スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【撫】ナディ復活

テスタッチ復活 バラバラ状態でしばらく放置していたナディがついに復活。中古パーツジャンクパーツ格安パーツばかりの私の自転車事情にあって、ある意味一番マトモ&間違いなく高級な自転車。借り物だけど。当初は借りパクを視野に入れていたけどやっぱり返却の見込みとなったため、自分の好き放題カスタム状態から、元の仕様をベースに、真の所有者の好みを想像しつつ「真っ当なセンスの人が乗れる」というコンセプトで仕上げた。といっても真っ当なセンスなんて微塵も持ち合わせていないので、単に節操なく赤とか黄色を使うのを封印しただけ。

基本はオリジナル仕様に則って組むため、ハンドルはITMの古いやつ。シャローハンドルっぽいけどこれは当時のアナトミックなのか?よく分からん。STIレバーの取付位置はワイヤー溝の始まる位置を参考に決めたが、もっと上でも良かった気がしないでもない。上ハンからブラケットまでフラットな現代的ポジションサイコー!と思ってた自分だが、谷にはまり込むようなブラケットポジションのこれはこれで悪くない。見た目好きじゃないけど。バーテープは元々黒だったので黒にするのが道理だが、それじゃつまらないので、せめてフレームに合わせて青で。当初はフィジークのメタルブルーにするつもりだったが、微妙に色合いが違うのが気になっていて、そんなとき某大型店で見つけたボントレガーのコルクバーテープのブルーがフレームの色に極めて近く見えて、コレだ!と思って買ったものの、いざ巻いてみたら全然色合い違ってた、でもまあいいや、の図。この紫がかった深い青のフレームカラー、色が合わせづらい。

サドルは最終的には元々ついてた黒の穴なしサドル、メーカー忘れた、に戻す予定だが、当面は自分で乗ることを想定してセライタリアの「FLITE GEL FLOW」。改めて見るとセラサンマルコ「MANTRA」に似てるなーと思うが、座った感じはわりと違う。幅狭い。天面が丸っこい昔ながらのサドルに穴だけあけたような感じ。けど少し走ると細かい違いはどうでもよくなる。SLRでもゾンコランでもマントラでも、私的には大差ない。ワイヤー類は元々黒だったけど、真っ黒黒じゃつまらないというだけの理由で白に。白ワイヤーの手持ちが余ってたから一応TESTACHロゴのカラーに合わせたつもり。RDのワイヤーだけゴールドメッシュなのは、白のワイヤーが足りなくなったから…ではなく、小ぎれいにまとまりすぎないよう、一箇所くらいツッコミどころを作っておこうとした結果。最近、ここだけワイヤーのカラーを変えるのが自分の流儀になりつつある。シフトアウターワイヤーのエンドキャップをわざわざ別売りの金属製のものにしたら、ありとあらゆるアウター受けに対して径が細すぎてグラグラ据わりが悪いので、マスキングテープを巻いて調整したりしたのだけど、これってどうするのが正解なのだろうか。

タイヤは一番カラーで遊びたい部分だったが、コンセプトに則って涙をのんで黒に。パナレーサーのリブモS、28×700C。シクロクロスなので少し太さのあるタイヤの方が見た目のバランスは良い。けど舗装路の街乗りメインなら細いタイヤの方がいい。そこでこのリブモ、センターが尖ったトレッド形状により、タイヤ幅のわりに接地面積が少なく、走行抵抗が少ないらしい。重さはあるはずなのに軽快に加速して、軽快に転がり続ける。でも一番感心したのは、ロードノイズが驚くほど静かなこと。なんだこれ。車で言うとポテンザからレグノに履き替えた気分(レグノなんて使ったことないが)。エアボリュームがあるから乗り心地も良いし。これは街乗りクロスバイク最強タイヤ決定かも。ミロスにも本当はリブモを履かせたかったのだけど、26インチだと高級なリブモPTしかないしそれだと色が黒しかないので諦めてシュワルベ(これはこれで気に入っている)にした経緯がある。距離走る人じゃなければ廉価版のリブモSで十分だろう。走る人はリブモPTで。

ブレーキだけは元々のカンチブレーキに戻さず、ミニVブレーキのまま。単に面倒だったからというのも7割くらいあるけど、これだけは舗装路を走るんだったら誰が何と言おうとVブレーキの方が良いと思っているから。…と思っていたのだけど、キャリパーブレーキのタッチに慣れすぎた今、Vブレーキのタッチは「グニャッ」としてて逆に違和感を覚える。最初だけだけど。制動力は文句なし。テクトロだしアームの短いミニVだし性能の良いパッド使ってないけど街乗りでは十分すぎるほど利く。コントロール性も悪くないが、ミニVと言えど実用域(ブレーキの利きはじめからガッツリ利くまでの範囲)にストローク量を要するので、STIレバーとの組み合わせだとセッティングがシビアになるのは否めない。

さて、そんなこんなで試乗。シャローっぽいハンドルはブラケットポジションも下ハンポジションも悪くないんだけど、上ハンが高い=顔に近いのがなんとなく違和感。近いって言っても数センチだけど。数字上は他の自転車とほとんど同じポジションになったはずだけど、なんだか大きすぎるフレームに無理してしがみつくように乗ってる気分。ところが、踏み出すとその軽さに驚く。クロモリだし、28Cタイヤなのに、スイスイ加速する感覚がすごく気持ちいい。脚力がないのでそこからのスピードは伸びないけど。リアセンターが短いと「掛かり」が良くて、長いと直進安定性重視と言われているけど、リアセンター420mmのこのフレームがなんでこんなに加速感が良いのかが謎。これがクロモリフレームの「バネ感」なのか、残念ながら感性に乏しい私にはそこまでは分からないが、とにかく軽快感を感じるフレームだ。

ただしアルミのフロントフォーク、テメーはダメだ。明らかに柔らかい。ので、乗り心地は実はクロモリより良い気がしないでもないのだが、ある程度強いブレーキング時に前後に揺れて安定感がまるでない。ヘッドパーツにガタがあるんじゃないの??と何度も確認したが、フォークの中程から揺れるのが見てとれる。そしてその揺れによる振動が吸収されないという。普通に走る分には気にならないし、危険を感じるようなことはまったくないのだが、他が良いだけに残念な感じがする。カーボンへの過渡期だから仕方がないけれど、なぜクロモリフレームにフォークだけアルミなんていう謎選択をしたのか理解に苦しむ。このフレームを快適に乗り続けたいのならカーボンフォークへの交換が最初のポイントかも。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。