スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車 異音いろいろ

今まで発生した異音ズの記録と、原因が判明した場合はその原因、判明しなかった場合は当時&現在の推測の覚え書き。

走り出すときや、走行中ペダルを一旦止めて再度踏み込むとき、トルクを掛けると、パキン、とかカコン、とか結構大きい音がする。場合によってはペダルにも感触が伝わる。
チェーンの伸び・変形、チェーンリング/スプロケの摩耗などで歯とチェーンの噛み合いに遊びが発生して、それがトルク掛けたときにズレてというかハマってというかでパキン、と鳴っている、のかな?発生がランダムなのは、特定の歯や特定のコマの組み合わせのみで発生するから。と仮定したが、チェーンの伸びが主な原因だった。チェーン交換で「ほぼ」解消。完全に解消しないのは、チェーンリング/スプロケの摩耗もあるからだと思われる。特定のギアの組み合わせでのみ発生する場合は単に変速調整不良の可能性も。
ゆーっくりダンシングすると、後輪からシャコッ、シャコッ、と擦れる音がする。
フレームの撓みでシューがリムに当たってた。STI+ミニVの組み合わせで、シューが長い上にリムとのクリアランスがかなり狭かった&柔らかい鉄フレームだったため。キャリパーブレーキでは発生したことがない。
(死にかけの)坂道とかでゆーっくりトルクを掛けて漕いでいると、ペダリングに合わせてステム付近からギーコギーコと軋むような音がする。
ステムまわりの締め付け不足?ワイヤー同士のこすれる音?など疑ったが、カートリッジBB(中古で使用期間不明だった)を交換したら解消した模様。ベアリングが死んでたのか単なる締め付け不足か今となっては不明。ステムから聞こえる気がしていたが、フレームが伝声管のように働いてBBの音が伝わってきていたようだ。
ダンシングでハンドルにねじり方向の力が掛かると、ピキ、ピキ、と小さく軋むような音がする。
ハンドル・ステム周りのボルトの緩み、締め付け不足、グリス切れ。スレッドステムは構造上しっかり締めていても特に左右方向の力で軋み音が発生する可能性あり(グリスで解消)。ステムの2ボルト(以上の)クランプは均等に締めたつもりでも一方のネジ山に問題があると全然均等に締まってない場合があるので、ハンドルなしで一旦ネジを奥まで締めて問題がないか確認すると良いかも。
左クランクを踏み込むとペダルのどこかからギュコッと軋み音というか何かが潰れるような音がする。
ペダルの緩みやベアリングのガタ…と思いきや、知らないうちにガムを踏んでクリートの隙間に挟まってたのが、踏む度にギョムッと音を立ててた。また別の時は、足首がある特定の角度になると、シューズのベロとストラップが擦れてギュギュッと音を立てているのが原因だった。
クランクの回転に合わせて、チャッ、チャッ、と等間隔に音がする。
チェーンリングの歪みやディレイラー調整不良で、FDのガイドプレートとチェーンが擦れている…と見せかけて、実はポケットの中で鍵束が音を立てているだけだった。右ポケットの鍵が、右太ももが上がる度に音を立てていた。
メンテナンス台に乗せて(後輪が完全に浮いている状態)クランクを手でゆっくり回すと、かすかにコン、コン、と低い音がする。クランクを回す手に感じる抵抗にもそれと連動して波があるような気がする。
BBの不良…の可能性もなくはないが、一定に回しているつもりでも一回転の間で回転速度やトルクにばらつきがあるので、後輪がフリーの状態だと瞬間的に後輪(スプロケ)の回転がクランクの回転を上回って、一瞬チェーンの上側に緩みが発生、解消を繰り返しているだけの可能性も(当たり前だが目で見てチェーンが緩むのが分かるほどではない)。なぜなら、全力で回すときや、後輪に回転抵抗がある時は発生しない。本当かよ。
特定のギアのときだけ、ゴロゴロゴロ…と低めの駆動音?がやや大きめに感じられ、心なしかペダルにも細かい振動が伝わる。
主に変速調整不良。特にトップのときのリアディレイラーの位置が外過ぎたり内過ぎたりするとなりやすいようだ。トップ以外のギアの場合は単に隣の歯に当たってギア鳴り(チリチリチリ…とかチャッチャッチャッ…と高めの金属音)になる場合が多い。あるいはギア類やチェーンの摩耗や、ディレイラーハンガーの歪みorチェーンライン不良などでテンションプーリーに対してチェーンが斜めに入ってゴロゴロ鳴っている可能性もあり。
段差を超えたり路面がガタガタだったりするときに、トップチューブからビリビリ…とビビリ音がする。
ダウンチューブ下のシフトインナーワイヤーを弾いたときの「ビィ~ン」に極めて近いが、インナーワイヤーにOリングを通したり、揺れないよう手で押さえてみても変わらず。最悪フレームのヒビ?なんて可能性もあるかもしれないが、リアブレーキワイヤーがアウターごとトップチューブの中を通っているフレームで、かつパイプ内にフルでガイドトンネルがあるフレームなので、そのガイドトンネルそのものがトップチューブ内部でビビリ音を発生させている可能性が濃厚(ガイドトンネルの剛性不足&トップチューブ内側にちょうど触れる位置のためにビビっているのか、クラックが原因かは不明)。ガイドトンネルのないフレームの場合はワイヤー自体がビビる可能性があるが、アウターワイヤーの外側はビニールっぽい素材(触れてもビビりは発生しにくい)だし、インナーワイヤーだけ内蔵の場合はライナーを通せば解消されると思うが、ガイドトンネル自体がビビるのは対策のしようがない疑惑。
大きめの段差を越えたときなどに、ヘッドまわりからゴトッと音がする。
ライトに若干ガタがあり、それが揺れていた。だけかと思いきや、よく見たらヘッドにガタがあるせいだった。前輪を軽く持ち上げて地面に落としたり、前ブレーキを掛けて車体を前後に揺さぶる程度では分からない少しのガタなので気付かなかった。前輪ブレーキをしっかり掛け、トップチューブに座って車体を前後にぐいぐい動かしてガタが出ないところまでヘッドを締めないといけない。経験上、ヘッドが完全に緩んでガタガタの状態でも、(異音はともかくとして)案外ふつうに走れてしまうのだが、ヘッドのベアリングが傷むし何より危険が危ないので、特に気をつけないと。
前輪を浮かせた状態でどこかにぶつけたり指ではじくと、ビリビリ…とビビり音がする。
十中八九、エアバルブの根元のリムナットの緩み。だが、このときはそれでは解消されず。バルブコアのナットの緩みもないし、ニップルの緩みやハブのガタもなし。タイヤとチューブを外したら鳴らなくなった。けど組み直すと鳴る。リムのバルブホールとバルブ根元の当たる音…だとしたら、ナットの締め方で変わるはずだし。どうやらバルブコアの内部で何かがビビっていたような…そんなことが構造上起こりえるのか分からないが。後にチューブ交換(同銘柄)で完全に解消、再発なし。

自転車でも自動車でも、異音の原因の特定は本当に難しい。素人に的確な判断ができるわけがない(つまり、こんなこと記録しておいても私自身にとっても何の役にも立たない)。じゃあプロに任せようと思っても、自分が常々、長い時間乗っていても分からない異音の原因を、その場ですぐに特定しろというのはなかなか酷な話だと思われる。時々しか鳴らない場合や、他の人が乗ると再現しない場合もあるのだし。だから、プロショップに相談して、結局解消しなくても、無能扱いせずに、時間に応じた工賃を快く(ココ大事)払いたいものだ。って当たり前か。

スポンサーサイト

三度目の正直 ALX440SL ベアリング交換

ALX440SLの銀色の方のリアハブのベアリングのフリー内の6901だけを交換した覚え書き。

今までの流れ。以前ベアリング交換の記録を書いた。その後まもなく、なんか回転がおかしい(そのときはシムを入れて対処してたが)原因は分なんとなくかっていたものの、面倒で放置。それから同じ構造の別のホイール(完成車付属と思われるノーブランドのやつ)とフリーハブボディを入れ換えてみたり、同じALX440SLの色違いを更に1セット手に入れたりで、やっぱりベアリングの打ち方の問題だと分かったので、さくっと対処して、シムを入れなくても一応ふつうに回るようにはなっていた。記録は残してなかったっぽい。

けど、ベアリングを何度も打ったり引いたりしてたおかげで、既に回転がザリザリしてたので、いずれは交換しないと…と思っていた。そして今回。久々にリアホイールを車体から外して(ォィ)、反フリー側の軸を手で回してみたら、スプロケというかフリーハブが一緒に回る。軸の両側を手で持ってホイールを回したら、フリーハブが回らずにカラカラとラチェット音をたてながら回る。ようするにフリーハブ内のベアリングの回転抵抗がフリーのラチェットの抵抗よりも大きい、という程度に回転が悪いことが発覚したので、これはいかんと早急にベアリングを発注、再度交換を。ただし面倒なのでフリーハブ内の6901×2個だけ。

フリーハブ内のベアリングは、カラーを挟んで2個ともホイール外側から打ち込むようになっている。内側(先に打ち込む方)の打ち込みが甘いと、ロックナットを締めた時に回転が鈍くなる。あるいはフリーのラチェットが機能しなくなる。けどこれはめいっぱい奥まで打ち込めばいいだけなので難しくない。問題は、外側(カラーを挟んで後から打ち込む方)。これの打ち込みがわずかでも甘いと、ロックナットを締めた時に回転が鈍くなる。逆に打ち込みすぎると、その時点で回転が鈍くなる。理由は説明せんでも分かるとおり。この加減が恐ろしく難しい。一応、フリーボディの外側の面(スプロケのロックリングのネジが切ってある部分の底)とツライチになるようにすればいい設計のようなので、ベアリングより径の大きい円柱を使って打ち込めば一発で決まるはずなのだが、私が不器用すぎるのか、どうもそう簡単にいかない。ベアリングプーラーで16分の1回転いや32分の1回転、あるいはプラハンで軽くコツン、くらいの微調整を2~3回繰り返して、どうにかうまくいった。本当は内掛けのプーラーを使った時点でベアリングにはダメージがいってるので、プラハンのコンコンだけで決まらなければならないところだが、まあ最小限で済んだので良しとしよう。

交換後は、まあフツーに回るようにはなった。世の高性能ホイールや、安物でもちゃんと整備されたホイールの、つるりんと回る感じと比べるとまだまだ良いとも思えないが(元々シールの抵抗も若干大きいような気がするけどたぶんそのレベルを超えてる)、レースやってるんじゃないんだし、まあ私には関係のないことだ。

こんなふうにリアホイールでもフリーハブ内「だけ」の回転が悪くなってた場合、ペダルを止めてシャーっと走るときには全く影響がないし、ペダルを回してる時はBBやペダル、RDのプーリーの回転抵抗、何よりチェーンを回す抵抗が加わるので、フリーハブのベアリングの分なんてその一部でしかないし、気付くはずがない。ましてや鈍感で街乗りしかしない人間であればなおさら。やっぱり定期的にフレームから外してチェックするくらいはしないとね。どんだけめんどくさがりなのかという。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。