スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サドル高のはなし

ある日ふと思い立って、ミケのステムをぐっと目一杯下げてみた。特に目的があるわけではなく、本当にふと思い立っただけ。1cmくらい下げようとしたけどステムのデザインとハイコラムの関係で7mmくらいしか下げられなかったが、当然前傾はかなりきつくなる。自分的にはかなりの冒険のつもりである。

ところがその直後に初の1日100km走破に挑んでみたところ、ハンドル落差が大きくなった点については、多少前傾がきつくなったかなー?くらいで、特に不都合もなくすぐに慣れてしまった。

それから少しして、新しいバイクを組んだとき。新しいと言っても中古フレームなので、コラムの残りが足りなくてハンドル落差がミケより更に1cmくらい大きくなってしまった。さすがに前傾きつくて首の角度がギリギリだなあとは思ったが、軽く2~3時間走るくらいだとやっぱり特に問題もないし、乗り比べないとミケとの違いもあまり分からないレベル。すぐに慣れてしまった。

そして春が来た頃、今度はサドル高に疑問を覚える。いわゆる係数には意味がない(サドル前後位置、座るポジション、クランク長さ、ペダル・シューズの厚み、足の大きさ、関節の柔らかさ、そして足首の角度による影響が大きすぎるので、股下寸法だけで割り出す係数が参考にできるのはごく一般的な体格&フォームの人だけだろう)と思ってはいるが、ここでは敢えて係数で表現しよう。自己流フィッティングでこれまでに0.86から0.895まで試していたが、アンカーのフィッティングで0.883くらいを推奨され、その後0.885でなんかいい感じに思えたので、途中クランク長の変更はしたもののずっとそのままで過ごしてきた。

でも、下死点のときの踵の高さがそれほど高くない(地面に対して水平よりほんの少し踵が高い程度)ので、もっと上げても平気かもなぁとずっと思ってたことと、少し疲れてくるとアンクリングっぽくなったり、気がつくと下死点まで踏み抜いちゃってて慌てて膝を意図的に高く保つように修正することが多いのに気付いたこととを合わせて考えて、暇つぶしも兼ねて試しに0.89まで上げてみることにした。

まず走り始め。最初の一踏みから、「うおっサドル高ぇ!」と感じる。さすがにこの違いは鈍感な私でもはっきりと分かる。サドルが上がった分、骨盤をグラグラ左右に動かしたりしないように特に気をつけつつ回す。そうすると必然的にと下死点まで踏み抜かなくなるので、回すペダリングをするしかなくなる。必然的によりスムーズな回すペダリングが求められる。イメージ的には、今まではペダルを回す脚の軌道が、少し空気が抜けたタイヤみたいに、下死点付近で壁というか「床」に少し当たってる(踏み抜いてる)感じだったのが、サドルを上げたことで、下死点付近で「床」に触れるか触れないかくらいになった感じ。より真円に近づいた。たぶんここから更にサドルを上げすぎると、下死点付近で爪先が「床」に届かなくなって、骨盤を傾けたり、足首をピンと伸ばすような動きになってしまうのだろう。

試しにケイデンスを上げてみると、130くらいでもう明らかに筋肉がバラバラの動きをし始めて、どうしようもなくぎくしゃくした回転になる。何が真円だよ。自分のペダリングスキルのなさを痛感(練習してないからなくて当たり前)。でも130なんてそもそもサドル上げる前はほとんど回した(回せた)ことすらないので、サドルを上げたことで回しにくくなったとは思えない。回しやすくなったと断言もできないが。

ペダリングをサボると、ともすればペダルよりサドルに体重が掛かりそうになるし、さすがに上げすぎかなあ?とも思ったが、しかし30分も乗ってるとだんだん慣れてきて、違和感もなくなってきた。なんか、より「回してる」感が強くなり、バイクの上に浮かんで、膝もより高く保って回してる感じがしてきた。これはいいかも。まだ以前よりもサドルに体重が乗ってる感が拭えないが、下死点まで「踏み抜いちゃってる」感じはなくなった。

そうこうしてるうちに、帰り道で強い向かい風に見舞われる。とにかくガシガシ回さないと押し戻されそうな勢いなので、必死で回してたら…。なんか、明らかに今までより脚全体のいろんな筋肉を使って回してるような感覚を覚えた。クランクを長くしたときにうっすらと感じた感覚の、より強いバージョン。というか、クランクが更にもう一~二段階長くなったかのような気分。果たして、より多くの筋肉を動員できるようになったのか、使う筋肉が変わったために違和感を感じているのか、ポジションが合っていないために脚への負担が大きくなったのか、真相は不明。でも、「踏んでる」より「回してる」感が強くなったのは確かだ。

ネットで色々見てると、サドルが高すぎるといかにも初心者っぽくてダサい、みたいなことが書いてあったが、だったら万年初心者の私にはちょうどいいかもしれない。ちょっとしばらくこれで試してみようと思う。

問題は、導入しようとしているセカンドバイク。コラムが足りなくてただでさえハンドル落差がでかいのに、こっちのバイクまでサドルを上げたら更に落差がついてしまう。ステムを交換するか(死ぬほどカッコ悪い上向きステムとか使わなくても、ステム長100mmの場合、今ついてる10°ダウンからよくある6°ダウンに変更するだけでクランプ位置が7mmも高くなるのだ。角度書いてないステムも多いけど、スレッドコラムほど自在にハンドル高を変えられないアヘッドこそ微妙な角度が重要になってくるな。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。