スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で左ハンドル車に乗るヤツはアホ 6

ねじ曲げ第6弾。

右ハンドルは重量バランスが悪い?
横置きエンジンはエンジンとミッションが横並びになる関係で、縦置きエンジンと比べて必然的に設計段階での左右の重量バランスが狂いやすい。そこで、より重たいエンジンが運転席の反対側にくるようにして、どうしても重くなってしまう運転席側(ステアリング関係、ペダル関係、メーター関係が集中するから)の重量と相殺して左右の重量バランスがなるべく合うようにしている。…らしい。確かに、左ハンドルの国の横置きエンジンはざっと見た限りみんな右寄りにエンジンがあるように見える。国産車だと両方のパターンがあるっぽい。例えばシビックだとB16エンジンは左寄りで、K20エンジンは右寄りのようだ。ちゃんと調べてないけど新しい年代の方が右に寄ってる印象。国産車でも左ハンドルの国での販売台数が多い車種だと最初から左ハンドルを基準に設計しているとも聞くから(モーターショー出展のコンセプトモデルは左ハンドルだったりするし)、輸出の増加に伴ってエンジンが右に寄ったと考えれば、一応筋は通っているようだ。ちなみにFFコンパクトの世界代表・オールドミニはエンジンの下にミッションがある構造だと思うが、ほぼ中央に載ってるように見える。ここまで全部不確かな情報。

というわけなので、左ハンドルの国の右ハンドル仕様は、右寄りなエンジンの配置はそのままに操作系の重量も右に移動しているのでどうしても右側が重く、更に運転席に一名乗車となるとかなりバランスが悪くなるという。これは欧州車の軸重を実際に多く量っている工場で聞いた話なので事実だろう。え、その理屈だと右寄りエンジンの国産車も右ハンドルの方がバランス悪いということになるのだが。が、仮にそうだとしても、それってそんなに問題になるのだろうか。「右側が重いから、急ブレーキのときの挙動にクセが出て危ないんだ(ドヤァ)!ということを言っている人がいるが、車が寸分の狂いもなく完全な直進状態で、荷重の偏りがなく、アラインメントも完璧で、左右のブレーキバランスも完璧で、左右のタイヤと路面との摩擦抵抗も全く同じで、かつ路面が左右どちらにも傾いていない状態なんて普通に考えてそうそうあるわけでもないし、重量差だけの影響が挙動に出る場面なんて果たしてあるのだろうか、あったとしてそれがいかほどのものか、と思うのだけどどうだろう。

サーキット走行とかシビアな状況でならそのへんも影響が出てくるのか知らないが、それなら他の部分のセッティング次第でニュートラルになるように補完できそうな気もしないでもない。スプリングの強さが左右で違うとか車高をわざと傾けるとかはあるようだし。ブレーキは…ラリーカーで前後のブレーキバランスを走りながら調整できるのは聞いたことがあるけど左右って聞かないなぁ。自在に調整できたらブレーキだけでコーナリングできそう。というかちょっとでも狂ったら簡単にスピンしちゃうのか。でもブレーキパッドの減りは現実問題として必ずしも左右均等じゃないみたいだし…それは今だったら電子制御でブレーキを左右独立してコントロールとかもしてるから当然なのか。よく分かりません。

少なくとも公道を普通に走るだけならそこまで気にしなくても良いのでは。いくら手抜きメーカーでも、常識的な走り方の範囲で危険な挙動が出るほど重量バランスの悪い車を売り出したりはしないでしょう。もしちょっとした重量バランスの崩れがそんなに危険というのなら、体重が重い人が片側に乗っただけで危険ということになってしまうのでは。ああ、そういえばエンジンが右側にあって極端に左右重量バランスの悪いベスパはコーナリング特性が左右で全然違うなあ。右に比べて左に曲がりにくくて(バンクさせにくい)、乗り始めの頃、峠の左ヘアピンで対向車線に突っ込みそうになった。

BMWあたりで「右ハンドル車は重量バランスが悪いせいで右側の車高が下がってる~」なんて話もあったけど(本当かどうかは知らん)、見た目にこだわりたい気持ちなら分かる。シトロエン2CVなら運転席側に傾いて走ってたらかわいいけど、今どきの車で傾いてるのはちょっと、という。ローダウンしたり大径ホイール入れるような人は特にフェンダーとのクリアランスを気にするので、1cmや2cmは言うに及ばず、たった数ミリの差も気になっちゃったりするのはよく理解できる。そもそもバネなんて生物だし他にも色々な要因が考えられるから新車時でも1cmくらい平気でずれてる気がするけどなあ。どうしても気になるなら車高調でも入れて合わせればよい。けど、車を完全に水平な場所に停めること自体なかなかないし、サスやタイヤのフリクションもあるので、完全に左右均等に調整できたとしても、その状態を見て悦に入ることが逆に困難なのでは。

まあ重量バランスの点だけで本国仕様(左ハンドル)をわざわざ選ぶのには無理があるでしょう。そもそも右ハンと左ハンを比較して測定したことある人ってほとんどいないのでは。メーカーも左右の重量バランスについては全然公表していないようだし、それこそ乗員の数や体重で簡単に逆転しちゃうからこだわっても意味ないのかも。プントHGTの場合、運転席一名乗車の状態で、リア左右はほぼ均等、フロントは右が65kg重かった。その差、総重量の5%。前輪軸重だけで言うと左右比は54:46。測定した工場の人いわく「右ハンドルのイタリア車としては優秀な方だねー」だそうだが、じゃあ出来の悪いイタリア車ってどんだけずれてるのよ…。量ってないけど空車状態だとおそらく左右差30kgかそこらになると思われるので、これがもし左ハンドルだったらと考えると…。たとえ体感できなくても、実害がなくても、「左ハンドルの方が重量バランスがいいもん!」と言って左ハンドルに乗ってる人のことを私は笑えない。かもしれない。

たぶん普通の人は笑う。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。