スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バル再入院

一日PCに向かってて気が滅入ったので、ちょっくら外出しようと思ってエンジン掛けたら…。なんか異様な振動が!?

異変を感じてエンジンを切り、落ち着いて再度始動したけど、やっぱり何か変。まるで単気筒のベスパになったかのような…というほどではないけど、規則正しい変な振動がくる。とりあえずユーロ~に電話して症状を話してみた。口頭でのわずかな情報からじゃ何ともしがたいかと思ったけど、プラグ…じゃないかなぁ、という話になり…まず第一にプラグがかぶってる可能性があるので、だがしかしあいにくベスパ以外のプラグを外したことがない私にはどうしようもないので、とりあえずエンジン温まるまでアイドリングして、その後エンジン切って放置、熱でうまくガソリン飛ばせるかも…と教えられ、やってみた。

けどダメだった。その日は外出を諦め、翌日とりあえず急いで持ってって診てもらうことに。で、どうにかこうにか自走してったのだけど、回転数が1500を切るとドドドドって振動が来て大変なもんだから、だけどあんまり回すのも恐いもんだから、回転を1700~2000に保ってトロトロ走るという非常にストレスのたまることをしつつ無事到着。

カバーを外してプラグを見て、怪しいのを交換してもらったけど直らず。火花はちゃんと飛んでるし、燃圧も正常だし圧縮もあるし、あとは…??結局原因が分からず、ちゃんと調べなきゃならんということになって、急遽預けて帰ってきた。検査結果が恐ろしい。

スポンサーサイト

日替りステアリング その3

このステアリングを見つけてから、絶対コレを使うんだと心に決めていた。というわけで、確かこのステアリングもボス交換以前から持っていた。
ABARTH ステアリング

どーん。泣く子も黙るアバルトステアリング。当然ながらウッド。直径は35cm。写真では全く見えないけどスポークにABARTHの名とサソリマークの刻印が。スポーク部分のデザインといい、ウッドの色合いといい、えーと、スポークの色が微妙なカッパー調のような感じなのは…まあよしとしよう。あと30年くらい使ってれば色褪せてシルバーになるだろう。そんなこんなでバルには微妙に似合わない…かと思ったけど、実際装着してみるとこれはこれで良し(本音)。

使った感じはと言えば。Sport Lineのところで書いたように、スポークの付け根部分のウッドがちゃんと立ち上がってるので、スポーク付近に手を置いても金属部分に指が触れることがなく、快適。かと思いきや、親指を置く部分のウッドのエッジが結構立っているので、手触りはちょっと懐かない猫。さすがサソリのマークなだけある。けどその感触が却って気に入ったりして。

もう俺ずっとコレでいいや。ステアリング探求の旅は終わった。はずだったのだが…。


123,456km

123,456km
最初で最後のストレート。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。