スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【紺】コンチネンタル グランプリ 20インチ

Continental Grand Prix (20 x 1 1/8)

某自転車店で、HE20インチで一番速い(漕ぎが軽い)タイヤはどれ?と聞いたら、コンチのGrand PrixかシュワルベのStelvio(今はDuranoに世代交代?)と言われたので買ってみたタイヤ。実際そこまでハイスペックのタイヤなんて全く必要ないのだけど、一度そういうタイヤを体験しておきたいなと思い。と言ってもロードのタイヤと比べたらまだだいぶ太いけど。

Grand Prix(28-406)とKWEST(40-406)

で、グランプリ。「1 1/8」という表記だけどETRTO 28-406のHE規格です。紛らわしい表記してんじゃねーよ。で、このタイヤ、ワイヤービードなのに205g(実測206gくらいだったかな)という鬼軽量。それもそのはず、スキンサイドというよりトレッド面に申し訳程度にゴムが盛ってあると言った方が適切な感じのシンプルさ。この、ブラウンスキンサイドというのが気に入ってこれにしたのだけど。で、120psiというハイプレッシャー対応。これで速くないはずがない。

■使ってみて
確かに速い。Minivelo 7には(というか私には)明らかにオーバースペックであった。あまりにもペダルが軽くスピードが乗るようになってしまったものだから、いくら街乗りでもこのギア比じゃダメだろということが明白になり、早急にチェーンリングを交換しようと私に決意させるのに十分なインパクトがあった。見るからに耐久性なさそうなサイドだけどちょっと縁石こすったらすぐダメになるほど弱くもないし(当たり前か)、街乗り用にファッション目的で使ってもいいのでは。お財布が許せば。

…けど、なんか走るとデコボコする。1回転に1回、ボコッと衝撃が来るのだ。当時の私は自分でタイヤ交換する技術というか度胸がなかったので、プロショップでやってもらったのだが、回転するタイヤを観察してみると、センターが出ていない。というか一箇所だけ出っ張っているというか。ショップで再度点検してもらったけど、改善されず。そのショップの話では、「リム幅が広すぎるから」とのことだったけど、理論的には、リム径が合っていればリム幅の違いによってセンターが出ないのはおかしい。別のショップの話では、「リム径が同じなら幅が広くても狭くても使えて当たり前。けどタイヤとリムの相性によってビードがうまく乗らなかったりで、そういうことはあり得る」だそう。結局これに耐え切れずに(他にも理由はあるが)すぐ交換してしまった。

完全なスリックじゃないので雨の日もマシ、とのことだったけど、どうせならもう少し色気のあるパターンにしてほしかった。ブラウンスキンサイドというのは他に類を見ないもので、パナレーサーのMinits Liteを除くとカラースキンサイドが全滅している20インチタイヤにおいては貴重な存在と思う。小径車の走り重視系タイヤにももっとカラーバリエーションが増えてくれるといいのだけど。だいたいねぇ、完成車にデフォルト装着の白サイドタイヤ(KENDA)がアフターマーケットで手に入らないってどういうことよ。

スポンサーサイト

プントの最高速度 by Garmin Nüvi 900

2009年の秋、某高速道路を自分的限界速度でかっ飛ばして、幸い警察のお世話になることもなく目的地にたどり着いた後のこと。愛用のポータブルナビゲーション「ヌビ」には、移動時間や移動平均速度の他、瞬間最高速度を記録する機能があるので、さてさて、私はどんくらいスピード出したんだろう、と表示してみたら。

プントの最高速度

236.5km/h」だそうです。どう見繕っても136.5km/hの速度超過。免許取り消しとかそういう時限の話じゃない。つーかプントの最高速度は前にも書いたけど205km/h(カタログ値)。NOVITECの後付けターボチューンでもしない限りそんなスピード出るわけないじゃん。

単にナビの誤作動です。GPS信号の受信状態が微妙~に悪い場所(完全に信号ロストしないけど現在位置を正確に補足しきれないような)を走ってると起こりやすい。ニトリの立体駐車場が犯人と見ている。ずっと前にも、部屋の中でナビをいぢってたら、突然現在位置が自宅から100mくらい南下した位置にジャンプして、またすぐに戻ったということがあった。その後最高速度を見たら180km/h超えてた。走ってすらいないのだが。


プントのアニュアル燃費

早くも1年が経ちました。

プントはトリップの他に、燃費、平均速度、走行時間等が表示できる。この機能を使って、「満タン給油、給油時にリセット、それ以外の時はリセットしない」というルールで(多少例外はあるものの)、この1年間に記録した数値を残しておきます。あ、あと「なるべくギリギリまで(最低でも給油ランプが点くくらいまでは)給油しない」というルールも。いつもギリギリな人生なので。でもさすがに4輪車でガス欠をやらかしたことは一度もない。けどそういえばある時、本当にガス欠ギリギリのところで給油したら「48.15L」入ったことがあった。プントのガソリンタンク容量(カタログ値)は「47L」。…あれ?ぼったくられてる?

最大最小平均
燃費15.5km/l9.1km/l11.5km/l
平均速度81.3km/h15.4km/h28.4km/h
走行時間29時間30分4時間05分18時間25分
ガソリン単価(ハイオク)144円/l113円/l128.1円/l

燃費は平均で11km/hを上回ってるからまあまあじゃないだろうか。給油から給油までの平均速度(エンジンを掛けている以上、当然信号待ち等での停車中も0km/hとしてカウントされてる)が81.3km/hってすごいな。高速走り続けると普通にそういうことになるが。それが、都内の渋滞を走ってばかりだったりすると平均速度15.4km/hなんてことも起こり得るわけだ。自転車の方が速い。


黒い涙

黒い涙を流すプント

ある日気付いたのだけど、雨の中を走行した後、プントは必ず右目の目尻から黒い涙を流すのだ。そんなに雨が嫌いか?呪われてるのか?

ヘッドライトとフェンダーのラインが合ってない

ヘッドライトカバーの中に水滴が見えるのは気にしないでください。防水がダメになってるんですよ。で、涙の話。これは単純に、ヘッドライトの端とフェンダーのラインが右側だけ全然合ってなくて、右だけライトが引っ込んだ格好になっているためだ。この隙間で雨水を受け止めて、内部に溜まった汚れと共に黒い涙となって流れ出すのだという(たぶん)。

この、右のヘッドライトだけフェンダーのラインと合ってないよ現象は、ネット上でも指摘している人がちらほらいて、またネットに載ってる画像でも同じ状態になっているものが多く見受けられ、更には街の中古車屋さんなんかで見かけた同型のプントのほぼ全てが同じような状態になっているので、これは初期型188系プントの特徴ともいうべき欠陥…いや最早仕様?のようだ。もしかしたら日本向けにヘッドライトの照射角いぢった結果かもしれないし(ヘッドライトの照射範囲って左右対称じゃないんですよね)、フェンダーのプレスラインとヘッドライトカバーの成形ラインがそもそも合ってないのかもしれない。画像をよく見ると分かりますが、目尻のラインが位置だけでなく角度も左右で違う…というか左右とも合ってないので、どうやらプレスライン/成形ラインが元々合ってないっぽい。さすがイタ車。国産車の常識は通用しません。

ヘッドライトユニットを留めている3本のネジ(ユニットの位置・角度が微調整可能になってます)を緩めてユニット全体を思いっきり右に寄せるとある程度解消しますが、そんなことするとヘッドライトの照射角度が思いっきり狂っちゃうと思うので、車検の時などテスター屋さんで光軸調整をしてもらう直前にでも直すといいでしょう。

今はもう修正してあり、黒い涙を流すこともなくなりました。…なくなったっけ?最近全然気にしてなかったのでわからん。じゃあちょっと気にしてみよう。

ここ最近雪や雨がよく降って、ノーマルタイヤにも関わらずわりと走ったので、観察してみると…。涙の量は減ったものの、やっぱり泣いてました。両側とも。普通に生きてりゃ少しくらいは泣くものさ、と。


アクセルが戻らない!?

…ではなくて、スロットルが戻らない!です。

某県の外れの方を冒険していた時。訳あって一度アクセルをぶぉーん!って軽く吹かしたら、アクセル放しても回転が下がらない。え?何事??ふと、北米仕様のプリウスが頭に浮かんだが、アクセルペダルを見ても別に何ともなってない。クラッチ切ったまま、右足の甲でアクセルペダルを持ち上げる動作をしてみたりしてたら、スッと回転が落ちた。ほっ。けどまだなんか普段のアイドリングより微妙に高い回転で止まってる気がする。ペダルをいぢりまくっていて何かマズイことしたか?けどペダルの位置自体はちゃんと戻ってるようだし。それともエンジントラブル?けど警告灯の類は特に点いていない。とりあえずそのまま再び普通に走り出したが、やっぱり回転が落ちない。というか、クラッチを切ってると逆にそのままじわーっと5,000rpmくらいまで回転が上がってしまう。信号待ちで停止しても回転は5,000rpmのまま。ずっと91dB超の騒音というのはかなり問題だし、何よりエンジンに負担が掛かってしまう。ギアを繋いでれば普通に走れるけど、ブレーキで多少調整しないと、アクセル踏んでなくても徐々に加速していってしまう。こぉれは怖いぞ。

というわけで、路肩が広い道に出たところですぐに脇に寄せて、エンジンを切る。もう一度エンジンを掛ける。やっぱり掛けた途端に回転がじわーっと上がっていってしまう。再び切る。困った…そんなときは迷わずユーロ~に電話。

「かくかくしかじかなんですけど」
「スロットルワイヤーが引っ掛かってないかな」
「スロットルワイヤーってどれですか?」
「エアクリーナーの先の…(説明略)…のあたりの」
「あ、エンジンカバーのすぐ脇に見えてるワイヤーですか?じゃあちょっといぢってみます」

そのあたりにそういうものがあるのは知っていたけど実際には触ったことがなかったスロットルワイヤー。電話越しに説明してもらって、エンジンルームを見たらすぐに見つかった。そしたら、アウターワイヤーのエンド部分にはまっていたらしいゴムキャップのようなものが外れて、剥き出しのインナーワイヤーの途中まで落ちてきていた。これが原因?というのもよくわかんないけど、とりあえずキャップを上まで戻して、ワイヤーをぐいぐい動かしてみて、何ともなさそうなのでエンジンを掛けてみた。…普通だ!普通に800rpmくらいでアイドリングしてる。再びエンジンルームに回ってスロットルを手で動かしてみても、ちゃんと吹け上がってちゃんとアイドリングまで下がる。なんかよく分からんけど解決したようだ。

レッドゾーンまで一気に吹け上がっちゃったりせず微妙なとこで回転上昇が止まっててくれる状態で助かった。おかげで冷静な対処ができた。吹け上がっちゃうようなら問答無用でエンジン切るしかない。それにしたって考えたら恐ろしいことだ。もしオートマ車で同じトラブルが起きたら、勝手にスピードが上がってっちゃうわけだし。クラッチさえ切れば進まないマニュアル車万歳!こんなところでATよりMTの方が安全であることが証明されたようだ(本当かよ)。あまりにタイムリーなので、北米プリウスの呪いか?もしくは、ちょうど読んでた「SPEED HEAVEN」(しんむら けーいちろー、メディアファクトリー、2009)に出てくるエクシージの祟りか??なんて思ったわけだが。

とにもかくにも、プントがドライブ・バイ・ワイヤーなんてハイテク機構じゃなくて物理ワイヤーで良かった。おかげで自分で見てチェックできたわけだから。これが電子制御の故障だったらもうお手上げでしょ。ローテク万歳!…いや、ドライブ・バイ・ワイヤーだったらそもそもこんなトラブル起きないか。

それでもハイテク電子制御をあまりに満載しすぎたクルマというのには興味を引かれない。


スモールボディベスパに90/90-10を履かせる

今までの短い4輪車歴の中で、メーカー指定サイズを履いてた期間が10%未満というひねくれ者の私は、ベスパの次回タイヤ交換においても標準と異なるサイズを履いてみたいと考えていた。直径を小さくして加速重視にしたり、直径を大きくして最高速アップを狙ったりもできるけど、スタンドの長さ調節とか面倒なので、直径はそのままでタイヤ幅を拡げ、少しでもグリップを稼いでるぞ~という心理的効果を狙ってみたい。…が、如何せんクリアランスギリギリの設計のため、オフセットしたりしないと太いタイヤはほとんど履けない。なので、実際どのくらいクリアランスがあるのかチェックしてみた。

タイヤクリアランスチェッカー

ベスパの後輪で一番クリアランスがきついのは、エンジン(クラッチケース)との隙間。けど、覗き込んで見える位置じゃないので、クリアランスチェッカーを作ってみた。スポンジを斜めに切って、表面にアルミテープを貼り、こすれたところが分かるように油性ペンで表面を適当に黒く塗ってみた。これを、スポンジの薄い方がタイヤの回転方向に向くようにタイヤ側面にしっかり貼り付けて(当たり前だけど貼り付けが甘いと1回転で落ちます)、軽く駐車場内をノーヘルで走り回ってみます。200mくらい走ったところで様子を見ると、擦れてる部分の油性ペンが落ちてきてるのが見て取れる。どうやらチェッカーとしては成功のようだ。もう200mくらい走って、そろそろいいかなと取り外そうとしたら…ない。駐車場探したら落ちてました。

結果は、厚さ7mmくらいのところまで擦れた後が付きました。今履いてるタイヤ(ミシュランS1、3.00-10)は、断面幅がカタログ値で80mm。実測は3本測って85mm前後だった(当然ながらホイールのリム幅や空気圧で変わります。けど測った3本は誤差1mm以内。なかなか均一じゃん)。ということは、計算上は実測で99mm幅くらいまでのタイヤならギリギリ履けるということだ。カタログ値で90mm幅の90/90-10ならいけそうだ。標準リム幅も同じだし、直径もほぼ同じ。あとは実際に履いてみないことには分からん。

まあ、一般的には3.00-10と90/90-10はほぼ互換とされているけど(そもそもなぜ別サイズとして存在しているのかも分からんくらいの差だ)…、分かってるかとは思うけどベスパは個体差がが激しいので、中には指定サイズである3.00-10を履いてもタイヤ銘柄によってはクラッチケースにわずかに当たるなんて場合もあるそうだ。当然車体だけじゃなくホイールの個体差や精度も関係してくる。なので、全てのスモールボディに90/90-10が履けるわけではありません。

銘柄サイズ断面幅
(総幅)
 外 径 
MICHELIN S833.00-10 42J80413
MICHELIN SM1003.00-10 50J80413
MICHELIN S13.00-10 42J80413
90/90-10 50J90416
PIRELLI SL263.00-10 50J--
90/90-10 50J--
DUNLOP TT92GP3.00-10 42J86410
90/90-10 50J90418
BRIDGESTONE BT-39SS Mini3.00-10 42J(ソフト)84416
3.00-10 42J(ミディアム)80410
90/90-10 42J90416
iRC MBR-740 DIX RR3.00-10 42J86409
90/90-10 50J90418

さて、あとは銘柄だな。上の表は総幅なのか断面幅なのか分からんので参考になりません。バイク用タイヤの場合、トレッド面の両エンドの角が出っ張ってる場合が多いので、総幅と断面幅に差がある場合は結構あるんじゃないだろうか。


続・チャンバー入れた

シモニーニのチャンバー

Simonini(シモニーニ)のレーシングチャンバーをしばらく使ってみた感想。ちなみにその他の変更箇所(走りに関するもののみ)は…Polini 1XXccキット、ポート切削加工、レーシングクランク、ノーマルキャブ加工(吸気効率アップ)、ストレート歯のプライマリーギア、強化クラッチ、Bituboサスペンション、アルミホイール、等。

上記のような状態で、マフラーがノーマルマフラー改(排気効率アップ加工済)だった時は、2速全開メーター読みで67km/hくらいまで引っ張れていた。けど、60km/h超えるあたりからは「ただ回ってるだけ」という感じで、トルク感がまるでスカスカ、明らかに落ちてるのが分かった。実際、3速、4速だと力が足りないようでそこまで回りません(多分)。ところが、Simoniniチャンバー入れてから(ジェットの番手が少し変わっただけで他はそのまま)、2速全開で70km/h超まで、極端にトルク感が落ちることもなくしっかり回るようになった(もっと引っ張れるかもしれないけど、それ以上は怖くて回せません)。その代わり、低回転の吹け上がりはそれなりに落ちた。上が回るようになったから余計そう感じるのかもしれないけど。4速で50km/hくらいからスロットル開けても加速しないので、街中をタラーっと流してるときでも頻繁にシフトダウンする必要がでてきた。まぁ、使い勝手が悪くなったというより、更に楽しくなったとの解釈もできるが。ただ、50km/h台で流してる状態から追い越し等で本気加速をしようと思うと、2速まで落とさないとダメ。そのくらいパワーバンドが狭く、上に移動しました。ET3は3速までクロ(ー)スレシオらしいけど、そうでもなければピーキー過ぎてお前にゃ無理だよ…じゃなくてマトモに使えないかもしれん。ちなみに4速どころか3速の全開も試してません(怖いので。…警○が)。そんな感じだけど、1速でパワーバンドに乗るまでのどうしようもないもたつきを我慢すれば、アドレスV100どころか、うるさいだけのマフラー付けた250ccスクーターにも負けないくらいの加速力です。やっぱり入れて良かった。どうせ街乗りじゃトップスピードなんて関係ないし、次にエンジン開けるときはプライマリーギア変更するかなぁ。よりローギアードに。

というわけで性能面に不満はないのだが、如何せん音がうるさい。こいつは中古なので取付時にサイレンサーを掃除してもらって、その際グラスウールにガレトミスペシャル加工をしてもらってるので、比較的静かで、かつその状態が長持ちするようにはなってるはずなのだけど。やっぱりうるさい。アイドリングの回転数をギリギリまで落としてるので、アイドリングは許容範囲、というかかなり静か。排気口から聞こえる「パンパンパン」とキレの良い音は良いのだが、低回転時にそれと併せて聞こえる低音域の「ボゥォ~」って音が野暮ったい。高回転時は、まんま小排気量の2ストレーサー的な「ペェーーーーン」という音で、上品ではないけどまあこれは仕方ないでしょう。…かな。

しかし人間というのは不思議なもので、しばらくするとその音にも慣れて、それほどうるさいと思わなくなってくる。「ちょっとウルサイくらいがいいな」って思ってる人は、慣れるに従ってだんだん物足りなくなって、もう少しうるさくても…という感じで徐々にイケナイ道にはまっていくのだろうな、というのがよく分かった。自分で自分の香水の匂いがだんだん感じられなくなって、知らずのうちに「香害」を振りまく女性と同じかも。

--
ちなみにSimoniniに限らずレーシングチャンバーの中には排気口が横向いているものが多いですが、そのままだとアレに引っ掛かるので、公道走るなら出口の加工等が必要です(大幅な加工を加えるとチャンバーの特性自体が変わっちゃうけど)。こいつの場合、排気口を後ろに向けるとキックレバーから後ろ、クランクケースとかが排気でどんどん汚れていきます。これは困った…。あと、キックレバーとのクリアランスがほとんどないので、出口加工の難易度は高めかも。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。