スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安いホイールインプレ キャノンデールの完成車付属

キャノンデール完成車付属ホイール

暫定的にキシリウムエキップを履いていたカンノンダレ?に、完成車外しのどうでもいい安ホイールを付けてみた。パーツやらホイールやらをグレードアップして、どう良くなったかをインプレしている人はたくさんいるけど、グレードダウンしてどう悪くなったかをインプレする人はあまり見かけないので、くだらないと思いつつも素人の主観インプレを書いてみる。

導入したのはXEROのC3というホイール。キャノンデールの何かの完成車に付いていたものらしい。左右のスポークがハブ側・リム側ともに横並びというデザインで、スポーク本数が少なくスッキリ見えるかな?と思って選んでみた。飛び抜けてカッコイイということはないけどまあまあじゃないでしょうか。フレ取りがやりやすい。と見せかけて左右のニップルが並んでるのでニップル回しが入れにくい。あとリムの形状が極めて四角っぽいのはどうなんだ。空気抵抗が大きそうというのはともかく絶対カッコ悪いのだけど何か意図があるのか。単にニップルを横に2個並べたかっただけなのか。

中古なのでハブの回転が微妙だけど気にしない。回すと前輪からカラカラと音がする。何かと思って振ってみたらバルブ穴からアルミの切削カスのようなものが出てきた。最初はリムにくっついてたのがしばらく走るうちに取れてカラカラ言い出したのだろう。さすが安物…。

重量は前後で2,100グラム以上。これまで重さを量ったホイールの中で最オモ。こんだけ重くなればさぞ違いが出るだろう、とも思いつつ、キシリウムと比べてペットボトル1本分も違わないわけだし別に変わらないんじゃ、とも思いつつ、試走に出かけようとすると…。車体を持った時点で、ああなんか重たいな、と感じる。プラシーボ効果恐るべし。

さて走り出す。予想通り、大して変わらない。加速が多少重いかな?という感じがしないでもないが(重さのせいなのかハブの回転のせいなのかは分からん)、巡航速度に達してしまえば何の違いも感じない。それよりも、はっきりと違いを認識したのは、「硬さ」。どう考えてもキシリウムより乗り心地が悪い。もうガッタガタ。ミケ(クロモリフレーム&クロモリフォーク)とカンノンダレ(アルミフレーム&カーボンフォーク)の差を1としたら、キシリウムとゼロC3の差は(方向性が違うけど)15くらいある。特に路面が荒れたときのガタガタの伝わり方はひどい。スポークテンションがそんなに違うとは思えないし、本数はむしろ増えてるしフロントもクロス組みだし(キシリウムはフロントとリアのフリー側がラジアル)、なぜこんなに違うのか。

あと、謎なのは、なぜか直進安定性が落ちた感じがした。それもわりと極端に。車体はおろかタイヤもチューブもそのまま移植で空気圧も何も変更していないので、純粋にホイールだけの差のはずなのだが、なぜホイールによって直進性が変わるのか、さっぱり意味が分からない。風の強い日だったが、リムハイトはほとんど同じかむしろ若干低いし、きしめんスポークのキシリウムより横風の影響を受けるなんて考えにくい。いかに自分の知識が、理論が、感覚があてにならないかがよく分かる。

とりあえず、謎の現象は置いといて、一般的に言われているとおり、ホイールの重さというのは、走りにあまり影響しないんだな(平地の場合)。持って軽いホイールが走って軽いとは限らない。だが、ハブの回転はちょっと影響があるように感じる。特に私のような非力なエンジンだと、わずかな回転抵抗でも影響を受けるのだろうか。それとも完全に気のせいなのだろうか。プーリーとかBBは心底どうでもいいけどホイールのハブは少しくらい気にしたい(願望)。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。