スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背後から白バイ3

渋滞する片道3車線道路を走っていたら、というか滞っていたら、後ろから何か聞こえたような気がした。最初は気に留めてなかったけど、よくよく聞くと、「おにーさん、おにーさん」と聞こえる。振り返ったら、白バイのおにーさん(おじさん?)がスピーカーを通して私を呼び止めていた。

な、なに?とちょっと動揺してたら、近くまで来て、今度はスピーカーを通さずに、「そのミラー、見えるぅ(疑)?」 と、レッグシールドミラーを指差す。
私、即答。「あ、はい、見えますよ。」
白バイ氏、「あ、そう。じゃ、気をつけてねー(明)。」声のトーンを一転させてそう言うと、動き出した車の流れに乗って、左折して消えていった。

…退屈してたのかな。物珍しくてちょっと話しかけてみたのかな。だとしたら、もしそうだとしたら、それこそわざわざこんなに実用性を無視したミラーを買った甲斐があったというものだ(ようするにかまってほしいわけですよ)。まあ、「おにーさん、おにーさん」と呼ばれるまで白バイの存在にすら気付いていなかったあたりから、このミラーがミラーとして機能していないことは明白なのだが、その点に関して白バイ氏はどう思ったのだろうか。
[2005年4月5日]

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re

見事にオチがありまんな

Re

いつのまに似非関西人になったんですか。

Re

似非じゃないもん偽だもん。
(言葉の言い換え)
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。