら、こんどはヘッドライトのロービームが切れた。ハロゲンバルブに交換してから、切れることなく随分と長持ちしたのだが、ついに、といった感じか。で、ベスパの常識、ヘッドライトが切れたということは、当然テールライトも切れたということだ。ヘッドライトは応急的にはハイビームで走ればいいのだが、テールはどうにもならない。ちょうど予備バルブも持っていなかったので、まさにヒヤヒヤの帰り道であった。ちなみにメーター球は更に前から切れっぱなしだったので関係ない。

で、春になったのでとにかくそろそろ整備をしないとなーと、溜まっていた課題をまとめてクリアすることに。まずグリップシフトの隙間という隙間からシリコンスプレーを吹きまくる。中に通っている配線や樹脂・ゴム部品を傷めないのでこれを使っているが、間に合わせの処置ながら劇的に改善する。次にバルブの交換。ヘッドライトは予備で持っていたハロゲンじゃないノーマルのバルブ(なんて呼ぶの?)に。外したハロゲン球を見てもフィラメントが切れているようには見えないのだが…試してもやっぱり点かない。交換したら点くようになったので配線の問題ではないし、切れているのだろう。テールはワット数も管の長さも標準と同じだけどガラスが異様に細い旧車用のダルマ球に(何が違うのか分からん)。メーター球は切れ対策用の3Wを入れてたけど標準の0.6Wにしてみた。

それから、ミラーがもげた直後に買い直して、でも交換が面倒で放置していたBummのシェル型フェンダーミラーを取り付けて、純正ミラーを外す。鏡の部分は以前作った球状のやつをそのまま移植。あれ、以前の記事だとこのミラーが生産終了になってる?今でも手に入るのだが?

スタンドブーツ交換最後に、底が抜けて完全に用をなさなくなっていたスタンドブーツを外し、これまた買って放置していた新しいスタンドブーツをはめる。パーツクリーナーを吹いてねじ込むとはめやすい…と思ったけど何もしなくてもはめることができた。懲りずにアジア産のホワイトブーツなので耐久性は期待できないが、壊れたらまた買えばいい。安いし。ちなみに前回の交換は(実は途中で交換してるのに忘れてるということがなければ)6年以上も前のことらしい。長持ちだなアジア製ホワイトブーツ。

さて、リフレッシュが完了したところで試走がてら買い物に。グリップシフトが軽くなって快適~。がしかし、汗ばむ陽気だった日中から一転、予想以上に寒くなり、薄着では耐えられなくなったのと、どこもかしこも渋滞で全然まともに走れなかったので、早々に戻ってきた。というか、交換したはずのメーター球が点いてねえ。配線に電気が来ていることは確認したのだけど、アース不良だろうか。こんなの初めてだ。→→後から調べたら薄~く点灯している。街灯の全くない田舎の真っ暗闇を走らない限りほぼ分からないくらいのかすかな光で。なんぞこれ…。

さて、こうしてちょっとした手入れで快適に走れるようになるのだが、ぼちぼちガレトミでオーバーホール的なことをするべきかなとも思っている。数年前から。クラッチがわずかにでも体感できる滑りを見せたら決行しようと決めているのだが、強化クラッチを入れてからワイヤーの張り調整以外ノーメンテで21,000km。まだ問題なく走れてます。大きなトラブルが起きないから踏ん切りがつかない。いっそクラッチが完全に滑るかワイヤーが切れるかするまで粘るか。

しかし、たまーにしか乗らないし整備もぐだぐだなのに、必要なときはちゃんと走ってくれて深刻なトラブルを全く起こさないコイツ、とても優秀な子。製造から25年経つとは思えん。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。