スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのユーザー車検

予算の関係でユーザー車検受けてきました。まあ、一度やってみたかった、っていう理由が大きいのだけど。具体的な受け方とか、今後超挑戦しようと考えている人のためになるような話は、ネットにいっぱい載ってるので省略(単に面倒なだけ)。

ユーザー車検を受けるに当たって、まずは絶対に一発合格するべく下準備を。最低限の点検と整備はもちろんやらねばならないが、加えて、対策として車高とステアリングを変更した。別に車検通らないような改造をしているつもりはないが、エンジンアンダーカバーが劣化して垂れ下がってきているので、これが「アンダーカバー」と見なされなくてもいいように(本来アンダーカバーは地上高5cm以上あればOK)車高調を調整。ちなみに、本来なら「車高を任意の位置に保持することができる車高調整装置にあっては、車高が最低となる位置と車高が最高となる位置の中間の位置」で計測するそうだが、実際現場ではそんなものチェックしておらず、持ち込んだ時点で基準値を確保しているかどうかしか見ません。あとは、ステアリングが小さいことで「メーターの視認性の悪さ」を理由に不合格を食らわないように、大きめのもの(36cm)に交換。そもそも視認性なんて見る人によって全然違うのにどうやって判断すんだよ。地域によっては「ステアリングの直径が36cm以上ないといけない」というローカルルールのあるところもあるらしいが、最近は純正で36cm未満のステアリングのクルマもあることだし、常識的なサイズであればまず問題はないだろう。けど念には念を、ってことで。

以上の下準備を済ませて、検査場の予約を取ると同時に、検査場近くの予備車検(テスター)屋さんを調べて事前に連絡してみた。そしたら、車検証と自賠責のコピー送ってくれたら先に書類用意しときますよ、とのことだったので、送っておいたら、あらびっくり。あとは検査場の窓口に提出すればOKな状態まで用意しておいてくれました。んで、どういう順番でどの建物のどの窓口に行くかまで教えてくれて。本当に感謝感謝でした。テスター屋さんでひととおりのチェック&光軸の調整だけしてもらい、クルマの方の準備は万全。

実際に検査レーンに並ぶ前に見学しといた方がいいという話だったので、少し早めに行って見学しようとしたら、突然「検査レーンで障害が発生しました」とかいうアナウンスとともに検査が全部止まってしまった。何事かと思ったら、レーンに入る前の検査(灯火類など)のところで、ヤンキーみたいな人が騒いでいた。「はぁ?なんでだよ!納得いかねーよ!じゃあなんで前回これで検査通したんだよ!ふざけんなよ!」みたいな。どうもこの困った人が「障害」だったようで、おかげで全てのレーンが止まっていたらしい。「障害」の周囲に検査官がわらわらと集合していて、最終的には警察呼ばれた模様。10分くらい無駄に待たされたけどやがて検査再開しました。ガラの悪いロリンザーが検査を受けるところを一通り見学して、心の準備も完了。

そんなこんなで、いざ自分がレーンへ。ちなみに、最初に「初めてなんですぅ」と申し出ると、レーンの中でも検査官がついて丁寧に説明してくれます。入口でも丁寧に「マフラー変わってるんで音量測りますね」と、私のクルマだけ特別の計らいを。…うおわわrpmでよぬdBでした。これってどうなのよ。購入時から付いてたやつなので私の趣味ではありません。悪しからず。レーンでは、サイドブレーキ検査で腕がちぎれるかと思うくらい強烈に引かないとOKが出なかったこと以外は何事もなく一発合格。めでたしめでたし。

さて、後日車高を元の状態に戻したのだが、いぢったのはフロントのみでリアはそもそも調整機構がない。そうすると姿勢が前かがみになって、せっかく調整した光軸が大幅に狂ってしまうことになる。それは困る。…という事態をあらかじめ計算に入れて、テスター屋さんでは、ヘッドライトのレベリング(車内で調整できる)を標準よりずらした位置にセットして、その状態で光軸を合わせてもらっていたのだ。んで、車高を元に戻したら案の定ヘッドライトの向きが狂ってしまったが、レベリングを標準位置に戻したらドンピシャでした。めでたしめでたし。

しかし、ユーザー車検がこんなに簡単だとは思わなかった。これはぜひ万人にすすめたいと思います。業者に任せっきりより、自分のクルマへの関心も高まるだろうし。ただし、前整備にしろ後整備にしろ、法定点検はちゃんとしましょう。特に、車検の時くらいしか点検する機会がないよ、というような人は。

あ、検査場に行くとき「クリップボード」は絶対あった方がいいです。

※ 車高調が「車高を任意の位置に保持することができる車高調整装置」にあたるのであれば、「車高が最低となる位置と車高が最高となる位置の中間の位置」において「9cm以上」あれば、車検は合格らしい。ということは、車高調をめいっぱい下げて、地上高が9cmに満たない状態で公道を走行しているクルマがいたとしても、調整装置を中間の位置にした状態で9cmを確保している車両である以上、違法改造にはならない!ということだ。それは知らなかった。じゃあ街で車高ペタペタのクルマが走ってるのを見かけても、頭ごなしに違法改造だと決めつけるのはいけませんね。車高調じゃなくても、実はすげー重い人が乗ってて、空車状態だとちゃんと9cmあるかもしれないし。

スポンサーサイト

ショートアンテナ

ショートアンテナ

流行りものに乗っかってみた。超ショートアンテナ。メーカーはシルクブレイズ(Silk Blaze)。敢えて非常に分かりづらい正面からの写真だけど目一杯立ててもこんな感じです。中がヘリカルになってて、長さの割に受信感度はイイよ~という触れ込みだったが実際は。確かに、最初から付いてたよく分からんショートアンテナよりは良くなった気はするが、客観的に見れば良くない。というか悪い。まあ、都内だったら関係ないけど、某県の山の中だとチャンネルを1つも取得できん。

短くて根元の直径が選べてネジ規格が合って、なおかつ安いものというと選択肢がこれくらいしかなかったのでこれにしたのだが、しかし、シルクブレイズというメーカー、サイトを見る限りでは実に…非プント的世界。

逆に、超ロングアンテナをポヨポヨ揺らしながら走るのがプントには似合ってるかもしれん。


100,000km

100,000km 車検を前にしてついに達成。まあ自分で乗ったのはそのうちの一部だけど。しかし、国産車だったらこれでようやく初めてのタイベル交換か。そう考えると国産ってすげー。


ルーフアンテナ復活

めんどくさくて放置していた緩いルーフアンテナだけど、サンルーフをチルトさせるとアンテナ先端がガラスに微妙に触れて、振動でカリカリうるさいという問題が。そこでようやく直してみた。

ルーフアンテナの根元

カバーは3箇所のツメで留まってるだけで簡単に外れた。開けてみると何のことはない、ネジで締めるだけじゃん。これがガタガタに緩んでいた。締めれば動きが渋くなる。締めすぎると動かなくなる。角度をしょっちゅう変えているうちに緩んだか。もうちょっとなんとかならんかったのかという気がしないでもない。

しかし、最初からついてたショートアンテナが、伸縮できない割にあまり短くないし、根元の外径が合ってないし、受信感度悪いし、微妙に曲がってるし、等々なので、最近流行りの(本当かよ)超ショートアンテナに交換してみようかと思案中。


追加メーター(笑)

温度計&湿度計 前々から車内に温度計が欲しいなーと思っていたのだが、ようやくサイズ的にちょうどよさそうなのを発見したので、付けてみた。付けるならこの場所って決めてたから、このスペースに入るもの(の中で安いもの)を探していたのだ。

そもそも運転中に温度見るわけじゃないけど。こんな場所に付けてしまうとメーターが隠れてしまうのだが、実際には、スピードメーターの150km/h以上の部分が隠れるのみ(165km/hを超えたあたりから針が全く見えなくなる)で、警告灯も全く隠れない(シートベルト警告灯に少し掛かる程度)ので、実用上全く問題ない。車検にもこのまま出してやるのさ。これで「メーターが隠れてるから外さないと車検通らないよ」とか言われたら笑うしかない。「公道を走るのに150km/h以上の部分までスピードメーターが見えてなきゃいけないのか?」って。


続きを読む

アーレンキー

自転車趣味(というほど高尚なレベルではなくても)を始めるにあたって必須のアイテムに、アーレンキーがある。アーレンキーって何だ?

何のことはない、単なる六角レンチなのだが、なぜか自転車界では「アーレンキー」と平板アクセントで呼ばれる。全くの蛇足だが平板アクセントが分からない人のために念のため解説しておくと、アクセントがどこにもない読み方。「箸」でもなく「橋」でもなく「端」を意味する際の「ハシ」の発音と同じ。「橋」と「端」の発音の違いが分からない人は自分で考えてください。一般名詞でも専門的な世界になると平板で読まれることが多い。例えば一般人は「ピアノ」というと「ピ」にアクセントがくる場合が多いが、その筋の人に言わせると…って話が逸れすぎだ。とにかく、「アーレンキー」=「Allen Key」=「アレン・キー」=「六角レンチ」のことだ。六角レンチのことを英語で「Allen key」「Allen wrench」「Hex key」「Hex wrench」などと呼ぶらしいので。

なので、別にわざわざ「アーレンキー」を買う必要はなく、普通のミリ規格(メートル規格)の「六角レンチ」を買えば済むことなのだが(アメリカ規格の自転車は知らんが通常はまずミリ規格だろう)、自転車は高い締め付けトルクを要する場合が多いらしいので、「アーレンキー」は「六角レンチ」よりもアームが長く作られている。

アーレンキー?

そこで、「ロングアーム六角レンチ」を買ってみた(短い六角レンチならとある理由により掃いて捨てるほど持っているんだが)。1.5mmから10mmまで揃ったものが、ほんの何百円かで買える。これだけのサイズが揃ってれば、ブレーキレバーの角度調整から、緩みやすいことで有名なあの忌々しいセンタースタンドの増し締めまで行える。画像は別の六角レンチセットに付いてたホルダーに納めてみたところ。「ロングアーム」の方には5.5mmがなかったので5.5mmだけ短いけど…こんなサイズ何に使うんだ?ちなみに実際に買ったのは年単位で昔のことだが。

安物でも一応工具として最低限の素材は使ってると思うので、力いっぱい締めるとたわんだりするものの、実用には充分。だと思う。ただし、自転車はクルマやバイク同様に命を乗せて走るものなので、安全管理は慎重に。

これでようやく自転車に乗る準備ができた。


落ち葉の季節

某県からの帰り、一般道で帰ることにした私は、せっかくだからワインディグを気持ちよく走りつつ帰りたいなーと思い、地図でくねくねした道を選んで遠回りルートを策定、走ってみた。

そしたら、思った以上に山道で。なんと、アスファルトの色が全く見えないくらいに黄色く染まった道に出てしまった。ほとんど車の通らない山道だから落ち葉が積もり放題。一応地図上で主要道路になってるとこを選んだつもりなんだけど…。よ~く知ってることだけど、改めて「田舎の“主要道路”は侮れない」と肝に銘じ。んで、雨で湿った落ち葉の上を走り抜けたかと思えば、今度は工事中でダート状態の部分があったり。普通に走ってて初めてカウンターステアなんてものを当てたわ。

そんなこんなで峠道を走り続けて、体を左右に振られ続けてるうちに(別にドリフトしてるわけでも何でもありません。んなことできません)、自分の運転に酔ってしまった。元々陸上の乗り物にはまず酔わない性質だが、まさかクルマで、しかも自分で運転してて酔う日が来るとは。これじゃあ激しいGと闘うスポーツドライビングなんて到底無理でしょうな。運転するにもタフでなきゃいかんことがよく分かりました。下手なだけだろとか言わないように。

後日タイヤハウスの中を覗き込んだら…ものすごい量の落ち葉やら何やらが詰まってた。面倒なので掃除してません。


元気のないルーフアンテナ

ルーフアンテナ

この車両は購入時からショートアンテナが付いていたのだけど、これがある時から、走ってるうちに倒れるようになってしまった。

国産なんかだと前にしか倒れない(後ろ方向は適度な角度で止まる)ってのが多いみたいだけど、こいつは角度が自由に動く。それはすごくいいのだけど、せめて走行中も角度を保持してくれないと…。バルケッタのときも書いたけど、動きを渋くするアイテムって知らないんだよなぁ。

元々感度は良くないので立てても寝かせてもあまり変わらないんだけどね。


ペダル交換

本当の作業日は8月頃だけど。ペダルを交換しました。というか、ノーマルに戻しました。この車両は購入時からスパルコのペダルが付いていたのだけど、これがまた芸術的な装着の仕方をしていて(ネジ穴は新たにあけ直して、フロアと干渉するアクセルペダルの右上はギリギリの位置でカット)、よくもまあこの狭いスペースにうまく配置したもんだ、という感じで関心はしていたのだけど。更に、アクセルペダルはノーマルペダルを外して装着、ブレーキとクラッチはノーマルのアルミペダルの上に重ねて装着することで高さに差をつけ、おそらくフルブレーキング状態でのヒール&トウをやりやすくしてあったという気合の入り方。が…。

スパルコのアルミペダル

元々アクセルとブレーキが近いのでヒール&トウ(というかヒールとトウの中間&トウ)は非常にやりやすく、アクセルペダルの左下の出っ張りは全くもって不要。ぼーっと運転してると、普通にブレーキを踏もうとして一緒にアクセルも微妙に踏んでしまうことがしばしば。それよりも、クラッチペダルの幅がノーマルよりわずかに広いせいで、クラッチを踏んでないときの左足の元々ない置き場所が更に圧迫されてるのがイヤ(フットレストを付けたいけど予算の関係で保留中)。そして何より、アルミペダルは雨の日に滑る!以前、洗車場から出ようとして濡れた靴で走り出したら、半クラッチの状態でペダルから足がズルリと奥に滑って壮絶にエンストしたことも。

というわけで、とりあえずブレーキとクラッチにゴムの滑り止めが付いたノーマルのアルミペダルに戻して、それから考えようと思っていたのだが、如何せんノーマルのブレーキ&クラッチペダルはゴムがない状態だし、アクセルは本体自体ない。ので、中古パーツを物色して購入しました。あんまり安くなかったけど、思い立ったときにやらねば。その結果。大きさで言えばわずかな違いだけど、走ってみると全然違う。隣のペダルまでのクリアランスが広がったので、足回りが広くなったかのような錯覚。スパルコのタイト感もある意味悪くないけど、街乗りには明らかに不向きなので。

あと、アクセルとブレーキの高さの差は、フルブレーキングでヒール&トウなんて死んでもすることのない(するときは死ぬときかも)街乗りに関しては、ノーマルの方が良い。街でヒール&トウすることがあるとすればどう考えてもせいぜいハーフブレーキだもん。というわけでノーマル万歳。

けど、ペダルの角度だけがどうしても気にくわない。確かにヒップポイントの高い「乗用車」ポジションのプントだけど、ペダルが必要以上に寝ていて、「真上から踏み下ろしてください」的なんだよね。斜めから踏み込むと足が奥に滑りそうな感じがする(スパルコが必要以上に滑ったのはそのせいもある)。けどあんまりシートを前に出すとヒザがステアリングコラムに当たるし。なので、ブレーキとクラッチだけ少し角度をつけました。方法は、上側の留めネジだけスペーサー(というか単なるナット)を噛ませて固定するだけ。スペーサーの厚みによってはペダルのネジ穴に加工が必要だけど、6mm程度までならどうにかそのままでOK。実に簡単、そのうえ効果絶大です。シートの高さ調整を目一杯下げて乗ってる標準体型の男性には絶対におすすめします。

ノーマルのアルミペダル


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。