スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シマノ新製品情報

シマノから全く新しいグループセットが発売される。その名も「Classico(クラシコ)」。5800シリーズの105がベースとなるが、これまでの「ヒエラルキー」とは一線を画し、クロモリフレームを中心としたクラシカルなフレームとのマッチングを追求したデザインとなっているところが特長だ。

これまでは、クラシカルなクロモリフレームの愛好家にはカンパニョーロの人気が強く、シマノはデザイン面でクロモリフレームには合わないとさえ言われてきた。しかし、近年のクロモリフレーム人気の再燃により、各社よりさまざまな価格帯のクロモリフレームがラインナップされるようになり、市場も多様化を見せている。こうしたニーズに応えるべく、「デザインと性能の両立」をコンセプトに誕生したモデルとなっている。以下、各パーツごとに特長を見ていく。

デュアルコントロールレバー ST-C100
11速対応となるレバーは、基本的には5800シリーズの105と共通の構造だが、レバーをハイポリッシュシルバー仕上げ(ST-5800のシルバーよりもやや明るく光沢が強い)とした他、内側シフトレバーの操作部にもアルミカバーを取り付け、質感を高めている。また、ブラケットカバーも標準のブラックの他に、ヴィンテージホワイトとブラウンの2色が選べるようになった。
更に外見だけでなく機能面にも新機構が導入されている。シフトレバーとブラケット内部のシフト機構をつなぐリンクのピボット位置を3段階に調整することで、好みのレバータッチを選択することができるようになった。標準ポジションに対し、ストロークが長くなる代わりにより軽い力で変速できるソフトポジションと、逆に操作は重くなるが短いストロークで素早く変速できるクイックポジションが選択可能。

キャリパーブレーキ BR-C100
ブレーキも5800シリーズと同じ左右対称デュアルピボット式だが、ボディがハイポリッシュシルバー仕上げとなるほか、ブレーキアーチの幅を削り、全体的に丸みを帯びた細身のデザインとなる。アーチの剛性を敢えて落とすことで、クラシカルなフレームの特性にマッチした繊細なタッチを実現したとしている。付属するブレーキシューはR55C4で、絶対的な制動力に不足はない。5800シリーズと同様、28Cまで対応し、ツーリング車へのニーズにも応える。

フロント/リアディレイラー FD-C100 RD-C100
ディレイラーはこちらもボディのアルミ部全体がハイポリッシュシルバーとなる以外は、5800シリーズと共通の構造となっている。フロントディレイラーは直付けタイプのほか、バンドタイプは31.8mm(28.6mmアダプタ付属)のみとなる。クロモリファンとしてはアダプタなしの28.6mmモデルを期待したかったところだが残念ながらラインナップされない。リアディレイラーはプーリーの右プレートがメッキ仕上げとなる。

クランク FC-C100
自転車の「顔」となるクランクだが、「カブトガニ」と呼ばれた近年のシマノデザインとは大きく異なり、クラシカルな細身のアームを持つものとなる。中央部で太さを絞ったクランクアームは、十分な剛性を確保しつつ適度な「しなり感」を持たせ、ロングライドでの疲労軽減に寄与する。ちなみにクランク本体はスギノのOEM。ボトムブラケットは驚きのオクタリンクが復活採用となる。これは、ホローテックIIタイプなどのシェル外側にBBが付くデザインがクロモリフレームにマッチしないという意見を汲んだこともあるが、シマノとしては現在も生産を続けているBB-5500を有効活用したかったというのが本音だろう。チェーンリングは最新の4アームではなく従来の5アームとなり、PCDは110。トリプルの設定はなくダブルのみとなり、歯数は50-34、52-36、53-39の3種類。

フロント/リアハブ FH-C100 HB-C100
ハブはカラーがハイポリッシュシルバーとなる他は、5800シリーズと同じで、フリーハブはもちろん11速対応。付属するクイックもシルバーとなり、クラシカルな雰囲気に貢献しているが、これは実は7900に付属のものと同じもので、ある意味非常にお買い得といえる。ホール数は32Hと36Hの2種類。

Classicoシリーズには専用のチェーンおよびカセットスプロケットは用意されず、5800シリーズと共用となる。

クラシカル=ひたすらハイポリッシュ、という少し安直とも思える仕立てだが、美しい輝きと質感の高さには目を見張るものがある。フルで揃えた場合の価格は、アルテグラと105の中間程度となる。ハイポリッシュを多用した仕上げのコストを考えると良心的とも思える設定だが、はたしてカンパニョーロ優勢のクラシカルカテゴリにどう割って入るか見ものである。

以上完全妄想記事でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。