スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルミフレームのロードバイク

ロードといえば、というか自転車といえばクロモリ(とあとハイテンも)しか乗ったことのない私が初めてアルミフレームのロードバイクに乗ってみたファーストインプレ的なのの覚え書き。

17年物のヴィンテージフルアルミフレーム(しかもホリゾンタルという)、1インチアヘッドアルミコラムのカーボンフォーク(ノンオリジナル)。なので現代の一般的なアルミフレームとはだいぶ違うかも。重量級ホイールと適当なパーツで組んでも9kgをわずかに超える程度。軽いなー。まず、走り出す前に持って軽い。クロモリとの重量差たかだか1kgでこんなに違うとは思ってもみなかった。9kgなんて今の時代まったく軽いうちに入らないかもしれないが、クロモリが基準の私に言わせると、
10kg台→ふつう
9kg台→軽い
8kg台→超軽量
7kg台→ちょっと何いってるか分からないです
という感じなので、数字からして既に軽く感動レベルの軽さだったりする。まあ世の中にはクロモリでももっと軽量なフレームあるけど、基準になってるミケが特に軽い方ではないので。

で、持って軽くても走って軽くなければ意味がない、とよく言われるが、驚いたことに、走り出した瞬間、いや、走り出そうとした瞬間にもう軽い。ジオメトリの違いによる挙動の違いとはまた別に思える、身軽さというか、すべての動作の始まりに軽さを感じる。自分が1kg痩せてもこうはならないのになんだろうこの感じ。

そして、ペダルを踏み込んだ瞬間にもうひとつはっきり感じる、硬さ。石の上を裸足で歩くかのようなダイレクト感。具体的にはたぶんBBシェル付近の剛性が高くてフレームがしならないからだろうと想像するけど実際のところは不明。じゃあクロモリは絨毯の上を歩くみたいに柔らかいのかというとまったくそういうわけではなく、アルミが鉄筋コンクリート造の階段だとすると、クロモリは木造の階段みたいな。目に見えてしなり・たわみを感じるわけじゃないけど、どことなく感じる剛性感、というか硬質感の差。

アルミフレームは硬いから踏んだ力がロスなく伝わって、踏んだら踏んだだけ素直に進む。この加速感がクセになる。いや正確には、一瞬クセになりそうな気がする。だから速い、と思いきや、エンジン(じぶんの脚)の出力は変わらないので別に速くはならない。そしてしばらく乗ってると、踏みごたえがあるわりには実は進まないなぁ、と気づく。ところが、ギアを軽めにしてケイデンスを上げめにすると、オオオォォォという感じでぐんぐん走る(気がする)。無機質な機械を動かしてるみたい。対してクロモリは、ギアを重くしてわっしわっしとトルクを掛けていく方が進む(気がする)。バイクと対話する感じ。ギアを軽く重くと言っても某自転車漫画みたいに坂道でアウター!?とかいう話じゃなくて、同じ状況(斜度・風向き)で比べたらギア1枚分もないくらいのちょっとした違い、いやそれ以前の気のせいレベルの違いかもしれないけど。

アルミは硬いから乗り心地が悪いとか脚にくると聞くが、特に感じない。そもそもクロモリが柔らかいなんて思ったことはない。むしろフォークに関してはアルミ(撫肩号)よりクロモリ(ミケ)の方が明確に硬いと感じた。比べたら多少は振動がダイレクトに伝わりやすいかもしれないけど、タイヤの銘柄や空気圧による差ほどの違いはない。疲労感も、数十キロ走ったくらいじゃ分からないのは当たり前かもしれないが特に差は感じない。もしかしたらある程度はカーボンフォークのおかげかもしれない。時にこの社外カーボンフォークの剛性感は素晴らしい。強めにフロントブレーキを掛けたときの前後方向の抜群の剛性感。逆に左右方向は、コーナーでふわふわしてる感じがしないでもないが、それはジオメトリとか重心とかの話であって素材の違いによるものではないだろう…たぶん。

まとめ。クロモリと比較して、アルミは持って軽いし、挙動も軽い。そして硬い。けどクロモリが柔らかいわけではなく、方向性の違う硬さ。打っても響かないというか、ガツンと押してもカン!と受け止めてびくともしない。良く言えば素直、悪く言えば味気ない。対してクロモリは(ある特定のリズムで)ガツンと押したらグッと押し返してくる感じ。これが巷に言われるクロモリの「バネ感」なのかな?と想像してみるけど実際のところは不明。クロモリがトルク重視で踏んだ方が進む(気がする)のに対し、アルミは高ケイデンスでくるくる回した方が、軽さとも相まって進む(気がする)。

そして、たぶんぜんぶイメージから来る錯覚とか気のせいで、フレーム素材による明確な違いなんてない。それ以外の要因(タイヤとかホイールとか、ジオメトリとか)による違いが大きすぎるし、同じアルミ、同じクロモリでも種類の違い・パイプ径や肉厚による違いが大きいと思われるので、単純にアルミだからとかクロモリだからというのは言えない。あっても私なんかに分かるわけがないもん。それがカーボンになった日には、弾性率の違いや繊維方向、レイヤーの数でどうとでもなってしまうので、フレーム毎に全然違うのだろう。たぶん。ただ微振動に対する吸収性能は圧倒的に高いのは間違いないだろう(あくまで微振動であって、路面の凹凸とかの話ではないよ)。

ファーストインプレッションのはずが、想像というか妄想ばかりになってしまった。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。