スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニベロの406→451化 第2弾 ~そしてレバー比の問題に気付く~

小人号(Bianchiミニベロ7-L)を高速化するべく、勝手に451化を実施。というか、訳あって20インチ用のフェンダーが一組余ってしまったので、それを小人号に付けようと思い、どうせフェンダー交換するならホイールを451にしてしまおう!という、めちゃくちゃな理由が発端での451化である。紺くんを451化したことで勝手は分かってるので、難しいことは何もない。唯一、ブレーキをどうするか…。キャリパーブレーキ化するとレバーまで交換することになって面倒なので、Vブレーキのままで行きたい。しかし、某オクで格安で手に入る26インチ→700Cブレーキはあまりに利きが悪すぎたのでもう使いたくない。仕方ないから中途半端に奮発してRIDEAから出ている同タイプのVブレーキ(CNCじゃない安い方)にしようかとも思ったが、


それでも全部で1諭吉は確実にオーバーするし、現状で何気にDEOREのVブレーキが付いていることを考えると、ブレーキとしての単純な性能がそれほど上がるとは思えない。あまり現状から落としたくもない。なので、これまた面倒だけどアダプタを自作して対応することにした。一度やってみたかっただけだけど。

Vブレーキ406→451アダプタ アダプタは市販もされているし、ネット上で自作を実践している人がいるので、まるごとパクろうと思ったのだけど、結局ほぼ一から寸法決めすることになってしまった。250円くらいで買ってきた、厚さ5mm、幅20mmのアルミの板。これを100円ショップの金ノコで適当にカットしたのを4個作り、固定用のネジ穴を2個とシュー装着用の楕円の穴をあけて、完成。ドリルのバリを取るときにキズだらけになってしまったので全体をヤスリで粗く削ってごまかす。ついでに角を落とす。バフ掛けする環境も気力もないので仕上げはこのままで。いいんです見た目なんて気にしないし、そもそも目立たないから。

アダプタの寸法(だいたい) 今回のミニベロ7-Lは、406のときのシューの位置が前後とも調整範囲の下寄りだったので、その位置から単純にホイールのサイズ分(406→451で半径22.5mm)オフセットできればいいやということで、全長はかなり切り詰めて45mmに。汎用性は全く考えていない。シュー位置を調整する楕円の穴は、まともな横切りドリルがなくてあまり長い穴にすると作業が大変そうだったので、14mmくらいにとどめた。本来は22mmくらいあるべきところ。なるべくコンパクトにしたかったのだけど、さすがに寸法がギリギリすぎたか。アダプタをブレーキ本体に固定するネジは、画像のとおりSPDのクリートをシューズに固定するネジを使…うつもりだったけど、ネジ間距離を間違えたせいでうまく付かなかったので、自動車のステアリング(MOMOのRACEとか)をステアリングボスに固定するボタンキャップボルトを使用。サイズはどちらもM5。後でステンレス製のに交換する予定。

固定用のネジ穴はプレートのセンターより3mmオフセット。これはブレーキシューのナットとブレーキ本体のリターンスプリングの干渉を避けるためだが、ぶっちゃけ必要ないし、オフセットしたことでかえってシューがフォークやシートステイに近くなるので別の不具合が出る可能性もあるかもしれない。固定用ネジ穴ではなくシュー装着穴の方をオフセットしたほうがアダプタがブレーキ本体に隠れて目立たなくなるが、強度を考えると楕円の穴はプレートのセンターにあった方がいいと思う。まあ強度を考えるのであれば、材料のアルミ板が1000番台の柔らかいアルミ(と思われる。調べてすらいない)という時点でちょっとどうかと思うが。

Vブレーキアダプタを使用して451化したフロント 装着後、フロント。シューの固定位置が楕円の穴の上端ギリギリ…危なかった。リムの幅が変わっても影響を受けるので、あまりギリギリの寸法で作るのは良くない。当たり前。

Vブレーキアダプタを使用して451化したフロント 同じく装着後、リア。シューの位置はこちらもギリギリ。やっぱりアダプタの幅を15mmくらいにした方が見た目スッキリして良かったかも。強度?なるようになるだろう。

Vブレーキアダプタを使用して451化した際のクリアランス シューの位置が上に移動したので、シューとリムのクリアランスは広めになった。片利き調整が多少狂ってもシューがリムに接触しにくいので個人的には歓迎すべきことである。が…。

さて、肝心の利きはというと。
予想通り、かなり落ちた。でも元々パワーモジュレーターが標準装備で、それでも軽々とロックできてしまう状態だったので、利きが悪くなったと言っても実用上は全く問題ないレベル。少なくとも某オクの激安ブレーキのときよりは遥かによく利く。これはDEOREのおかげか。場合によっては見た目重視のMagicOneシューからXTRとかのシューに交換しないといけないかも、と思っていたので、まあ良かったか。

そして、ここまでやって初めて気付いたことが。

Vブレーキは本来4:1くらいのレバー比だと思うが、今回シューを上に大きく移動させたことで、レバー比が2.3:1くらい(正確に測ったわけではない)になってしまった。これって、もはやほとんどカンチブレーキとかキャリパーブレーキのレバー比だよね…。ということは、ブレーキレバーをキャリパーブレーキ用(フラットバーロード用)に交換するとちょうどいい、ということになるのでは??キャリパーブレーキ化するとレバー交換しないといけないから面倒~と思っていたが、結局交換しないといけないのか…。キャリパーブレーキだと、旧スーパーSLRが2:1、新スーパーSLRが2.5:1らしいので、新スーパーSLR対応のレバーでちょうど良さそうな気がする。昔こんなアホな記事を書いていた私だが、そう考えると、ショートアームVブレーキ(ミニV)のレバー比は3:1くらいと思われるので、ミニVはVブレーキとカンチブレーキの中間くらいだなーと感じていた自分は一応間違っていなかったようだ。というか、実際のレバー比なんてシューの位置調整でわりと変わるものなので、VブレーキのバイクでSTI化とか451化とかやってる人からすれば、スーパーSLRと新スーパーSLRの差なんてほとんど気にしなくてもいいような気がしないでもない。

結論。調整範囲の広いVブレーキとかアダプタとかを使って、406のミニベロを451化したり、26インチのMTBを700C化したりするときは、レバーをVブレーキ用からキャリパー/カンチブレーキ用に交換しましょう(「AVID SPEED DIAL 7」等、アーム比が調整できるものがベストではあるが)。ということは、26インチMTBを700C化するときは、700Cトランスファー等を使わずにRIDEAのVブレーキ等を使えば、そのままSTIレバーが使えてドロップハンドル化が捗る、ということか。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。