スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッ直電源引き込み

オーディオの音質向上のため…ではなく(現状で何の不満もない)、「セルが回るときにカーナビの電源が一旦落ちてしまう」問題を解消するためと、その他いろいろ使えるかなーと思い、バッテリーから直で電源を引き入れてみた。

147エンジンルーム 完成図。…これでは全く分かりません。

147バッ直電源引き込み バッテリーの+端子から引いた線を、ヒューズを挟んでバッテリーすぐ横の太いハーネスカバー?みたいなのの中に通し、そのままバルクヘッドまで向かわせて遮音材の裏側に通し、エンジンルームを横断して右側にある配線引き込み用の穴から車内へ。

147バッ直室内へ引き込み エンジンルームからカウルトップ下の空間へは、真ん中に穴というか切れ込みがあってビラビラになってるグロメットがあるので、そこを通すだけ。室内への引き込みは、カウルトップの下に巨大なグロメットがあって、それを外すと遮音材が見えるので、グロメットにドリルで穴を開けて、遮音材はドライバーでも差し込んで室内側へ貫通させる。と、助手席のダッシュボード裏に出てくる。

ネットで先人の知恵を調べたらみんなここから引き込んでいたので真似しただけだけど、みんな右ハンドル車でグロメットは左側つまり助手席側にある、と書いていた。私の車は左ハンドルだが、わざわざ穴の位置なんて左右変更していないだろうと思って左側のカウルトップを持ち上げてみたら、穴なんてないじゃん…という。左ハンドル車の場合は右側にあったのでした。なので、車体左側にあるバッテリーから、わざわざバルクヘッドの手前を横断して助手席側のグロメットから車内へ引き込み、そこからダッシュボード裏をまた横断して運転席側のヒューズボックス付近まで戻る、という遠回りをする羽目になった。

どうせ引き込むならついでに予備の線を…と思って太いバッ直電源の他に3系等の線をまとめてコルゲートチューブに入れて通したが、なんでバッ直アース線を入れなかったのだろう自分…。まあいいや。

で、とりあえずナビの常時電源をバッ直にしてみたのだが、ナビのACC電源(147にACCはないので、キーONでONの電源)の方が、セルが回る時に一瞬落ちるので、意味がない、という事実が発覚。何をやっているのだろう私は。まあセルが回る時に電装品への給電が一瞬カットされるのは、サージ電流から電装品を保護するための仕様とのことなので…って知識のない私には何がなんだか分からないが、とりあえず後に電解コンデンサを使ってみることになる。

って、ここまで書いて、苦労してバッ直電源を引いた本当の目的を思い出した。バッ直電源が主目的ではなくて、ヒューズボックスからエンジンルームに戻す配線が主目的だった。

過去に何度か触れているが、車内ヒューズボックスのうち、前・後席パワーウィンドウのヒューズは、エンジンOFF後もすぐにはOFFにならず、しばらく給電され続ける。ドアを開けるとパワーウィンドウは動かなくなるが、その後も一定時間給電される謎仕様。このヒューズから電源を拝借して、それを今回のバッ直電源と一緒に引き込んだ配線を使って、エンジンルームに戻してやった。なんと無駄な作業。エンジンルーム内ヒューズボックスに同様の動きをするヒューズがあれば良かったのだけど見つけられず(ちゃんと探してすらいない)。

そしたら、その電源を、ウィンカーユニットの下半分に増設したデイライトへ接続。結果についてはデイライトの記事参照。

スポンサーサイト

ウィンカーレバー延長 自作

社外ステアリングに交換して、スペーサーを入れたり、ディープコーンにしたりすると、ステアリングを握ったままではウィンカーレバーに指が届かなくなる。私はずっと気にせずに過ごしてきたが、気まぐれでちょっと延長レバーを付けてみようかと思った。大恵産業から「ウインカーレバーポジションアップキット」という製品が出ているが、軽く調べてみると、DIYで補助レバー的なものを作って付けている人が多いようだ。皆様それはもう色々と工夫&苦労されているようで。

じゃあ自分も作るか…と思ったものの、仮にも頻繁に手が触れる部分である。エッジの立った金属の板や、むき出しのボルトは安全面…もあるけど主に美観の問題で避けたいし、レバーの触り心地には特に気を遣いたい。つまり角ばった単なる板や細すぎる棒はダメ。操作でずれたり撓んだりするようではもちろんダメだし、かといって、重量が重すぎるとレバーの動作に影響するので、ある程度軽量でなければならない。意外と多い制約に頭を悩ませつつ構想を練っているうちに、ふと自分が自転車乗り(の端くれ)であることを思い出した。

延長ウィンカーレバーの材料 というわけで、かき集めた材料。どこのご家庭にも必ず一個や二個は転がっている、ミノウラのアクセサリホルダーと、完成車によく付いているCATEYEのリフレクター。正確には、リフレクターは(いっぱい持ってるのに)台座のクランプ径と形状がピッタリのものが見つからなくて、わざわざサイク某ーに買いに行った。自転車用リフレクターならクランプ径20mmくらいから35mmくらいまで色々あるから、あなたの愛車のウィンカーレバーの太さに合うものが必ず見つかるはず。

延長ウィンカーレバーの完成 これらを組み合わせて(結局上の画像のリフレクターは全部ボツになった模様)、こんなふうに固定。それだけ。ちなみに、バーと台座を留めているボルトは、MOMOステなんかに使われているM5のボタンキャップボルトだったりする。

延長ウィンカーレバー装着後 装着後。147のウィンカーレバーは根元がわりと急なテーパー状なので、クランプ内側の右側半分にだけ薄いゴムを貼り付けて、ぴっちり固定できるようにしている。純正レバーに近い太さの丸パイプなので、触り心地も良い。軽量でレバーの操作感にも影響しない。前後方向の剛性感も必要十分で、パッシングやハイ/ロー切り替えも違和感なく操作できる。

延長ウィンカーレバー装着後2 リフレクターの台座を流用しているので、レバーの前後方向の角度をネジ一本で自在に調節可能。オフセットの違うステアリングに交換してもレバーとの距離を一定に保つことができる。けどシルバーがちょっと浮いてるね。手元にあったのがこれだけだったのでそのまま使ったが、パイプにカーボン調シートを巻いたり、最初からカーボンパイプのアクセサリホルダーを使えば、何億倍もカッコ良くなるに違いない。あと、エンドキャップもフラットバー用のエンドプラグを使えば色や形状をいろいろ変えたりできる。

これ、我ながらなかなか良いんでないの。クルマと自転車の両方をあれしてて良かったと思える数少ない瞬間である。


取付日は2016年2月。めずらしくすぐに壊れたりはしていない模様。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。